求人情報の一括検索サイト「求人ボックス」、2019年 求人検索キーワードランキング発表!

求人情報の一括検索サイト「求人ボックス」、
2019年 求人検索キーワードランキング発表!

働き方改革などの社会動向や、世間の話題を反映したキーワードが上位に


 株式会社カカクコム(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:畑 彰之介)が運営する求人情報の一括検索サイト「求人ボックス(https://求人ボックス.com/)」は、このたび「2019年 求人検索キーワードランキング」を発表しました。本ランキングは、求人ボックスにおける検索回数が前年と比べて急上昇したキーワードを選出する「急上昇検索キーワードランキング」と、年間を通して最も多く検索されたキーワードを選出する「人気検索キーワードランキング」の2つで構成されています。
 ランキング発表ページ(詳細):https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/news/20191219

総評①                                                                                            
「労働環境を見直す新しい働き方」に注目が集まる

 求人検索にも今年の世相が大いに反映された結果となりました。中でも注目すべき点は、「ペット同伴」や「週休3日」といった働き方改革を象徴したキーワードのランクイン。企業はそのような制度を取り入れることで、生産性向上や人材確保などに繋げたいと考えているのではないでしょうか。また、多様で柔軟な働き方が選択できることは、働く側にとってもメリットが大きいため、世間の関心も高まっています。2020年以降、日本の労働環境はさらに変化していくかもしれません。

総評②
2019年に世間を賑わせた「芸能関係の仕事」に多くの関心が寄せられた

 職種編では、総合ランキングの第1位となった「芸能マネージャー」や、芸能人の結婚相手としてメディアでも大きく取り上げられた「ロケバスドライバー」など、2019年に話題となったキーワードがランクインしました。
 また、商業施設編では全館リニューアルオープンした「洛北阪急スクエア」(旧「カナート洛北」)や、「グランベリーモール」の跡地に新しく生まれた「グランベリーパーク」など、再開発された商業施設が注目を集める結果となりました。

 
 惜しくも入賞には至らなかったものの、2019年に話題となった出来事を象徴するキーワードも多く検索されていました。

総評③
 「働き方」「働く場所」「専門性」での仕事探しが多数

 「正社員」「パート」「バイト」といった仕事探しの定番キーワードに加え、年代や休日に関するキーワードがランクインしました。このことから、自身に合った「働き方」から仕事を探している方が多いことがうかがえます。さらに、図書館などの「働く場所」や、医療事務や保育士といった「専門性」から仕事を探す方も多いという結果となりました。

 

「2019求人検索キーワードランキング」概要
■集計期間
2019年1月1日~2019年11月30日
※急上昇検索キーワードランキングは、前年同時期との比較

■集計対象
求人ボックスの利用者(PCサイト、スマートフォンサイトの合計)

■集計方法
<急上昇検索キーワードランキング>
2019年に「求人ボックス」内で検索されたキーワードを前年同時期と比較し、伸び率を算出。上位をランキング化しました。

<人気検索キーワードランキング>
2019年に「求人ボックス」内で検索されたキーワードの中で検索数の上位をランキング化しました。

※包含関係にある複数キーワードはより具体的なものを、同義語はより一般的なものをそれぞれ採用しています
※急上昇検索キーワードランキング<総合>は、2018年の検索回数が著しく少ないキーワードは集計対象外としています

■出典元
ランキングデータ:Adobe Analytics

「求人ボックス」について
 カカクコムが2015年より展開する求人情報の一括検索サービスです。全国の転職サイトや求人サイトから、正社員・アルバイト・パート・契約社員、さらに在宅ワークや新卒採用など、500万件超の求人情報を集約してわかりやすく提供しています(※1)。
 利用者は、キーワードや給与、勤務地、こだわり条件などから求人情報を検索でき、気になる求人があれば各求人サイトに移動して詳細を確認できます。また、会員登録(無料)により、プロフィールを保存して応募時の入力を省く機能や、応募した求人情報の保存機能などもご利用いただけます。
 幅広い求人情報を細かなニーズに合わせて横断検索できる点が好評を得て、利用者は若年層からシニア層まで順調に拡大。2019年5月に月間利用者数400万人を突破しました。
 また事業者向けには、求人情報の掲載から採用まですべて行うことができるプラットフォーム「求人ボックス 採用ボード(※2)」の提供を開始。効率的に採用活動を行いたい事業者の皆様に好評いただき、利用事業者は20,000社を突破しています(※3)。

 求人ボックスでは、今後もサービス拡充を行うとともに、採用ボードでの求人投稿をさらに拡大させ、求職者と事業者を密につなぐ情報集積の場を提供してまいります。

(※1・※3)2019年10月時点
(※2)情報掲載には事前のアカウント登録が必要です。また、掲載前に当社所定の審査を行います。

【株式会社カカクコム 会社概要】
所在地    :東京都渋谷区恵比寿南3丁目5番地7 デジタルゲートビル
代表取締役  :畑 彰之介
事業内容   :サイト・アプリの企画運営、各種プラットフォームの提供
当社運営サイト:https://corporate.kakaku.com/company/service

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カカクコム >
  3. 求人情報の一括検索サイト「求人ボックス」、2019年 求人検索キーワードランキング発表!