haruka nakamuraによるNujabesトリビュートアルバム 『 Nujabes PRAY Reflections』 リリース。

Nujabesと共に「Lamp」や「let go」などの名曲を世に残したharuka nakamuraにより、没後11年の時を経てトリビュートアルバム「Nujabes PRAY Reflections」が完成。


■作品情報

haruka nakamura / Nujabes PRAY Reflections
品番 : HPD19
発売日 : 2021/12/4
フォーマット : CD/DIGITAL
定価 : 3000円(税別)
レーベル:Hydeout Productions
各種配信サービス:https://lnk.to/Nujabes_PRAYR
----------------------------------------------------------------------------------------------------
1.Another Reflection
2.Horizon
3.Waltz of Reflection Eternal
4.flowers
5.kumomi
6.Feather
7.latitude
8.Light on the land
9.Final View
10.World’s end Rhapsody
11.Reflection Eternal
12.Let me go
----------------------------------------------------------------------------------------------------
Nujabesと共に「Lamp」や「let go」などの名曲を世に残したharuka nakamuraにより、没後11年の時を経てトリビュートアルバム「Nujabes PRAY Reflections」が完成。
Nujabesが紡いだ旋律を辿り、祈りにも似たharuka nakamuraのピアノが物語の続きを奏でる。

音楽家・Nujabesが旅立って10年が経った2020年2月26日。
渋谷スクランブル交差点には彼を追悼する映像が全てのスクリーンに映し出され、「Reflection Eternal」など彼の音楽が鳴り響いた。映し出された映像はharuka nakamuraと共作した「Lamp」のMVだった。

そして2021年。
長い時が過ぎても、Nujabesの音楽を希求する世界中のリスナーは増え続けている。
激動の世となった中、今も引き継がれているNujabesのレーベル・Hydeout Productionsから
「時が止まったままの10年を進めて欲しい」と、没後10年の節目となるトリビュートアルバムの依頼を受けたharuka nakamura。
まずは夏に「Reflection Eternal」のMVと7インチ・レコードをリリースし大きな反響を呼んだ。
その企画の集大成として、アルバム「Nujabes PRAY Reflections」をリリース。
Nujabesが紡いだ美しい旋律をharuka nakamuraがピアノやギターを基調に新たな解釈で演奏。二人の音楽が融合し、新たな地平線へと昇華された作品となった。

Final View、Horizon、flowers、Another ReflectionなどNujabesの代表曲やReflection Eternalのワルツ・バージョン、let goのモチーフから生まれたピアノソロなど今作でしか聴くことの出来ない、リスナーにとっては感動的な楽曲が並ぶ。
ゲスト・ミュージシャンには田辺玄(orbe)がNujabesの遺品であるフルートやエレキギターを使用し演奏。maika(baobab)が、フィドルや歌などでフォークロアなサウンドを提供しアルバムの世界観を深めている。

ジャケットはHydeout Productions「2nd collection」を担当した画家・Cheryl D.McClureに新作の提供を依頼。
Nujabesが愛した鎌倉の海岸線のような、印象的な装丁に仕上がっている。
また、レアなケースとなるnakamura本人による全曲解説の制作ノートを記したライナーノーツ・ブックレットも封入。写真はMVも撮影したカメラマン・TKC。
デザインは気鋭のデザイナー・suzuki takahisaが担当。これまでのNujabes作品スタイルを丁寧にオマージュし、装丁を完成させた。


音楽は時間を旅している。
Nujabesが紡いだ美しいメロディー。
その旋律を辿り、祈りにも似たharuka nakamuraのピアノが物語の続きを奏でる。
これはいわゆるカバー・アルバムではなく、Nujabesのメロディーから想起されたharuka nakamuraの新たな音楽。
リフレクションしていく心象風景。
そこには今という時を越えた祈りが流れている。
僕らはいつまでも
そこにある美しいもののなかに
彼の存在を確かめることができる。

あなたは花
あなたは川
あなたは虹なのだから
----------------------------------------------------------------------------------------------------
 

Nujabes
現代の音楽業界全体の流れとは裏腹に、宣伝活動を行わず純粋に音= 作品のリリースのみでリスナーから大きな支持を獲得した稀有のインディペンデントレーベル「hydeout productions」主宰。 ジャズやヒップホップをベースにした美しくメロウなトラックで、世界中から絶大な支持を得る。
30 数枚の12" Single のリリースを経て2003 年にファースト・アルバム"metaphorical music" をリリース。揺るぎなき音楽的根幹であり、自らその音楽性、精神性、アティテュード、実験性など全てに影響を受けたと語る70 年代~80年代のJazz を中心にブラックミュージック全般に深い音楽的造詣/ ルーツを持つ彼のサウンドは、Hip Hop というループミュージックの魅力/ 可能性を最大限に引き出し表現している。
2004 年3 月のパリコレクションにてコムデギャルソン・ジュンヤワタナベ音楽ディレクター、フジテレビ「サムライチャンプルー」(監督は「カウボーイビーバップ」や「アニマトリックス」で知られる渡辺 信一郎氏)のサウンド制作、Sonar Sound Tokyo 出演等を経て、2005 年11 月にセカンド・アルバム"modal soul" を発表。07 年11 月には"first collection" 以来4 年半ぶりのレーベルコレクションアルバム"2nd collection" をリリース。08 年に入り、Nujabes自身が影響を受けた音楽を集めたコンピ"Modal Soul Classics By Nujabes" を発表。
2010 年2 月26 日、交通事故により逝去。享年36 歳。

http://www.hydeout.net/

 

haruka Nakamura
音楽家 青森出身 最新作は初のミュート・ピアノソロアルバム 「スティルライフ」 ソロ名義の他、様々なユニットで多数オリジナルアルバムを発表。東京・カテドラル聖マリア大聖堂、広島・世界平和記念聖堂、野崎島・野首天主堂を始めとする、多くの重要文化財にて演奏会を開催。 近年は、杉本博司「江之浦測候所」のオープニング特別映像、国立新美術館「カルティエ 時の結晶」安藤忠雄「次世代へ告ぐ」などの音楽を担当。 京都・清水寺成就院よりピアノ演奏をライブ配信。 東京スカイツリー、池袋サンシャインなどのプラネタリウム劇伴音楽を担当。(ナレーションは池松壮亮)早稲田大学交響楽団と大隈記念講堂にて自作曲でオーケストラ共演。 Nujabesをはじめとする多くのアーティストとのコラボレーションを行い、翻訳家・柴田元幸との朗読セッション(ライブアルバムを発表)や、画家ミロコマチコとのライブペインティング・シリーズも敢行中。evam evaとのアルバム「星ひとつのぼりて」BEAU PAYSAGEとの限定500本ワイン「ラ・モンターニュ」牛窓・御茶屋跡との「風の歌」などコラボレーション作品を多数制作。MV作品においては川内倫子や、奥山由之などの写真家や、本人が担当。CM音楽ではカロリーメイト、ポカリスエット、AC公共広告機構、CITIZENなどを手掛ける。

https://www.harukanakamura.com/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社STARBASE >
  3. haruka nakamuraによるNujabesトリビュートアルバム 『 Nujabes PRAY Reflections』 リリース。