【セミナーご案内】シリコン量子コンピュータと周辺技術の研究開発動向 7月9日(木)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ

少人数のセミナーです。セミナー開催時には、受付にアルコール消毒液を設置いたしますので、手指の消毒等にご協力いただきますようよろしくお願い致します。

先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチ(千代田区神田錦町: https://cmcre.com/ )では、 各種材料・化学品のほかIT・AI関連などの市場動向・技術動向のセミナーや書籍発行を行っておりますが、 このたび「シリコン量子コンピュータと周辺技術の研究開発動向」と題するセミナーを、 講師に小寺 哲夫 氏(東京工業大学 工学院 准教授)をお迎えし、2020年7月9日(木)13:30より、 『ちよだプラットフォームスクエア』5F(千代田区錦町)で開催いたします。 受講料は、 一般:45,000円(+税)、 弊社メルマガ会員:40,000円(+税)、 アカデミック価格は24,000円となっております(資料付)。
セミナーの詳細とお申し込みは、 弊社の以下URLをご覧ください!
 https://cmcre.com/archives/57808/
質疑応答の時間もございますので、 是非奮ってご参加ください。
量子コンピュータ研究開発が近年盛んになっています。その実現のための物理系は様々あるが、シリコンを使う方式も期待されています。本セミナーではシリコン量子コンピュータの研究開発の動向や量子コンピュータ実現に必要な周辺技術について解説いたします。

1)セミナーテーマ及び開催日時 
テーマ:シリコン量子コンピュータと周辺技術の研究開発動向
開催日時:2020年7月9日(木)13:30~16:30
会 場:ちよだプラットフォームスクウェア 5F
  〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
参 加 費:45,000円(+税) ※ 資料付
  * メルマガ登録者は 40,000円(+税)
  * アカデミック価格は 24,000円(+税)
講 師:小寺 哲夫 氏 東京工業大学 工学院 准教授

【セミナーで得られる知識】
量子コンピュータのハードウェア研究開発の方式
量子コンピュータのハードウェアに関連する物理
シリコン量子コンピュータの研究開発の動向
量子コンピュータ実現に必要となる周辺技術

2)申し込み方法 
シーエムシー・リサーチの当該セミナーサイト
  https://cmcre.com/archives/57808/
からお申し込みください。
折り返し、 聴講券、 会場地図、 請求書を送付いたします。 


3)セミナープログラムの紹介 
1. 量子コンピュータとは

2. 量子コンピュータのハードウェア研究開発の方式
 2.1 量子ビット
 2.2 超伝導量子ビット
 2.3 その他の量子ビット

3. 量子コンピュータのハードウェアに関連する物理
 3.1 デコヒーレンス
 3.2 量子ビットの回転操作
 3.3 量子もつれ
 3.4 量子操作の忠実度

4. シリコン量子コンピュータの研究開発の動向
 4.1 シリコン量子ビットの様々な方式
 4.2 企業とアカデ ミアの連携
 4.3 現状と集積化への展望

5. 量子コンピュータ実現に必要となる周辺技術
 5.1 低温技術
 5.2 配線技術
 5.3 制御回路技術

6. まとめ

4)講師紹介
【講師略歴】
2002年 東京大学 理学部物理学科 卒業
2002年 東京大学大学院 理学系研究科物理学専攻 修士課程
2005年~2007年 日本学術振興会 特別研究員
2007年 東京大学大学院 理学系研究科物理学専攻 博士課程修了。博士(理学)取得
2007年 東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構 特任助教
2009年 東京工業大学 量子ナノエレ クトロニクス研究センター 助教
2010年~2014年 科学技術振興機構さきがけ研究員(兼任)
2014年 東京工業大学 理工学研究科電子物理工学専攻 准教授
2016年~現在 東京工業大学 工学院電気電子系 准教授(現職)

【活 動】
半導体量子ドット構造を用いた量子情報素子の創製に向け、量子状態の制御技術や相互作用の物理に関する研究に一貫して従事。文部科学大臣若手科学者賞や日本物理学会若手奨励賞などを受賞。応用物理学会・日本物理学会所属。


5)セミナー対象者や特典について 
★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、 地方公共団体、 および学校法人格を有する大学、 大学院の教員、 学生に限ります。 
★ 2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、 2人目は無料、3名目以降はメルマガ価格の半額となります。 


【セミナー対象者】
化学分野、例えば香料、化粧品、医薬、食品、飲料、油脂などに関わる方は勿論のこと、半導体、金属精製の分野などの方にとっても広くお勧めです。蒸留をやっているが基礎理論をあらためて勉強したい方、蒸留の課題に直面している方、これから蒸留を始めようとする方にもお役に立つと思います。プラント簡易設計では高校程度の算数が必要です。

☆詳細とお申し込みはこちらから↓
https://cmcre.com/archives/57808/

6)ウェビナー(オンライン配信セミナー)のご案内 
(1)新型コロナウイルスの拡散に伴う日本の電子産業に及ぼす影響とビジネスモデルの再構築
  開催日時:2020年6月22日(月)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/59093/

(2)生分解性プラスチック入門講座 ~ 生分解性プラスチックの基礎から最新技術・製品動向まで ~
  開催日時:2020年6月23日(火)10:30~17:30
  https://cmcre.com/archives/59674/

(3)酸化物半導体薄膜技術の全て ~ 入門から最新動向まで ~
  開催日時:2020年6月24日(水)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/59816/

(4)接着技術の基礎と応用、およびトラブル対策
  開催日時:2020年6月25日(木)10:00~17:00
  https://cmcre.com/archives/59311/

(5)事業活動の活性化に必須となる実践知的財産スキル
  開催日時:2020年6月25日(木)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/59770/

(6)機械学習の基礎と応用が分かる一日速習セミナー
  開催日時:2020年6月25日(木)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/60664/

(7)グラフェンの商用化に向けた研究開発動向と量産化への課題
  開催日時:2020年6月26日(金)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/60537/

(8)経営貢献の高い研究開発活動の実現へ向けて
  開催日時:2020年6月26日(金)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/58755/

(9)技術者、研究者のための特許請求の範囲の読み方
  開催日時:2020年6月26日(金)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/60073/

(10)容器包装のリサイクル及びプラスチック資源循環の最新動向について
  開催日時:2020年6月30日(火)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/59844/

(11)量子コンピュータのビジネス応用の潮流
  開催日時:2020年6月30日(火)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/59470/

(12)これで分かる最新5Gスマートフォンに応用するFPC技術の基礎から応用まで
  開催日時:2020年7月3日(金)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/59519/

☆続々追加中!
☆開催予定のウェビナー一覧はこちらから!↓
https://cmcre.com/archives/category/seminar/webseminar_f/

☆開催予定セミナー/ウェビナーの一覧はこちらから↓
https://cmcre.com/archives/category/seminar/seminar_cmc_f/

7)関連書籍のご案内

☆発行書籍の一覧はこちらから↓
https://cmcre.com/archives/category/cmc_all/

                                 以上
 



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CMCリサーチ >
  3. 【セミナーご案内】シリコン量子コンピュータと周辺技術の研究開発動向 7月9日(木)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ