世界の外科用ドレープ市場ーサイズ調査、製品タイプ別(切開、腹腔鏡検査、開腹術、レギンス、結石摘出術、シートなど)、エンドユーザー別、および地域別ー予測2020-2027年

Kenneth Researchは調査レポート「世界の外科用ドレープ市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年12月 29日 に発刊しました。レポートには、今後数年間で世界の外科用ドレープ市場を大きく変えると推定される将来の見通しに関する詳細な調査が含まれています。レポートはまた成長の機会と(市場の製品)の全体的な需要、市場動向、業界の主要なプレーヤーとそれらによって使用される戦略をカバーしています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10346656

外科用ドレープは、手術部位を体の他の部分から隔離するために使用される滅菌布ような材料です。外科用ドレープは、体を他の汚染源から隔離するためにも使用されます。また、そのようなドレープは、外科分野での細菌汚染に対するバリアとして機能します。また、外科医、患者、および医療関係者への病原体の伝播のリスクを低減するための手術中の医療用保護具の使用は、医療部門に成長の機会を提供することが予測されています。

世界の外科用ドレープ市場は2019年に約31億米ドルと評価され、2020ー2027年の予測期間中に3.5%以上の成長率で成長すると予想されています。

これらのドレープは、準備されていない環境表面の無菌性を維持することに重点が置かれ、複数回の洗浄後でも繰り返し使用できます。したがって、外科用ドレープの高い採用が目撃されています。また、主要なプレーヤーは、激しい競争を維持するために、製品の発売、革新、M&Aなどの戦略に焦点を合わせています。市場の成長は、外科手術の数の増加とさまざまな感染症の蔓延に関する意識の高まりに起因しています。

EuroStatによると、アイルランドでは、住民10万人あたりの外科手術の数が2012年の104.1腹腔鏡下虫垂切除術から2017年の116.5に増加しました。オーストリアでも同様に49.9手順から75.6手順に増加しています。その結果、外科用ドレープの需要と必要性は、再利用可能なドレープと比較して、微生物に対する強力なバリアや抵抗性や引き裂きなどの特性を保証するため、増加します。しかし、外科用ドレープの価格の上昇は、2020ー2027年の予測期間中に市場の成長を妨げています。

ドレープの標準化された吸収性補強材は、強化された保護を提供します
使い捨てロボット手術用ドレープは、手術用ドレープ市場における画期的なイノベーションです。これらのドレープは、特に患者の安全のために設計されており、低侵襲のロボット手術やコンピューター支援手術で注目を集めています。外科用ドレープ市場のメーカーは、無菌でロボットに優しいクリアレギンスの研究開発を増やしています。

U.S. Centers for Medicare&Medicaid Servicesによると、米国の2018年から2027年の間に、国民の医療費は年率5.5%で増加すると推定されています。さらに、同国のヘルスケア業界の総支出は、2027年末までに約6兆米ドルに達すると予想されています。このような要因を背景に、市場は今後数年間で大幅な成長を観察すると予測されています。世界の外科用ドレープ市場は、予測期間中に大幅なCAGRで成長すると予想されます。

市場セグメンテーション洞察
世界の外科用ドレープ市場は、製品タイプ別(切開、腹腔鏡検査、開腹術、レギンス、結石摘出術、シートなど)、エンドユーザー別(病院、診療所、医療機関および組織、在宅医療施設など)および地域別などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

地域によって成長ハイライト
さらに、地域に基づいて、市場は北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東&アフリカに分割されます。

北米は、単回使用の外科用ドレープの使用の増加、医療費の増加、およびこの地域での業界プレーヤーの強力なプレゼンスにより、主要/重要な地域です。一方、アジア太平洋地域は、2020ー2027年の予測期間中に最高の成長率/ CAGRを示すと予想されています。

市場は、地理に基づいてさらにサブセグメント化されており、各国の市場成長が評価されます。世界の外科用ドレープ市場は、地理に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。
レポートはさらに、グローバルレベルで主要な市場プレーヤーによって採用された企業プロファイルとビジネス戦略の詳細な評価で構成されています。

世界の外科用ドレープ市場におけるキープレーヤー
Medline Industries, Inc.
Foothills Industries
Sunshine Apparel
Surya Tex Tech
Cardinal Health
Medica Europe Bv
3m Health Care
Synergy Health Plc
Alan Medical
Paul Hartmann Ag

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/surgical-drapes-market/10346656

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界の外科用ドレープ市場ーサイズ調査、製品タイプ別(切開、腹腔鏡検査、開腹術、レギンス、結石摘出術、シートなど)、エンドユーザー別、および地域別ー予測2020-2027年