ネットワークスライシング市場ーテクノロジー別(SDNとNFV、およびC-RAN)、サービス別、アプリケーション領域別、および地域別ーグローバル予測2030年

SDKI Inc.は、ネットワークスライシング市場の新レポートを2021年07月29日に発刊しました。この調査には、ネットワークスライシング市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-109012

ネットワークスライシング市場は、2022年に302.2百万米ドルの市場価値から、2030年までに1,208.7百万米ドルに達すると推定され、予測期間中に21.9%のCAGRで成長すると予想されています。

モバイルネットワークを介したブロードバンドサービスの需要の増加、およびモバイルデータトラフィック量の大幅な増加は、市場の成長の主要な推進力になると予想されます。また、高速で大規模なネットワークカバレッジに対する需要の高まり、およびネットワークの仮想化も市場の成長に貢献しています。ネットワークスライシングは、共通のマルチドメインインフラストラクチャ上に複数の一意の仮想化された論理ネットワークを作成するプロセスです。ネットワーク機能仮想化(NFV)、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)、オーケストレーション、自動化、および分析を使用することで、モバイルネットワークオペレーターは、特定のアプリケーション、ユーザーセット、サービス、またはネットワークをサポートするネットワークスライスを作成できます。ネットワークスライシングを使用すると、単一のネットワークで、ユーザーの要件やさまざまなユースケースに基づいてさまざまなサービスを提供できます。

しかし、エッジコンピューティングリソースの不足とスライスの標準化へのアクセスは、市場の成長を妨げる可能性があります。

市場セグメント

ネットワークスライシング市場は、テクノロジー別(SDNとNFV、およびC-RAN)、サービス別(ネットワークテスト、オーケストレーション、計画と最適化)、アプリケーション領域別(リモート監視、リアルタイムストリーミング、およびネットワーク監視)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

アプリケーション領域に基づいて、リモート監視セグメントは、予測期間中にネットワークスライシング市場で最大なCAGRで成長すると予想されます。グローバル企業がデジタルプラットフォームを採用するにつれて、リモートモニタリングは市場での競争力を維持する上で重要な部分になりました。5Gソリューションは、センサー間の情報伝達によって強化された、リモート監視アプリケーションとその追跡の可能性におけるパラダイムシフトを表しています。このパラダイムシフトは、医療グレードのウェアラブル、仮想の医師と患者の相互作用、車両の遠隔操作と監視、および遠隔操作のロボット手術での遠隔監視アプリケーションの使用に役立ちます。

地域概要

北米地域は最大の市場規模を保持しており、予測期間中に最高の速度で成長すると予測されています。この成長は、スマート接続デバイス、Industrial Internet of Everything(IIoE)、およびアジャイルネットワークの採用の増加に起因しています。北米は常に世界で新しいテクノロジーの採用でリストのトップにあり、その結果、ネットワークスライシングテクノロジーを提供する5Gベンダーの数が最も多くなっています。さらに、予算と助成金の増加により、さまざまな大企業がこの地域に多額の投資を行うようになりました。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

市場の主要なキープレーヤー

ネットワークスライシング市場の主要なキープレーヤーには、Ericsson (スウェーデン)、Huawei (中国)、Nokia (フィンランド)、Intel (米国)、Cisco (米国)、ZTE (中国)、SK Telecom (韓国)、NTT DOCOMO (日本)などがあります。この調査には、ネットワークスライシング市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/network-slicing-market/109012

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. ネットワークスライシング市場ーテクノロジー別(SDNとNFV、およびC-RAN)、サービス別、アプリケーション領域別、および地域別ーグローバル予測2030年