中高年の目のお悩みに幅広く対応した大ヒットサプリメント「えんきん」(機能性表示食品) 4月16日 リニューアル発売  

厳選した3成分の組み合わせで製品機能を強化

株式会社ファンケルは4月16日(金)から、2015年の発売以来、1,700万個以上販売※1する当社の大ヒットサプリメント「えんきん」(30日分/価格:2,160円<税込>)を通信販売と直営店舗でリニューアルして発売します。リニューアルに伴い3成分を厳選し、その組み合わせで製品機能を強化しました。「アスタキサンチン」が手元のピント調節力を維持するほか、新たに目の疲労感の軽減にも働きかけます。また、「ルテイン」とその働きをサポートする新配合成分「ゼアキサンチン」が光の刺激から目を保護し、ぼやけを緩和します。目のお悩みや違和感を感じ始める40代以降のお客様にお勧めです。

えんきんえんきん


<製品特長>
◆新たに「目の疲労感を軽減」する機能を追加

リニューアルに伴い、「アスタキサンチン」を1日の摂取目安量当たり6mgに増量しました。これにより、手元のピント調節力を維持するとともに、新たな機能として「目の疲労感を軽減」する機能も訴求できるようになりました。また、「ルテイン」に加え、新たに「ゼアキサンチン」を配合しました。この2成分が目の黄斑部の色素を増加させ、光の刺激から目を保護し、さらにぼやけを緩和することではっきりと見る力をサポートします。

◆当社独自の乳化製法により、吸収力を向上
新たに当社独自の乳化製法を採用し、脂溶性の成分である「アスタキサンチン」や「ルテイン」がより水になじみやすくなりました。乳化製法なしの製剤と比較して、「アスタキサンチン」は体内への吸収力が1.6倍、「ルテイン」も同様にアップする傾向があることを確認※2しています。

◆飲みやすさを追求!1日の摂取目安量は1粒に
サプリメントは毎日続けて摂取いただきたいものです。そこで、より飲みやすさを考慮して1日の摂取目安量を2粒から1粒にしました。また、パッケージデザインを一新。より幅広い方に親しみやすく、身近な「えんきん」へと進化しています。

※1:2015年6月~2021年1月末の「えんきん」の販売実績概算
※2:出典:薬理と治療.2020;48(1):69-77

<開発背景>
「えんきん」は、2015年6月に“日本初の目の機能性表示食品”として発売を開始しました。「手元のピント調節力をサポート」する画期的なサプリメントで、目のお悩みを幅広くカバーする製品であることから、多くのお客様の反響を呼び、ご好評をいただいております。今回、当社の調査では、45歳以上の方の目のお悩みとして、加齢に伴うピント調節力の低下に加え、「目の疲れ」が気になっている方が多いことが分かりました。そこで、お客様の満足度をさらに向上させるため、「ピント調節力の維持による目の疲労感の軽減」を新しく訴求できる製品へとリニューアル。大人の目のお悩みを自覚している方はもちろん、より幅広い方にご利用いただける製品へと進化しています。

<製品詳細>
製品名:えんきん
価格<税込>:2,160円<本体価格:2,000円>
販売チャネル:通信販売、直営店舗
内容量:30日分(30粒)

<ドラッグストア・コンビニエンスストア・量販店でも発売!>
ドラッグストア、コンビニエンスストア、量販店といったチャネルに合わせた製品(「えんきん」20日分や40日分、15日分など)も順次発売する予定です。

えんきん 20日分えんきん 20日分

えんきん 40日分えんきん 40日分

えんきん 15日分えんきん 15日分








 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ファンケル >
  3. 中高年の目のお悩みに幅広く対応した大ヒットサプリメント「えんきん」(機能性表示食品) 4月16日 リニューアル発売