プロアクティブなサービス市場ーサービス別、アプリケーション別、テクノロジータイプ別、組織規模別、業種別、地域別ーグローバル予測2030年

SDKI Inc.は、「プロアクティブなサービス市場ーグローバル予測2030年」新レポートを2021年07月28日に発刊しました。この調査には、プロアクティブなサービス市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-109077

プロアクティブなサービス市場は、2022年に43.5億米ドルの市場価値から、2030年までに171.0億米ドルに達すると推定され、予測期間中に21.6%のCAGRで成長すると予想されています。

市場の成長は、スケーラブルで柔軟なプロアクティブなサービスに対するニーズの高まり、およびITインフラストラクチャの技術的進歩によって生み出された機会によって推進されています。さらに、クラウドベースのテクノロジーの採用の増加、および人工知能、機械学習、IoTなどの新しいテクノロジーは、市場の成長を促進します。これらのテクノロジーの急速な採用により、大量のデータが生成されます。このデータはサイバー脅威にさらされやすいため、プロアクティブなセキュリティサービスを展開する必要性が高まります。これは、サイバー脅威に対する企業の脆弱性を明らかにします。しかし、クラウド上でのパフォーマンスの変動、と企業の専門知識の欠如は、プロアクティブなサービス市場の成長を抑制する可能性があります。

市場セグメント

プロアクティブなサービス市場は、サービス別(マネージドサービス、テクニカルサポート、設計とコンサルティング)、アプリケーション別(ネットワーク管理、データセンター管理、クラウド管理、アプリケーション管理、デバイス/エンドポイント管理)、テクノロジータイプ別(ビッグデータ分析、ビジネスインテリジェンス、マシンインテリジェンス)、組織規模別(中小企業(SME)、大企業)、業種別、地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

アプリケーションに基づいて、ネットワーク管理セグメントは、予測期間中に主要な市場規模を保持すると予想されます。ネットワーク管理アプリケーションは、企業が計画外のITインフラストラクチャの停止を防ぐための最良の方法であると認識しているため、現在の市場シナリオで非常に急速に勢いを増しています。計画外のITインフラストラクチャの停止は、組織に重大な損失をもたらします。停止が繰り返し発生する場合は、組織の収益に影響を及ぼします。

組織の規模に基づいて、中小企業セグメントは予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。従業員が1,000人未満の組織は、SMEとして分類されます。競争の激化により、SMEは、組織全体のネットワークパフォーマンスの品質を向上させるためのプロアクティブなサービスに投資し、ビジネスの成長のために効率的な意思決定を行うようになりました。さまざまな組織間で複雑なITインフラストラクチャの使用が増加しているため、SME間でもプロアクティブなサービスが実装されています。これにより、このセグメントの成長が牽引すると予想されます。

地域概要

プロアクティブなサービス市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米は、予測期間中に主要な市場規模を保持すると予想されます。北米は、スマートフォンやクラウドプラットフォームなどの新技術の採用において先発者の優位性があります。企業は積極的に北米に投資しています。安定した経済、技術の強化、およびインフラストラクチャのコストは、北米のプロアクティブなサービス市場の成長を推進する主な要因です。ITインフラストラクチャへの支出は、この地域のさまざまな組織にとって大きな問題となっています。ITインフラストラクチャのパフォーマンスを向上させ、効率を高める必要性から、組織はプロアクティブなサービスを採用するようになりました。一方、APACは成長する経済で構成されており、積極的なサービスベンダーにとって有利な市場があります。インド、中国、オーストラリア、および日本は、アジア太平洋地域のプロアクティブなサービス市場への主要な貢献者です。

市場の主要なキープレーヤー

プロアクティブなサービス市場の主要なキープレーヤーには、Cisco(米国)、Hewlett Packard Enterprise(米国)、Microsoft(米国)、IBM(米国)、Ericsson(スウェーデン)、Juniper Networks(米国)、Huawei(中国)、Nokia Networks(フィンランド)、Avaya(米国)、Fortinet(米国)、Symantec(米国)、DXC Technology(米国)、McAfee(米国)などがあります。この調査には、プロアクティブなサービス市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/proactive-services-market/109077

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. プロアクティブなサービス市場ーサービス別、アプリケーション別、テクノロジータイプ別、組織規模別、業種別、地域別ーグローバル予測2030年