キヤノンが東京2020大会のメインプレスセンターにプロフォトグラファー向けのフォトサービスセンターを設置

キヤノンは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)期間中、世界中の報道関係者が集まるMPC(メインプレスセンター)にフォトサービスセンターを開設し、トップアスリートが生み出す歴史的瞬間や感動の瞬間を撮影するプロフォトグラファーをサポートします。
 

プロフォトグラファーの世界において、カメラメーカーには、先端技術や最高クラスの性能を備えた機材に加え、きめ細やかなサービスやサポート体制の提供などの「総合力」が求められています。

これまでキヤノンは、オリンピック・パラリンピックをはじめ、国内外のスポーツイベントの舞台裏で、カメラ・レンズのメンテナンス、技術的なサポートなどを通して、報道の現場を支えてきました。東京2020大会においても、長年にわたるプロサポートで蓄積してきた多くのノウハウを生かし、プロフォトグラファーのさまざまな要望に、柔軟かつ的確に対応していきます。

東京2020大会のMPCは、東京ビッグサイト・西ホールが拠点となり、多くの報道関係者の利用が見込まれています。キヤノンは東京2020大会の「ゴールドパートナー」(スチルカメラおよびデスクトップ・プリンター)として大会運営への貢献をめざし、MPC内に今大会最大規模のフォトサービスセンターを開設します。

フォトサービスセンターでは、撮影機材のトラブルなどにより歴史的瞬間を逃すことのないよう、プロフォトグラファーの業務を止めない「ゼロ・ダウンタイム」を掲げ、スピーディーなメンテナンスサービスや修理・代替品貸与などを行うことで、プロフォトグラファーが最高の機材コンディションで撮影に臨めるようサポートします。また、プロ向けのフラッグシップカメラ「EOS-1D X Mark III」やミラーレスカメラ「EOS R5」「EOS R6」、超望遠レンズを中心に機材を備え、高い技術力と経験を持つ精鋭スタッフが会期中、プロフォトグラファーの応対にあたります。

また、撮影現場では多くのキヤノン製リモート雲台が使用されます。レンズ交換式カメラを遠隔操作し、画角やアングルを変えられるリモート制御ソリューション「ロボティックカメラシステム CR-S700R」は、フォトグラファーが立ち入れない会場の天井などから撮影可能です。

キヤノンは、歴史的瞬間や感動の瞬間を撮影するプロフォトグラファーを支えることで写真文化の振興と発展に寄与するとともに、大会の報道を通じて世界最高峰のスポーツイベントが生み出す情熱や感動を世界中の人々と共有し、オリンピック・パラリンピックのムーブメントを醸成していきます。

フォトサービスセンターでは、感染防止策を徹底し、ご利用されるプロフォトグラファーの皆様と従事するスタッフ双方が安心して利用できる環境構築と運営を行います。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノンMJ >
  3. キヤノンが東京2020大会のメインプレスセンターにプロフォトグラファー向けのフォトサービスセンターを設置