Kindle電子書籍リーダーの最上位機種「Kindle Oasis」の最新版を発売

日本で5周年を迎えるKindle、製品・コンテンツ共にさらに進化

~ 7インチの大画面、最高解像度のディスプレイの搭載や、筐体背部へのアルミニウム採用や独自の軽量薄型デザインの実現に加え、Kindle電子書籍リーダー初の防水機能を装備したKindleモデル。
さらにストレージの大容量化を実現し、マンガを読むのにも最適に~


Amazon.co.jp (以下、Amazon) は、本日2017年10月11日(水)、Kindle電子書籍リーダーの最上位機種「Kindle Oasis」の新モデルを発表しました。Kindle電子書籍リーダーとして最大の7インチの画面、くっきりと明瞭な文字を表示する300ppiの最高解像度ディスプレイ、また、独自の人間工学に基づく軽量薄型のデザインを採用し、お客様に読書に没頭できる環境をご提供します。さらにKindle電子書籍リーダー初の防水機能(IPX8等級)*1を備え、お風呂やプールなど、今まで適わなかった場所でも、くつろぎながら読書を楽しめるほか、数週間使用可能なバッテリー寿命を有し、バッテリーのフル充電も2時間以内で完了するなど、すべての機能を刷新したモデルとなります。また、8GBもしくは32GBを選択できる大容量ストレージを搭載した新Kindle Oasisは、今まで以上に多くのマンガの保存が可能になり、大画面で読みやすく,マンガ愛好家にも楽しんでいただけるモデルです。価格は33,980円~(税込)*2で、Amazon.co.jpで販売いたします。本日より予約受付を開始し、出荷開始は10月末を予定しています。詳しくはこちら( http://www.amazon.co.jp/kindleoasis )をご覧ください。

*1 IEC(国際電機標準会議)規格IEC60529に規定された防水等級IPX8等級
*2プライム会員価格は29,980円~(税込)

また、2017年10月下旬にはKindle電子書籍リーダーおよび、Kindleストアは国内市場での導入開始から5周年を迎えます。国内で初めてKindle電子書籍リーダー Kindle Paperwhiteを2012年10月に発売して以降、軽量化され持ち運びに便利になったKindle Voyageや、高画質ディスプレイを搭載し、デュアルバッテリーシステムの採用で長寿命を実現した初代Kindle Oasis、ストレージ容量を32GBに拡大し、シリーズ物のマンガを読むのにも最適なKindle Paperwhite 32GB マンガモデル等、多くの機種を市場へ導入してまいりました。また、Kindle電子書籍リーダーと同月にスタートしたKindleストアは現在、著名作家を含む書籍、マンガ、雑誌を豊富に取り揃え、和書は開始当初と比べて約12倍超える品揃えとなりました。その他、月額¥980で本、コミック、雑誌、洋書が読み放題になるKindle Unlimitedや、プライム会員であれば数百冊もの書籍が読み放題になるPrime Readingなどの新しいサービスも続々と開始しています。Amazonは今後もKindleコンテンツとKindle電子書籍リーダーの両輪でお客様の読書体験を一層強化してまいります。

Amazon.comのAmazon デバイス担当 シニア・バイス・プレジデントのデイブ・リンプ(Dave Limp)は、次のように述べています。
「Amazonは米国で10年前、全ての本を60秒以内でお手元に届けるというミッションの元、初代Kindle電子書籍リーダーを開発し、発売を開始しました。新しいKindle OasisはKindleシリーズ最大の7インチの画面、300ppiの最高解像度ディスプレイを備え、独自の人間工学のデザインと筐体背部のアルミニウムの採用により、軽量薄型を実現し、さらにKindleシリーズ初の防水機能を有するなど、手法や場所を選ぶことなく、いつでもどこでも物語に浸ることができる最上位モデルです。」

快適さを追求したデザイン
新Kindle Oasisでは、ページ当たりの文字数を30%以上増やしたことにより、文字主体の書籍はページをめくる手間が減り、マンガはより大きなイメージで楽しむことができるようになりました。また、ページターン機能を搭載し、ページめくり速度はKindleシリーズ最速です。さらに、ディスプレイの明るさを均一にするフロントライトは、文字をくっきり美しく映し出し、明るい日差しの下でも光の反射を気にせず、本物の紙のような読みやすさを実現しています。

一方、人間工学に基づいて設計されたグリップにより、Kindle Oasisの重心は自然と手の中に納まり、しっくりと落ち着きます。また、グリップに設置されたボタンは、より簡単なページめくりを可能にするほか、左右どちらの向きで握っても、自動で画面の表示方向を端末の上下に合わせます。

さらに、左右で薄さの異なるデザイン、Kindle史上最も強度の高いカバーガラスに加え、今回新たに筐体背部にアルミニウムを採用したことにより、最薄の個所でわずか3.4mmとなる薄型設計を実現しました。

Kindle電子書籍リーダー初の防水機能
初めてKindle Oasisに、防水機能(IPX8等級)を備え最深2mの真水に最大60分間の浸漬が可能。お風呂やプールなど、今まで適わなかった場所でも、いつでもどこでもくつろぎながら読書を満喫できます。

より多くのコンテンツを楽しめる大容量ストレージ
新しいKindle Oasisでは、8GBと32GBの2種類のストレージ容量を搭載したモデルをご提供します。初代Kindle Oasisのストレージ容量から倍増された8GBモデルは、数千冊の本を保存できます。また、32GBモデルには、マンガや雑誌など、容量の大きいコンテンツも保存が可能です。

パーソナライゼーションの追求
新しいKindle Oasisは、より良い読書環境をサポートするため、お客様独自の設定に端末をパーソナライズ化できる機能を搭載しました。内蔵の環境ライトセンサーにより、うす暗い部屋の中や明るい日差しの下など、環境に応じてディスプレイの明るさが自動的に調整されるほか、好みに応じて、明るさを設定することもできます。

従来より、電子書籍リーダー「Kindle」に搭載されている共通機能
Amazonが手がけてきた電子書籍リーダーのKindleは、読書に集中できるよう、本を読むことに特化した設計がされています。このため、タブレットやスマートフォンとは異なり、明るい日差しの下でも画面が反射することはなく、また、メールやソーシャルメディア、ショートメッセージなどが読書を妨げることがありません。その中でもKindle Oasisは、Kindleシリーズ最上位機種です。

・Whispersync: Kindle電子書籍を読み終わった最後のページやブックマーク、注釈を保存、同期化し、Kindleアプリを利用してお手持ちのどのデバイスでも、すぐにその続きを楽しめます。

安心のアーカイブ: クラウドに保存されたKindle電子書籍は自動的にバックアップが行われ、本の紛失を心配する必要がありません。いつでもワイヤレスで本を再ダウンロードできます。

X-Ray: レントゲン写真のようにX-Rayで本の概要を即座に把握することができます。読書中にX-Rayボタンを押すと、本に含まれる主要なキーワードが「人物」「場所」「トピック」等に分類され、一覧で表示されます。

・Word Wise: 数多くの洋書(英語)で利用でき、難しい洋書も、読んでいるその場で英単語を調べ、理解しながら楽しむことができます。読書中に出てきた難しい英単語には簡単な単語で意味が表示され、英語の本をより簡単に読み進められます。

・読了時間: パーソナライズ機能を利用して、これまでの読書スピードを基に章や本の読了に要する時間を表示します。

・Vocabulary Builder: 辞書機能で調べた単語を簡単に参照できるリストにまとめます。このリストとフラッシュカード機能を活用して学習したり、本文中の言葉を参照したりできます。

・お気に入りの一節を共有: 本のお薦めコメントやハイライト、引用などをFacebookやTwitterを通じて友人に共有できます。

・Smart Lookup: 辞書機能をX-RayやWikipediaと連動させることができます。

豊富な品揃えを持つ電子書籍ストア
Kindle 電子書籍リーダーは、Kindleストアを容易に利用できます。

・豊富な品揃え: 最新のベストセラーやコミック、雑誌など60万タイトル以上の和書を含む600万タイトル以上揃えているほか、Kindle UnlimitedやPrime Readingなどのサービスもご提供しています。

・Kindle Unlimited:月額980円(税込)で12万冊を超える書籍、雑誌、マンガ、児童書などが読み放題になる、読書愛好家に最適な定額読み放題サービスです。

数百冊もの豊富なKindle電子書籍のセレクションから追加料金無しで好きなだけ楽しめる、Amazonプライム会員向け新サービスPrime Reading
Amazonは、豊富な品揃えを持つKindle 電子書籍の中から厳選された数百冊の書籍やマンガ、雑誌を追加料金なしで、好きなだけ楽しむことができるAmazon プライム会員向け新サービス「Prime Reading」を開始しました。「陰日向に咲く」、「学校では教えてくれない大切なこと」、「カーネギー話し方入門」などのKindleでのベストセラー作品、「あなたのことはそれほど」、「つぐもも」、「ウロス」などの人気マンガシリーズや、「東京カレンダー」、「Ray」、「DIME」などの人気書籍もサービス開始時点で対象となっています。

Kindle Oasisの価格は、8GBモデルが33,980円(税込)*、32GBモデルが36,980円(税込)*、32GBの3G付きモデルは44,980円(税込)*です。本日より予約受付を開始し、出荷開始は10月末を予定しています。詳しくはこちら( http://www.amazon.co.jp/kindleoasis )をご覧ください。

* プライム会員価格は、8GBモデルが29,980円(税込)、32GBモデルが32,980円(税込)*、32GBの3G付きモデルは40,980円(税込)*です。

Kindle Oasisの新モデル用のカバーは、装着すると端末と一体化し、本の表紙を開くように開閉することができます。カバーを閉じるとKindle Oasisが自動的にスリープし、開くとスリープが解除されます。二種類の素材が用意され、水に強いファブリック素材のカバーは、インディゴ、サンドストーン、チャコールの3色で各5,280円(税込)、高品質なレザー製は、ミッドナイト、メルロー、 サドルタンの3色で各7,180円(税込)です。

 ※価格はいずれもAmazon.co.jpでの税込販売価格です。
※※出荷開始日は変更になる場合がございます。
※※※本製品はAmazon.co.jpのみでのお取扱いとなります。

 

 
  1. プレスリリース >
  2. アマゾンジャパン合同会社 >
  3. Kindle電子書籍リーダーの最上位機種「Kindle Oasis」の最新版を発売