第163回中小企業景況調査(2021年1~3月期)の公表について

中小企業の業況判断DIは、足踏みのなかにも、一部に持ち直しの動きが見られる。

独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構、理事長:豊永厚志、所在地:東京都港区)は、第163回中小企業景況調査(2021年1-3月期)の調査結果を公表いたしました。
今期の中小企業の業況判断DIは、マイナス29.5となり、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、3期ぶりに低下しました。

【中小企業景況調査】
https://www.smrj.go.jp/research_case/research/survey/index.html

【第163回調査のポイント】
https://www.smrj.go.jp/research_case/research/survey/frr94k0000000o7g-att/point_163th.pdf

【第163回調査報告書】
https://www.smrj.go.jp/research_case/research/survey/frr94k0000000o7g-att/163th_1.pdf
 
  • 調査結果の概要
1.2021年1-3月期の全産業の業況判断DIは、-29.5(前期差3.4ポイント減)となり、3期ぶりに低下した。

2.製造業の業況判断DIは、-25.0(前期差4.2ポイント増)となり、3期連続して上昇した。業種別に見ると、鉄鋼・非鉄金属、機械器具、金属製品など12業種で上昇し、食料品、木材・木製品の2業種で低下した。

3.非製造業の業況判断DIは、-31.2(前期差5.8ポイント減)となり、3期ぶりに低下した。産業別に見ると、建設業で上昇し、サービス業、卸売業、小売業で低下した。

4.従業員の過不足感を示す従業員数過不足DI(今期の水準)は、全産業で−9.8(前期差1.1ポイント増)と3期ぶりに上昇し不足感が弱まった。
 
  • 調査概要
調査時点:2021年3月1日時点
調査対象:全国の中小企業
調査対象企業数:18,912社
有効回答企業数:18,210社
有効回答率:96.3%


<独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)>
中小機構は、事業の自律的発展や継続を目指す中小・小規模事業者・ベンチャー企業のイノベーションや地域経済の活性化を促進し、我が国経済の発展に貢献することを目的とする政策実施機関です。経営環境の変化に対応し持続的成長を目指す中小企業等の経営課題の解決に向け、直接的な伴走型支援、人材の育成、共済制度の運営、資金面での各種支援やビジネスチャンスの提供を行うとともに、関係する中小企業支援機関の支援力の向上に協力します。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 中小機構 >
  3. 第163回中小企業景況調査(2021年1~3月期)の公表について