海ごみゼロウィーク2022開幕!「海を知り、海に触れて、海洋ごみを学ぶ」海ごみゼロ大作戦!in石川2022キックオフイベント

5月28日(土)10:00~16:00 金沢港クルーズターミナル(入場無料)

海ごみゼロプロジェクトin石川実行委員会は、全国一斉清掃キャンペーン「海ごみゼロウィーク2022」初日の5月28日(土)に、「海ごみゼロ大作戦!in石川2022キックオフイベント」を開催します。
県内各地での清掃活動や県民への啓発、テレビ番組の制作など、海洋ごみ削減に向けてさまざまな事業を展開する「海ごみゼロ大作戦!in石川」。2022年度のキックオフとなるイベントを金沢港クルーズターミナルで開催します。海洋ごみの現状を学ぶ展示コーナー、海洋ごみを活用したアート体験、浸食が問題となっている千里浜海岸の砂を使った砂像づくり、海の専門家らが出演するステージイベントなど、海を知り、海に触れて、海洋ごみを学ぶイベントとなっています。当日は「海ごみゼロ大使」を務めるダンディ坂野が来場。クイズを通して海洋ごみ問題削減の大切さを呼びかけます。司会を務めるのは、海ごみゼロ大作戦!in石川を共同で運営するMRO北陸放送の石橋弘崇アナウンサーと石川テレビ放送の向山侑希アナウンサーです。

※このイベントは、日本財団が推進する海洋ごみ対策事業「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催します。
 
  • イベント概要
・イベント名:海ごみゼロ大作戦!in石川キックオフイベント


・開催日時:2022年5月28日(土) 10:00~16:00
 ※入場無料。体験・参加ゾーンは一部有料。
・開催場所:金沢港クルーズターミナル
(石川県金沢市無量寺町リ-65)
・アクセス
●JR金沢駅(約5km 車で約15分)
●高速道路(北陸自動車道 金沢西IC 約15分、金沢東IC 約15分)
・主催:海ごみゼロ大作戦!in石川キックオフイベント実行委員会
・共催:日本財団「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」、MRO北陸放送、石川テレビ放送、金沢港クルーズターミナル
・後援:石川県、金沢市、北國新聞社
 
  • プログラム
<海洋ごみの学習ゾーン>
●学習コーナー
 現在の日本・石川の海や海岸の現状をパネルで紹介。

●クイズコーナー
 海洋ごみ関連の問題に答えていただき、抽選で賞品をお渡しいたします。

 

<体験・参加ゾーン>
●インスタレーションアートコーナー
①「浜辺に花を咲かせましょう」
 漂着ごみで作った枝にプラスチックごみの花をつけていくワークショップ

②「アートモニュメント流木巨木」
 流木で巨木を再現。流木を元の木のように戻し、瓶に花を挿すことでごみの最後をアートで華やかにイメージします。

③「ごみっとワークショップ」
 A:漂流ロープでつくるドリームキャッチャー
 B:流木スワッグつくり
 C:流木ステンシル
 D:プラごみでつくるアクセサリー

 

●砂像つくり体験コーナー
 千里浜砂像協会会長古江健雄氏による砂像体験教室の開催。ポット砂像つくりを来場者に体験していただきます。

<海ごみステージゾーン>
●「ダンディ坂野 クイズで知ろう海ごみ問題」
 「海ごみゼロ大使」を務めるダンディ坂野が来場。海洋ごみに関するクイズを出題して、海洋ごみを学びます。

●「海ごみ教室①」
 海洋プラスチックごみって何だろう~海洋プラスチックごみについて考えます。
 (一社)能登里海教育研究所 主幹研究員 浦田 槙 氏

 

●「海ごみ教室②」

 海洋ごみといきもの。海洋ごみがおよぼす海のいきものたちの被害を考えます。
 のとじま水族館 展示・海洋動物科 科長 加藤雅文 氏

 

●「ほくりくアイドル部 ステージ」
 ほくりくアイドル部による歌のステージとトーク。

<金沢港を知る>
●金沢港ではたらく船大集合!
 金沢海上保安部の巡視艇や石川県所有のタグボート、民間企業所有の土木作業船・海底の土砂をすくい取る船を展示します。​


<団体概要>
団体名称   :海ごみゼロプロジェクトin石川実行委員会
URL        :https://www.mro.co.jp/blogs/umigomizero/
活動内容 :日本財団が行う「海と日本プロジェクト CHANGE FOR THE BLUE」の一環で、MRO北陸放送
と石川テレビ放送が事務局として石川県内で取り組むのが「海ごみゼロ大作戦!in石川」。海に囲まれた石川県において、本事業では清掃活動やメディアによる啓発などを通して、県民ひとりひとりが海洋ごみの問題を「自分ごと」としてとらえるよう展開します。

CHANGE FOR THE BLUE
国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。
産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。
https://uminohi.jp/umigomi/

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 海と日本プロジェクト広報事務局 >
  3. 海ごみゼロウィーク2022開幕!「海を知り、海に触れて、海洋ごみを学ぶ」海ごみゼロ大作戦!in石川2022キックオフイベント