9/24(土)グランドオープン 地域と連携し“子育てしやすい街づくり”を応援する「キッズリパブリック東戸塚店」

~日本最大級!イオンのベビー・キッズ旗艦店が横浜市戸塚区に誕生~

イオンリテールは9月24日(土)、日本最大級にしてイオンの最新の取り組みを結集したベビー・キッズの新業態「キッズリパブリック東戸塚店」を「イオン東戸塚店」(横浜市戸塚区)3階フロアにグランドオープンします。

 

日本が少子化や子育てを取り巻くさまざまな問題に直面している中、キッズリパブリックは“子育て支援サービス業”として、地域・行政・企業が三位一体となって成長し、地域全体で「安心して子育てができる街づくり」を応援します。当店は、“みらいをつくる人を、つくりたい”というコンセプトのもと、約5,600㎡の広大な面積と圧倒的な品揃えに加え、“集い”や“学び”の場もご提供するキッズリパブリックの旗艦店です。

≪新しい「キッズリパブリック」の特長≫
(1)さまざまな情報提供をおこない、産前産後のママとベビーの不安を解消
助産師や登録販売者、歯科衛生士など5つの専門家が、相談会や接客販売を通じてママが抱える不安事を解消するお手伝いをします。ママと子どもの漢方薬や国内外のベビーカーを一堂に取り揃えるほか、NPO法人や行政と協力し、ママが子育てで孤立しないよう、地域のママをつなぎ、育む地域共創型イベントも実施します。

・産前産後のママとベビーを“ケア”する「ママ&ベビーケア」コーナー
・約200㎡の広さで国内外の高級ベビーカーやチャイルドシートを多数展開
・ママが子育てで孤立しないように、地域のママをつなぎ育む地域共創型イベントを開催
・雑誌『MilK japon』プロデュ―スのフォトスタジオ「フォトルバ」
・神奈川県産の木材を使用した乳幼児(0歳~3歳)のための遊び場「かもめひろば」
・ゆったりとした“広さ”と“くつろぎ”にも配慮した「赤ちゃん休憩室」
・プレイグラウンドのある複合カフェ「カフェ もりっちゃ」

「ママ&ベビーケア」コーナー (イメージ)「ママ&ベビーケア」コーナー (イメージ)

乳幼児の遊び場「かもめひろば」(イメージ)乳幼児の遊び場「かもめひろば」(イメージ)

 

赤ちゃん休憩室(イメージ)赤ちゃん休憩室(イメージ)


(2)遊びながら鍛え、学べる商品やサービスとリアルな買物体験を提供
遊びながら知能の発達を促進する玩具を集めた「ラーニングトイ」をイオン最大の品揃えで展開します。また、大型ビジョンを活用した双方向型の体験コンテンツを楽しむことで運動機能を向上させたり、遊びながら学べるイベントの開催や、買物を通じてお金とモノとの関係を学んだりすることができる場もご用意しています。

・イオン最大の「ラーニングトイ」コーナー
・子どもセレクトショップ「cm(センチメーターズ)」が初登場
・安全に遊びながら鍛え、学ぶことができる地域の公園「リパブーひろば」
・お子さまのためのリアルな買物教育体験ができる「リパブーマーケット」
 

地域の公園をイメージした「リパブーひろば」(イメージ)地域の公園をイメージした「リパブーひろば」(イメージ)

体験型コンテンツ「リパブーサーカス」(イメージ)体験型コンテンツ「リパブーサーカス」(イメージ)

買物教育体験ができる「リパブーマーケット」(イメージ)買物教育体験ができる「リパブーマーケット」(イメージ)


(3)日本最大級のベビー・キッズECサイトで旗艦店が提供する価値を全国へ発信
イオンのインターネットショッピングモール「AEON.com」に出店する「キッズリパブリック オンラインショップ」では、マタニティ・ベビー用品から子ども服、玩具まで約22,000品目を展開します。

・日本最大級のベビー・キッズECサイト「キッズリパブリック オンラインショップ」
 (https://shops.aeonsquare.net/shop/c/ca117
・キッズリパブリックのインスタグラム(予定)
・旗艦店でのイベントを他店舗へ配信

(4)ママの社会進出支援とママであることが活かせる雇用と育成
出産前に就業していた女性の約6割が出産後に離職すると言われています。当店では、このような社会背景を受けて出産を理由に離職したママの再雇用を促進します。誰もがライフステージに関わらず、安心して「育児」や「仕事」を両立できる社会の実現を目指します。

・地域のママを積極的に採用し、各種イベントやワークショップの企画・運営

≪地域行政との取り組み≫
・「横浜子育てパートナー」による相談会の実施
横浜市が2016年1月より、市内各区の地域子育て支援拠点に設置している子育て相談の専任スタッフ「横浜子育てパートナー」による相談会を店舗で実施し、行政と地域のママやパパのかけ橋となることを目指します。

 ・東戸塚区域子育て拠点「とっとの芽」との協力体制
戸塚区と協働で「地域子育て支援拠点※」事業を行い、行政と連携して活動しているNPO法人「とっとの芽」と協力体制を築くことで、行政の取り組みを地域の子育て中のママやパパへ共有し、悩みや要望を行政に伝えます。

 ※横浜市の各区にある、親子の居場所、相談、子育てに関する情報提供のほか支援者のネットワークづくり、子育てを支援する人材育成などに取り組む、地域の子育て支援の総合的な施設です

≪「キッズリパブリック東戸塚店」の概要≫
所在地:神奈川県横浜市戸塚区品濃町535-1「イオン東戸塚店」3階
開店日:2016年9月24日(土)
営業時間:9:00~22:00
館  長:小澤 仁(おざわ じん)
売場面積:約5,600㎡
従業員数:約80名

※キッズリパブリック東戸塚店については、以下をご覧ください。
http://www.aeonretail.jp/pdf/1600805R_1.pdf
 
以上





 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イオン株式会社 >
  3. 9/24(土)グランドオープン 地域と連携し“子育てしやすい街づくり”を応援する「キッズリパブリック東戸塚店」