アパレル業界初※、着ているほうが涼しい「次世代涼感セットアップ」。ABAHOUSE×OPT「IT-JACKET PROJECT」より第三弾商品の販売開始

~実用的なリモートワークファッションを追究し、ITビジネスパーソンの仕事着ストレス解消へ~

デジタルシフトをリードする Innovation Agency 株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、以下、オプト)は、ファッションブランド「ABAHOUSE(アバハウス)」と協業し、IT業界を中心にデジタルデバイスを多用するビジネスパーソンをターゲットに商品企画を行うプロジェクト「IT-JACKET PROJECT」の第三弾商品として、着ているほうが涼しい「次世代涼感セットアップ」を開発いたしました。本商品は、本年3月23日(火)より、アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」にて先行予約販売を開始いたします。
 


■ 「IT-JACKET PROJECT」第三弾商品の開発背景
新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、IT業界を中心にリモートワークが普及し、ITビジネスパーソンはファションをはじめ、職住融合に適応したライフスタイルへと変化する過渡期を迎えております。実際に「ビジネス向けでありながらリラックスできる洋服が見つけられない」「着心地を重視したいが外出時に着替えるのは面倒」といった悩みやストレスの声があがり、多くの人においてリモートワーク時の定番と言えるようなファションスタイルが定まっていない状況が見受けられます。さらに、昨今は地球温暖化の影響による酷暑も相まって、夏の仕事着選びの難しさは多くのビジネスパーソンの課題となっており、ニューノーマルな仕事着改革の必要性が浮き彫りになっております。
このような状況を踏まえ、40年以上の歴史を持ち高感度かつ真摯なモノ作りに定評のあるファッションブランドABAHOUSEと、D2C(Direct to Consumer)のブランド開発からチャネル構築、ソーシャルメディアを活用した集客、コミュニティ形成までをトータルにサポートするD2Cビジネス支援サービスに取り組むオプトの協業プロジェクト「IT-JACKET PROJECT」第三弾商品として、着ているほうが涼しい「次世代涼感セットアップ」の開発に至りました。
 


着ているほうが涼しい「次世代涼感セットアップ」とは
本商品は、プロジェクトの第一弾商品「デジタル時代の“The”セットアップ」をベースに開発を進めてまいりました。「Makuake」での先行予約販売にて支援人数約360名、受注金額920万円、目標達成率1,846%突破といった、プロジェクト第一弾にて大変ご好評いただいた「収納+アクティブ&イージーケア」という特徴を踏襲しております。この特徴に加え、本商品では暑さ対策に特化した「TERAX COOL®」加工を施したABAHOUSEオリジナル生地を採用しております。従来の生地が持つ「接触冷感」機能に「放熱と遮熱」を同時に実現する機能を加えたことで、着用時から冷感が持続する画期的な素材を開発し、アパレル業界初※となるセットアップへの採用を実現いたしました。
さらに、汗の目立ちが気になるジャケットの背面部分には、接触冷感・吸水速乾機能を持つ「クールセンサーメッシュ」を採用。また、熱がこもりやすい脇部分には「エアベント」をつけて通気性を確保するなど「着ているほうが涼しい」に徹底的にこだわり抜いた商品となっております。

※セットアップの表地全面にTERAX COOL®加工を採用した商品開発は、アパレル業界初の試みです。TERAX COOL®は、東光商事株式会社が研究開発した加工技術で、独自配合の数種の鉱石をブレンドし、わずか3ミクロンの粒度にしたものを生地にプリントすることによって、今までの衣料にはなかった放熱機能を可能にしました。TERAX COOL®は一般財団法人東光の登録商標です。

購入方法
応援購入サービス「Makuake」にて先行予約いただけます。
商品ページURL:https://www.makuake.com/project/it-jacket3/
販売期間   :2021/3/23(火)~2021/5/30(日)

商品詳細
<商品特徴>
特徴①放熱・遮熱・接触冷感機能により「着ている方が涼しい」を実現

アパレル業界初! ジャケット表地全面に「TERAX COOL®」加工を採用
これまで、運動時に着用するアンダーウェアなどで使用されることが多かった「TERAX COOL®」をABAHOUSEオリジナル生地にプリント加工。人の身体から発生する熱を、プリント加工が遠赤外線へとエネルギー変換することで洋服の内側に籠った熱を外へ逃し、体温が下がったように涼しく感じます(※効果の実感には個人差があります)。



 

ジャケット裏地まで徹底された暑さ対策
汗の目立ちが気になるジャケットの背面部分には、接触冷感・吸水速乾機能を持つ「クールセンサーメッシュ」を採用。また、熱がこもりやすい脇部分には「エアベント」をつけ通気性を確保しております。








特徴②:ITビジネスパーソンが欲しい機能を徹底的に反映

PC作業や多数のガジェット利用を考慮した設計
腕の上下・前後運動が多いPC作業でもストレスを感じにくいパターンを設計。袖ボタンやフロントボタンには、カチカチといった音が鳴らないウレタン素材を採用し、ノイズの発生を軽減しております。
また、ジャケットには計6つのポケットを施すことで多数のガジェットが収納できるとともに、夏仕様の軽量化された生地においても形崩れしないように工夫されております。

 

外出時も在宅時も気軽に使用可能
速乾性と形態安定性に優れており、ご自宅での洗濯も可能。洗濯によって「TERAX COOL®」の効果が弱まる心配もありません。
また、縦・横に生地が伸縮し、快適な着心地を感じる2wayストレッチを採用するとともに、シャツがパンツからはみ出さないよう、パンツのベルト裏には滑り止めテープを付けることで、着席したPC作業時や、ソファなどでラフな姿勢で過ごす時にも快適な着心地を実現します。




特徴③:リモートワーク時代のセットアップへとアップデート

オン/オフを問わないニューノーマルなウェアを実現
ジャケットは、取引先とのオンライン商談など重要なビジネスシーンでも使いやすい本格的なパターンで設計。ややボックス型のシルエットでラクな着心地も兼ね備えることで、仕事以外のシーンでも着続けやすく、オン/オフを問わずに使いやすい一着を実現しました。






<カラー>
カーキ、ネイビー、ブラックの3色展開



<サイズ>
44、46、48、50の4サイズ展開。(参考:44=S,46=M,48=L,50=LL)
 

 


【ABAHOUSEについて】

「ABAHOUSE(アバハウス)」は株式会社アバハウスインターナショナルが展開する1978年スタートのメンズファッションブランド。自由で柔軟な発想とモダニズムをあわせもちフレンチテイストをベースとしてカジュアルからビジネスシーンに至るまでクリーンかつスマートに表現したアイテムをラインナップ。

【株式会社オプトについて】
オプトは、デジタルマーケティングを軸に個客の未来を実現する「Innovation Agency」です。持続的な成長を志す企業のビジョンやミッションと並走しながら、ビジネスを革新させ、新しい価値を創造していきます。一人一人が、「誠実な野心家であれ。」という理想の姿を追求し、ヒトと社会を豊かにする成長エンジンとなります。

■会社概要
設立年月:2015年4月1日 
資本金:1億円 (2020年12月末現在)
代表者名:代表取締役社長 CEO 金澤 大輔
本社所在地:東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル
事業内容:マーケティング事業
URL:https://www.opt.ne.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社デジタルホールディングス >
  3. アパレル業界初※、着ているほうが涼しい「次世代涼感セットアップ」。ABAHOUSE×OPT「IT-JACKET PROJECT」より第三弾商品の販売開始