配線マーキングの作業効率を向上するケーブルIDプリンター“MK5000/MK3000”を発売

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:足立正親、以下キヤノンMJ)は、キヤノンファインテックニスカ株式会社(代表取締役社長:吉武純一)製ケーブルIDプリンターの新製品として、配線マーキングの作業効率向上を支援する“MK5000/MK3000”を2021年11月中旬より発売します。

MK5000MK5000

MK3000MK3000

https://canon.jp/corporate/newsrelease/2021/2021-09/pr-mk5000-mk3000

 ケーブルIDプリンターは、電気設備の配電盤、設備機械や情報通信業におけるネットワーク配線などのケーブルに取り付ける、チューブやラベルなどに印字をする専用プリンターです。配電盤や制御盤には無数の配線や端子台が設置されており、それぞれどこに接続しているか判別しづらい場合があります。そのためメンテナンスなどを効率よく行うために、識別記号や番号などを印字します。近年では、さまざまな現場で効率的に作業を行うために、携帯型であるケーブルIDプリンターのニーズがより一層高まっています。
 このたび発売する“MK5000/MK3000”は、印字速度の向上と、より幅広いチューブ径への印字を実現しました。また、新たに充電池に対応することで、電源がない場所でも使用することが可能です。
 キヤノンMJは“MK5000/MK3000”により、現場での配線マーキングの作業効率向上を支援します。“MK5000/MK3000”の両機種で、年間5,000台の出荷を目指します。

■ 印字速度55本/分※1と分散印刷で高生産性を実現
 “MK5000”は、印刷処理プロセスを見直すことで、印字速度が従来機種※2より約30%向上し、55本/分※1を実現しました。
 さらに、付属のパソコンソフトウェア「MKデスクトップユーティリティー」をインストールすることで、1台のパソコンから最大3台のプリンターによる分散印刷が可能となり、より効率的な印字を実現します。
 ※1 チューブ長20㎜、文字数3mm全角5文字での印刷時
 ※2 従来機種:Mk2600
 
■印字可能なチューブ内径が拡大。最大φ10まで対応
 “MK5000/MK3000”は、印字可能なチューブ内径が拡大しました。PVCや熱収縮のチューブでは内径最大φ10の太径に対応し、より幅広い用途に使用できます。
 
■ 充電池による駆動で、現場での使いやすさを向上
 充電池(eneloop※3スタンダード単三形×6本)での駆動を実現し、電源の取れない場所での長時間作業が可能になりました。また、低温下でのチューブ硬化を防ぐ「チューブウォーマー※4」も、本体給電のためAC電源なしで使用可能です。
※3 エネループおよびeneloopはパナソニックグループの登録商標です。
※4 オプションです。

 

製品名 希望小売価格(税別) 発売日
MK5000 オープン価格 2021年11月中旬予定
MK3000 オープン価格 2021年11月中旬予定
 


<MK5000/MK3000の主な特長>
 
1. 高生産性を実現
 〇印刷処理プロセスを見直し、“MK5000”は55本/分、“MK3000”は35本/分の印字速度※1を実現
 〇1台のパソコンから最大3台のプリンターによる分散印刷が可能※2
 ※1 チューブ長20㎜、文字数3mm全角5文字での印刷時
 ※2 MK5000付属ソフトウエア使用時
 
2.対応チューブ径の拡大
 ○チューブ適用範囲をφ1.5の細径からφ10の太径まで対応
  ・チューブ(PVC):Φ1.5~Φ10
  ・チューブ(熱収縮):Φ1.5~Φ10
  ・フラットチューブ※3:Φ1.5~Φ6.5
 ※3 幅11.2㎜以下

 3.使い勝手の向上
 〇充電池での駆動で電源の取れない場所での長時間の作業が可能
  ・充電池使用時の連続印刷1000本を実現※4
  ・充電池駆動でもチューブウォーマーが使用可能
 〇150mリボンカセット採用により、交換の手間を軽減
 〇Bluetooth搭載で、スマートフォンから印刷が可能※5
 〇チューブをセットしたままリボン交換が可能
 〇チューブの自動送り出しにより、セットがスムーズ
 〇印字文字サイズ、位置調整の幅が0.1㎜単位で可能
 〇日英表示切り替え可能
 ※4 20mmピッチ、チューブウォーマー無し
 ※5 MK5000のみ対応。別途専用アプリのインストールが必要
 
4.チューブの無駄を削減
 〇適切位置でメディアをセットする自動搬送機能を採用し、無駄なメディアの消費を軽減
 〇印刷イメージを本体LCD画面で確認でき、印刷ミスでのやり直しや廃棄を防止

5.カット機能の充実
 〇チューブのハーフカット・フルカットに加え、記名板のフルカットが可能※6
 ※6 カッターの消耗度合いにより、交換が必要となる場合があります。
 
<ケーブルIDプリンターの市場動向>
 ケーブルIDプリンターは、国内において年間約7,000台の市場となっています。新型コロナウイルス感染拡大の影響で先行きは不透明なものの、再開発需要、好調業種の設備投資に支えられ、今後も安定的に増加していくものと見込んでいます。(キヤノンMJ調べ)

<“MK5000/MK3000”の主な製品仕様>

製品仕様の詳細は、ホームページをご参照ください。

https://cweb.canon.jp/cable-plate/cableprinter/lineup/mk5000-3000/

 

 

 

 


 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノンMJ >
  3. 配線マーキングの作業効率を向上するケーブルIDプリンター“MK5000/MK3000”を発売