【横浜市立図書館100周年】 記念式典とスタジオジブリプロデューサー 鈴木敏夫さんによる記念講演会を開催します

令和3年6月13日(日)開催。事前申込制による抽選

横浜市立図書館は令和3年6月に開業100周年を迎えます。これを記念して、市民の皆様、図書館の運営を支えてくださったボランティアの皆様等をお招きして記念式典・講演会を開催します。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、式典・講演会は会場の人数を制限し、オンライン配信を行います。


■式典・講演会概要
*日時 令和3年6月13日(日)午後1時30分 開演( 12時30分開場)午後4時終演予定
*会場 港南公会堂(港南区港南中央通10-1)
*定員 150名程度
※表彰者のご招待を除く人数。往復はがきによる事前申込制による抽選。

■記念講演会
高畑勲・宮崎駿両監督と共に、数々のアニメーション作品を送り出してきた鈴木敏夫さん。その基礎を作り、世界をひろげたのは映画、そして本でした。横浜が舞台の「コクリコ坂から」など、これまでに製作された作品にまつわる膨大な記録の中から、過去・現在・未来を紹介している『ALL ABOUT TOSHIO SUZUKI』。1冊の本を編む過程を共に歩まれた、編集者の永塚あき子さんとの対談です。


■申込方法

*日時 令和3年6月13日(日)午後1時30分 開演( 12時30分開場)午後4時終演予定
*会場 港南公会堂(港南区港南中央通10-1)
*定員 150名程度 ※表彰者のご招待を除く人数。往復はがきによる事前申込制による抽選。
*対象 横浜市在住の小学生以上の方 ※未就学児はご遠慮ください。
*申込方法 お一人につき、2名様までのお申込みができます。
【往復はがきによる申込み】次の事項を明記のうえお申込みください。
①郵便番号、住所、代表者氏名(ふりがな)、電話番号、希望人数(2名まで)
②返信用はがきに、郵便番号、住所、氏名
③手話・筆記通訳の希望、車いすでの来場の場合はその旨を明記してください。
【申込先】〒220-0032 横浜市西区老松町1 「横浜市中央図書館100周年事業担当」
【締切日】5月20日(木)消印有効
【抽選結果の発送】6月3日(木)発送予定 
※重複した申込は無効となります。条件を満たしていなければ、当選無効になる場合があります。
【注意点】 
・新型コロナウイルス感染症対策にご協力ください。予めご自宅等で検温をお願いいたします。発熱、風邪の症状がある、体調不良の場合は、ご来場をお控えください。当日、マスクの着用をお願いします。
・いただいた個人情報は本事業で使用するほか、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、必要な場合に限り、保健所などへ情報提供します。これらの目的以外で使用はいたしません。
・急な災害や新型コロナウイルス感染症の状況によっては、式典・講演会が中止になる可能性があります。
  中止または開催方法の変更の場合はホームページ等でお知らせするほか、申込時にご記入いただいた連絡先にご連絡します。
【問合せ先】横浜市中央図書館企画運営課 100周年事業担当 電話:045-262-7334
※取材を希望される場合は、事前にご連絡をお願いいたします。

■オンライン配信について
当日オンライン配信を予定しています。(電子申請による事前申込制)市内在住・在勤・在学の方を対象とします。
※Youtubeによる配信を予定していますが、都合により、音声のみの配信となる場合があります。ご了承ください。
詳細は決まり次第、図書館ホームページにてご案内します。

・市立図書館 100 周年記念サイト
 https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kyodo-manabi/library/100th/100th.html
 


<参考> 講演登壇者プロフィール
◆鈴木 敏夫(スタジオジブリプロデューサー)

1948年、名古屋市生まれ。慶応義塾大学文学部卒業後、徳間書店入社。『週刊アサヒ芸能』を経て、『アニメージュ』の創刊に参加。副編集長、編集長をおよそ12年務めるかたわら、「風の谷のナウシカ」「火垂るの墓」「となりのトトロ」などの高畑勲・ 宮崎駿作品の製作に関わる。1985年にスタジオジブリの設立に参加、1989年からスタジオジブリ専従。以後、「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「風立ちぬ」等、ほぼすべての劇場作品のプロデュース。現在、スタジオジブリ代表取締役プロデューサー。

◆永塚 あき子(『ALL ABOUT TOSHIO SUZUKI』編集者)
東京都出身。編集・デザイン会社で書籍や雑誌などの編集者として働いた後、2017年スタジオジブリに入社。アーカイブ業務に従事するかたわらで、時々出版業務に携わり、『トトロの生まれたところ』(岩波書店)、『ALL ABOUT TOSHIO SUZUKI』(KADOKAWA)を編集。


<参考> 横浜市立図書館は令和3(2021)年6月に開業100周年を迎えます
1921(大正10)年、横浜公園内の仮閲覧所で開業してから、100年もの長い間、市民の皆様と共に歩んでまいりました。
開業後、関東大震災による建物と蔵書の焼失、戦時中の複数回の移転と、図書館の苦難の時代がありました。
戦後は、高度経済成長期の人口増加、生涯学習の広がり、インターネットの普及など、社会が大きく変わり、図書館も、野毛の1館から18区すべてに作られ、図書館情報システムが稼働するなど、大きく変化しました。
横浜市立図書館は、これからも人と本をつなげ、人と人をつなげ、地域の情報を集め、地域の拠点としての役割を果たしていきます。

・市立図書館 100 周年記念サイト
 https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kyodo-manabi/library/100th/100th.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 横浜市 >
  3. 【横浜市立図書館100周年】 記念式典とスタジオジブリプロデューサー 鈴木敏夫さんによる記念講演会を開催します