インテック、2年連続で「スポーツエールカンパニー」に認定

~社員同士のコミュニケーション活性化と社員の健康維持・増進活動を評価~

 TISインテックグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:北岡隆之、以下インテック)は、スポーツ庁が実施した令和元年度「スポーツエールカンパニー」に応募し、社員の健康増進のためにスポーツ活動に対する支援や促進に向けた積極的な取り組みを行っている企業として、昨年に引き続き2年連続で認定されたことをお知らせします。
■主な取り組み
①全国から社員が集うスポーツイベント開催
 インテックでは、野球、ソフトボール、サッカー、テニス、バドミントンなどの全社的なスポーツ大会を毎年開催し、社員同士のコミュニケーション活性化、健康増進に貢献しています。

②ウォーキングイベントの実施
 健康保険組合と相互連携し、春と秋の年2回、ウォーキングイベントを開催しています。春秋ともに約1,000人の社員が参加し、好評を得ています。またその参加者には、人間ドックや健康増進グッズを購入する際の費用として使用できるポイントを付与しています。

 スポーツや運動を日常生活に取り入れ活発に身体を動かすことは、生活習慣病の予防、ストレスの解消などにも効果があります。日々の運動不足の解消と運動習慣の定着を目的とした取り組みを通じて、社員の健康推進へ働きかけています。

 インテックは、今後も健康経営を強力に推進することで、社員一人ひとりの「心身の健康」「働きがいの向上」を実現していきます。

■「スポーツエールカンパニー」について
 「スポーツエールカンパニー」とは、運動不足である「働き盛り世代」のスポーツ実施を促進し、スポーツに対する社会的機運の醸成を図ることを目的として、社員の健康増進のためにスポーツの実施に向けた積極的な取り組みを行っている企業を対象にした認定制度です。
 スポーツ庁は2017年度より、このような従業員の健康増進のため、スポーツの実施に向けた積極的な取り組みを行っている企業を「スポーツエールカンパニー」として認定しています。
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop05/list/1399048.htm


※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

インテックについて(https://www.intec.co.jp/
 お客様の経営戦略に沿った情報化戦略の立案からシステムの企画、開発、アウトソーシング、サービス提供、運用保守まで、IT分野において幅広く事業を展開しています。インテックは、1964年の創業以来培ってきた技術力をもとに、AI、RPA等のデジタル技術の活用や、新たな市場の創造にも積極的に挑戦しています。常にオープンな姿勢で、人、企業、社会を技術でつなぎ、自らも変革しながら「豊かなデジタル社会の一翼を担う」企業としてお客様に新しい価値を提供してまいります。

TISインテックグループについて
 TISインテックグループはグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TISインテックグループ >
  3. インテック、2年連続で「スポーツエールカンパニー」に認定