「遊ばない、別荘」S-Villaの一般販売&先行登録開始

使わない時は貸別荘(民泊)で稼ぎ、別荘S-Villa/コロナでも好調、ワーケションにも便利

ITを活用し「たび」と「すまい」の形を変えるmatsuri technologies株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:吉田圭汰、以下「matsuri technologies」)は、「遊ばない、別荘」をコンセプトに、別荘オーナーが使用しないときに、matsuri technologiesが貸別荘として運用して収益を生む「S-Villa」の販売を一般公開します。
http://s-villa.sumyca.com

【コンセプト】

コロナ禍やリモートワークに伴い、自然の中での第二の家(別荘)に対するニーズは高まっています。
S-villaは、別荘購入に伴う以下の課題を解決します。

・リモートワークや休日に使える別荘を購入したい
・使わない時には貸し出して収益を得たい
・別荘の運用管理は全てお任せしたい
*S-Villaは、「大人も子供もWAKUxWaku」というテーマでデザインされた別荘ブランドです

【S-Villaのご紹介】

matsuri technologiesは、日本で最大規模の民泊運営管理システムや無人のオンラインチェックインシステムを提供し、自社で物件の運用管理まで実施している、民泊業界のリーディングカンパニーです。
matsuri technologiesが別荘の選定を行い、貸別荘としても運用可能な物件をご紹介します。ご購入後は、別荘オーナーの代わりにmatsuri technologiesが、別荘のリフォームから運用、清掃、清算まで一気通貫で運用・管理を行うため、別荘オーナーは手間もかかりません。もちろん、別荘オーナーとしてご利用したいときには、ご利用も可能です。

 


また、既に別荘をお持ちの方の貸別荘への変更・運用代行もお任せできます。
昨年の夏に限定的に行われた先行販売では、全棟完売いたしました。既に運用が始まっており、別荘オーナー自身の利用としても、収益物件としても、想像を超えるご好評をいただいております。
「体験」の重要度がますます高まるこれからの社会において、IT、シェアリングエコノミーを用い、非日常的な「たび」と「すまい」を変えていくものとして、S-Villaは、今後エリアも物件数を拡大していきます。
【お問い合わせ】

S-Villaにご興味をお持ちの方は下記サイトよりニュースレターにご登録ください。サービスの最新情報や、物件紹介のご連絡をお送りさせていただきます。

http://s-villa.sumyca.com

【販売済みのS-Villaのご紹介】

例1:緑に囲まれた「大人も子供も、WAKUxWaku」がテーマの3LDK別荘。広いウッドデッキにハンモック

https://www.sumyca.com/listings/e0d6a378-1e2e-414a-bb5e-c35db4965229

例2:時の移ろいを感じる別荘。漆喰の壁に囲まれた昔ながらの雰囲気を残す3LDK



■matsuri technologies株式会社について 
名称 :matsuri technologies株式会社
住所 :〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-5-23第一桂城ビル4F
代表:代表取締役CEO 吉田 圭汰
設立 :2016年8月
資本金 :60,099,200円
URL:https://matsuri.tech/
お問い合わせは、地方民泊部 03-6228-0440


本件に関する報道関係者からのお問合せ先
 matsuri technologies株式会社 広報担当まで
TEL:03-6228-0440
お問い合わせ先: info@matsuri-tech.com
 【素材提供・ご取材案内】
以下、ご提供可能な素材や、ご取材可能例です。
・サービスイメージ写真や、室内の写真
・実際に民泊に使っているお部屋へのご案内
・実際に使っていただいたユーザー様へのインタビュー
・CEOインタビュー
・プレスキット
その他必要に応じてご用意いたします。お気軽に上記までお問い合わせください。
 
  1. プレスリリース >
  2. matsuri technologies株式会社 >
  3. 「遊ばない、別荘」S-Villaの一般販売&先行登録開始