人工クレーター生成に挑む!「はやぶさ2」最大のミッションを、『天文ガイド』5月号で詳しく紹介!

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2019年4月5日(金)に、「月刊 天文ガイド2019年5月号」を刊行いたしました。

(表紙制作:上坂浩光 記事画像:JAXA)(表紙制作:上坂浩光 記事画像:JAXA)

4月5日(金)「はやぶさ2」は最大のミッション「人工クレーター生成」に挑みます。


4月5日発売の『月刊 天文ガイド』2019年5月号では「はやぶさ2」特集として、ミッションの全容を詳しく紹介します。

2019年2月22日、「はやぶさ2」は探査対象天体である小惑星リュウグウへのタッチダウン成功させました。

それは、地球から約2億8000kmの距離にある小惑星リュウグウ表面のわずか6mほどの範囲に探査機を着陸させるという、至難のミッションでした。
「はやぶさ2」運用チームは非常に高い精度で探査機を誘導し、みごと着陸を成し遂げました。

そして、「はやぶさ2」はさらなる挑戦に挑みます。

4月5日、小惑星リュウグウ表面に衝突装置を打ち込み、人工的にクレーターを生成する、世界初のミッションです。人工クレーター生成に成功した後は、そこに2回目のタッチダウンを行い、未知の領域の探査が始まります。

天文ガイド5月号では、「はやぶさ2」が成し遂げた小惑星へのタッチダウンの経緯、水を含む鉱物の存在が確かめられ、新たにわかってきたリュウグウの姿、そして、最大のミッションである「人工クレーター生成」ミッションの全容について、詳しく紹介します。

「はやぶさ2」ミッションのハイライトを詳しく知りたい方、必読です!

【書籍概要】
書 名:月刊 天文ガイド 2019年5月号
仕 様:B5判、160ページ
定 価:本体890円+税
発 売:2019年4月5日
ホームページ:http://www.seibundo-shinkosha.net/tenmon/
ツイッター:https://twitter.com/tenmonguide
創刊50年を迎えた天文ファン、宇宙ファンのための月刊誌。毎月の星空の見かた、星空写真の撮影方法や機材の紹介、天文学、宇宙探査の最先端までをわかりやすく紹介します。毎月5日発売。

【書籍のご購入はこちら】
紀伊國屋書店:https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-04-4910065410590
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/15851366/?l-id=search-c-item-text-01
ヨドバシ.com:https://www.yodobashi.com/product/100000086600836329/
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B07PMLY2Z6/
honto:https://honto.jp/netstore/pd-magazine_29592637.html
オムニ7:https://7net.omni7.jp/detail/1211822824

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社誠文堂新光社 >
  3. 人工クレーター生成に挑む!「はやぶさ2」最大のミッションを、『天文ガイド』5月号で詳しく紹介!