オプト、販路のデジタルシフトを支援する「ECパートナーサービス」の提供を開始

~急成長するEC市場において、戦略策定から実行まで、クロスチャネルでEC事業を支援~

「デジタルで、この国の新しい基本をつくる。」をミッションに掲げ、顧客の事業成長に伴走する株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:栗本 聖也、以下、オプト)は、ECサイトを運営する企業を対象に、戦略策定から実行までの販路のデジタルシフトを支援する「ECパートナーサービス」の提供を本年5月11日(火)より正式に提供開始いたしました。

■「ECパートナーサービス」提供の背景
新型コロナウイルスの影響による外出自粛などにより、購買行動のデジタル化がますます進んでいる今、販路としてのECサイトへの注目はさらに高まっています。国内のEC市場規模は年々拡大しており、ECサイトは企業にとってスーパー、コンビニ、百貨店などと同様に販売チャネルの一つとして大変重要な存在です。また、自社のECサイトのみならず、Amazon・楽天・Facebook等のオンラインのプラットフォームも多数台頭しており、販路はますます広がっています。

このように、販売チャネル戦略の基盤が大きく変わる一方で、どこに、どれくらい、どんなふうにSNSやWEB広告などのデジタルチャネルを活用すればいいのか分からないといった企業側の課題も浮き彫りになってきています。オプトでは、そのような課題を抱える企業の方々を対象に、戦略策定から実行まで、販路のデジタルシフトを一気通貫で支援する「ECパートナーサービス」の提供を開始いたしました。

■サービス概要
「ECパートナーサービス」とは、ECサイト運営の戦略策定から実行、そして各オンラインプラットフォームの最適化まで、ワンストップで支援する伴走型サービスです。製造業者ごとに完全オリジナルの戦略書(プレイブック)を納品、知見を製造業者側に蓄積することで販路のデジタルシフトだけでなく組織のデジタルマーケティングも支援し、持続的に最適なEC運営を行えるようサポートいたします。
オプトがこれまで培ってきたデジタルマーケティング事業の知見をベースに、ソーシャルマーケティング、メディアとのパートナーシップを活用しサービス展開いたします。

 

■主なサービスフロー
①ECチャネル(※1)を横断した戦略策定
②データ分析に基づく様々な施策改善
③KPI設計など戦術への落とし込みと実行支援(広告、販促など)
④プレイブック納品による製造業者へのノウハウ蓄積(市場調査、競合分析など)

■注釈
※1 ECチャネル Amazon、楽天、Yahooショッピングなど


■株式会社オプトについて
オプトは、ミッションステートメントに「デジタルで、この国の新しい基本をつくる。」を掲げ、広告事業を通じ、持続的な成長を志す企業に伴走し、ビジネスを革新させ、新しい価値を創造する企業です。
一人ひとりが「誠実な野心家であれ。」という理想の姿を追求し、ヒトと社会を豊かにする成長エンジンとなり、FAT(フェアネス:公平性、アカウンタビリティ:説明責任、トランスペアレンシー:透明性)をテーマに、従来の慣習に囚われることなく、広告事業を通して、生活者やお客様起点で心地よい体験を提供してまいります。

■会社概要
設立年月:2015年4月1日
資本金:1億円 (2020年12月末 現在)
代表者名:代表取締役社長 CEO 栗本 聖也
本社所在地:東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル
事業内容:マーケティング事業
URL:https://www.opt.ne.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社デジタルホールディングス >
  3. オプト、販路のデジタルシフトを支援する「ECパートナーサービス」の提供を開始