【オキナワ マリオット リゾート & スパ】SDGs取り組み 児童養護施設なごみの皆様を「餅つきイベント」にご招待

グローバルブランドリゾート・オキナワ マリオット リゾート & スパ(沖縄県名護市喜瀬1490-1 総支配人:荒木昌志 )では、SDGsが目指す「住み続けられるまちづくりを」と「働きがいも経済成長も」のゴールを目的として、同市内で近隣の児童養護施設なごみの皆様をホテルへお招きし、餅つきイベントを開催いたしました。

2019年12月27日(金)同市内で近隣の児童養護施設なごみの皆様をホテルへお招きし、「餅つき」イベントを開催しました。


この取り組みは今回が3回目で、毎年この時期に開催し、新年の鏡餅の準備も兼ねて行っております。「美味しい」「楽しい」と言葉が飛び交い、ホテルスタッフを交えて交流を深めました。その他、ホテルとしても海外出身スタッフへの文化体験も目的としており、地域貢献のみではなく、日本の文化に触れていただきたい環境づくりの思いも込められております。

同ホテルは一年を通して、毎週金曜日の夕方に御施設を訪れ、学校の宿題を教えたり、おもいっきり一緒に遊んだりと常日頃から寄り添った交流を深めており、SDGsが目指す”住み続けられるまちづくりを”と”働きがいも経済成長も”のゴールを目的とした活動を行っております。
 

沖縄県名護市(恩納村)にあるグローバルブランドのリゾートホテル、オキナワ マリオット リゾート& スパ。

県内最大級の広さを誇るプールと、全室オーシャンビューの広い客室で、南国ステイを満喫。

オキナワマリオットリゾート&スパは株式会社ホテルマネージメントジャパンのグループホテルです。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ホテルマネージメントジャパン >
  3. 【オキナワ マリオット リゾート & スパ】SDGs取り組み 児童養護施設なごみの皆様を「餅つきイベント」にご招待