JTB所属「フェンシング男子フルーレ松山選手」東京2020オリンピック日本代表内定!

2020年度・男子フルーレ(シニア)国内ランキング1位、株式会社JTB所属「松山恭助選手」が東京2020オリンピックへ日本代表選手として出場が内定しました。JTBは、松山選手を全力でサポートし、東京2020オリンピックを応援します。
※株式会社JTBは、フェンシング男子フルーレ日本代表の松山恭助選手とのスポンサー契約をしています。(2019年4月よりスポンサー契約を締結し、加えて2020年4月より社員契約を締結)

 

提供:日本フェンシング協会提供:日本フェンシング協会

【松山選手からのコメント】
「いよいよ夢を叶える大会に出場することになりました。大会の延期や練習環境の変化など対応力が求められる時期が続きましたが、自らを成長させることが出来ました。この経験を生かして万全の準備をし、東京2020オリンピック個人・団体戦での金メダル獲得へ向け、全力で挑戦したいと思います。また東京2020大会を通じてJTBのブランドスローガン“感動のそばに、いつも。”を体現することで、改めてフェンシングの面白さと感動を伝えていければと思います。」

 

■東京2020オリンピック フェンシング競技スケジュール
7月24日(土)~8月1日(日)<幕張メッセBホール>

​【松山恭助選手プロフィール】
・競技種目:フェンシング 男子フルーレ
・生年月日:1996年12月19日
・出身地:東京都
・学歴:早稲田大学卒業
・所属:株式会社JTB
4歳の時、地元台東区のフェンシングクラブでフェンシングを始め、小学5年時に初めて日本代表に選出される。高校はフェンシングの強豪、東亜学園高等学校に入学。インターハイでは太田雄貴氏以来となる3 連覇を達成した。早稲田大学に進学後は世界ジュニア選手権優勝、ユニバーシアード大会優勝など多数の国際大会においてメダルを獲得し、昨年行われた全日本フェンシング選手権大会では男子フルーレで優勝。現在は、男子フルーレナショナルチームのキャプテンとして世界大会を転戦。東京2020オリンピックでのメダル獲得が期待される。2020年度・男子フルーレ(シニア)国内ランキング1位(2020年4月1日現在)。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社JTB >
  3. JTB所属「フェンシング男子フルーレ松山選手」東京2020オリンピック日本代表内定!