フッ素エラストマ市場ータイプ別(フルオロカーボン、フルオロシリコーン、パーフルオロエラストマー)、最終用途産業別、および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.は、「フッ素エラストマ市場ー世界的な予測2030年」新レポートを2021年07月29日に発刊しました。この調査には、フッ素エラストマ市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-109015

フッ素エラストマ市場は、2022年に16.4億米ドルの市場価値から、2030年までに25.0億米ドルに達すると推定され、予測期間中に6.2%のCAGRで成長すると予想されています。

フッ素エラストマは、Oリング、シールとガスケット、ホースなどのシール製品の製造に使用されます。自動車、航空宇宙、および半導体産業における高性能エラストマーの需要の高まりは、予測期間中にフッ素エラストマ市場の成長を牽引すると予測されています。また、低燃費車の需要の増加、自動車業界での厳しい排出基準、およびホースやガスケットなどの特殊なフッ素エラストマ製品に対する航空宇宙業界からの需要の増加は、予測期間中にフッ素エラストマ市場の成長に貢献する要因です。さらに、台頭する主要な最終用途産業は、フッ素エラストマ市場にいくつかの成長機会をさらに生み出します。優れた電気絶縁特性、および極端な温度や劣化に対する耐性を含む好ましい機械的特性は、市場の成長を推進する可能性があります。さらに、脂肪族および芳香族炭化水素に対する耐性を含む高い耐薬品性に​​より、フッ素エラストマは、業界で最も広く使用されている材料の1つとなっています。これはまた予測期間中に世界市場の成長を牽引することが期待されます。

市場セグメント

フッ素エラストマ市場は、タイプ別(フルオロカーボン、フルオロシリコーン、パーフルオロエラストマー)、最終用途産業別(自動車、航空宇宙、石油・ガス、エネルギー・電力、化学処理、半導体、製薬・食品加工)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

タイプに基づいて、パーフルオロエラストマーセグメントは2022ー2030年の間に最大なCAGRで成長すると予測されています。パーフルオロエラストマーは、優れた耐薬品性と高温安定性を備えた特殊な高性能エラストマーです。これらは、テトラフルオロエチレンとパーフルオロメチルビニルエーテルで作られた共重合体です。パーフルオロエラストマーは、フルオロカーボンエラストマーの特性が十分でないすべての用途に使用できます。パーフルオロエラストマーは、エネルギー・電力、石油・ガスの回収、半導体製造、製薬・化学処理、および航空宇宙産業での用途が見出される高性能Oリングとシールの製造に使用されます。これは、このセグメントの成長に貢献すると予想されます。

地域概要

フッ素エラストマ市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

アジア太平洋地域は2016年にフッ素エラストマ市場の最大の地域であり、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予測されています。中国はこの地域の主要な国であり、アジア太平洋地域のフッ素エラストマの需要の半分以上を占めています。中国に続いて、日本、韓国、インドで消費は着実に伸びています。中国は、新しい施設が設立されるのを目撃して、フッ素エラストマ産業の重要なハブとして浮上しています。アジア太平洋地域では、自動車、半導体、および化学処理用のフッ素エラストマの消費量の増加が観察されています。これは、継続的な工業化、とこの地域の製造業の台頭によるものです。これにより、この地域の市場の成長が牽引すると予想されます。

市場の主要なキープレーヤー

フッ素エラストマ市場の主要なキープレーヤーには、Asahi Glass Co. (日本)、Daikin Industries (日本)、Dongyue Group Co. (中国)、DuPont (米国)、Gujarat Fluorochemicals Limited (インド)、HaloPolymer OJSC (ロシア)、Shanghai 3F New Materials Co. (中国)、Shin-Etsu Chemical Co. (日本)、Solvay (ベルギー)、Chemours (米国), and 3M (米国)などがあります。この調査には、フッ素エラストマ市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/fluoroelastomer-market/109015

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. フッ素エラストマ市場ータイプ別(フルオロカーボン、フルオロシリコーン、パーフルオロエラストマー)、最終用途産業別、および地域別ー世界的な予測2030年