ランタイムアプリケーション自己保護(RASP)市場ーソリューション別(Webアプリケーション、その他)、サービス別、展開モード別、組織の規模別、業種別、地域別ーグローバル予測2030年

SDKI Inc.は、「ランタイムアプリケーション自己保護(RASP)市場ーグローバル予測2030年」新レポートを2021年07月28日に発刊しました。この調査には、RASP市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-109089

RASP市場は、2022年に1,240.1百万米ドルの市場価値から、2030年までに9,274.0百万米ドルに達すると推定され、予測期間中に33.3%のCAGRで成長すると予想されています。

市場の成長は、重要なビジネスアプリケーションを保護するための組織のニーズの高まりによって推進されています。また、世界中の厳しい規制がRASP市場の成長を後押ししています。さらに、世界のRASP市場にBYOD(個人所有のデバイスの持ち込み)ポリシーを実装することは、市場成長の主要な推進力の1つです。このポリシーは、ビジネスまたは商用目的のスマートフォン、タブレット、ラップトップなどのパーソナルデバイスに革命をもたらしました。さらに、BYODポリシーの導入により、企業の運用コストが削減されており、従業員の生産性が向上しました。RASPは、サイバー攻撃の可能性を制限するため、セキュリティ上の課題が少ないBYODを作成できます。したがって、BYODに対する需要の高まりは、ランタイムアプリケーション自己保護市場の成長を促進します。

しかし、組織の限られたセキュリティ予算は市場の成長を抑制する可能性があります。

市場セグメント

RASP市場は、ソリューション別(Webアプリケーション、モバイルアプリケーション、その他(パッケージソフトウェア、組み込みソフトウェア、ホストソフトウェア))、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)、展開モード別(オンプレミス、クラウド)、組織の規模別(中小企業(SME)、大企業)、業種別、地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

Webアプリケーションセグメントは、RASP市場で最大の市場規模を保持すると予想されます。

ソリューションに基づいて、Webアプリケーションセグメントは最大の市場規模を保持すると推定されます。多くの組織では、Webアプリケーションは、サイバー犯罪者が企業ネットワークに侵入して機密データにアクセスするための最も一般的なターゲットです。これらのアプリケーションは複雑であることが多く、情報セキュリティの専門家を関与させずに開発されているため、アプリケーションにセキュリティの脆弱性が発生します。これらの要因はこのセグメントの成長に貢献すると予想されます。

オンプレミスセグメントは、予測期間中にRASP市場でより大きな市場規模を保持すると予想されます。

展開モードに基づいて、オンプレミスセグメントは2022ー2030年の間に大きな市場規模を保持すると予想されます。組織は、すべてのプラットフォーム、アプリケーション、システム、およびデータを完全に制御できます。これらは、組織のITスタッフが処理および管理できます。政府や防衛機関、銀行、金融サービス、保険(BFSI)の企業は、機密データ、財務記録、会計情報、送金を失うことで国家安全保障を危険にさらすことができないため、オンプレミスのセキュリティを好む傾向があります。

地域概要

RASP市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は最大の市場シェアを保持しており、世界のRASP市場を支配すると推定されています。Webおよびモバイルアプリケーションの複雑化による情報セキュリティの課題の増加、および厳格なコンプライアンス規制への対応により、北米の組織はRASPソリューションを採用するようになっています。一方、アジア太平洋(APAC)は、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予測されています。APACは、この地域の国々がRASPおよびコンプライアンス管理ソリューションの展開に多額の投資を行っているため、RASP市場が成長するための機会を提供します。

市場の主要なキープレーヤー

RASP市場の主要なキープレーヤーには、Arxan Technologies、Inc.(米国)、Contrast Security、Inc.(米国)、Micro Focus International plc(英国)、Signal Sciences Corporation(米国)、VASCO Data Security International、Inc.(米国)、Veracode、Inc.(米国) )、IMMUN.IO Inc.(カナダ)、Pradeo Security Systems(フランス)、Prevoty、Inc.(米国)、Waratek Ltd.(アイルランド)などがあります。この調査には、RASP市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/runtime-application-self-protection-market/109089

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. ランタイムアプリケーション自己保護(RASP)市場ーソリューション別(Webアプリケーション、その他)、サービス別、展開モード別、組織の規模別、業種別、地域別ーグローバル予測2030年