【横浜市民ギャラリー】「新・今日の作家展2021 日常の輪郭」(9/18~10/10)開催!田代一倫と百瀬文の二人展

現代美術の展覧会。写真と映像による表現を紹介

横浜市民ギャラリー(横浜市西区)では「新・今日の作家展2021 日常の輪郭」が開催される。出品作家は、田代一倫と百瀬文。2021年9月18日(土)から10月10日(日)まで。入場無料。

左|百瀬文《Flos Pavonis》2021年 シングルチャンネルビデオ 約40分     右|田代一倫《ウルルンド》より、2017年 インクジェット・プリント左|百瀬文《Flos Pavonis》2021年 シングルチャンネルビデオ 約40分  右|田代一倫《ウルルンド》より、2017年 インクジェット・プリント

 「新・今日の作家展」は、横浜市民ギャラリーが開館した1964年から40年にわたり開催された「今日の作家展」を継承する展覧会。同時代の表現を多角的に取り上げ、幅広い世代の作家の作品を通して現代美術を考察してきた。

 
 コロナ禍のつづく2021年のテーマは〈日常の輪郭〉。写真と映像を主なメディアとして、撮る/撮られる、見る/見られるといった関係や、人々の間にある見えない境界を問いながら制作する2名の作家が紹介される。

 写真家の田代一倫(1980年生まれ)は、故郷・福岡を含む九州や韓国、東日本大震災以降の三陸や福島などを訪ね、それぞれの土地と人、地域性との新鮮な出会いから肖像写真を撮影してきた。
 美術家で映像を主なメディアとする百瀬文(1988年生まれ)は、人と人とのコミュニケーションの間に生じる欲望や抑圧、身体のあり方を主題に制作を展開している。

 出来事の複層性や、自己と他者との関係性のゆらぎをあらわす両者の作品は、なにげなく過ごしていた時間を想起させ、見慣れた環境や当たり前の物事を再認識させる。本展は、日常の曖昧な輪郭をとらえ「今日」に向き合うきっかけとなるだろう。

〈ポイント〉
  • 同時代の表現を多角的に取り上げ、現代美術を考察。
  • テーマは〈日常の輪郭〉。写真と映像による表現を通じて「今日」に向き合うきっかけに。
  • 田代一倫(写真家)と百瀬文(美術家)の新作を紹介。
 
展覧会URL:https://ycag.yafjp.org/exhibition/new-artists-today-2021/
 
  •  田代一倫の新作を含む3つのシリーズを展示

田代一倫《はまゆりの頃に》より、2011年 発色現像方式印画田代一倫《はまゆりの頃に》より、2011年 発色現像方式印画

田代一倫《ウルルンド》より、2017年 インクジェット・プリント田代一倫《ウルルンド》より、2017年 インクジェット・プリント

田代一倫《横浜》より、2021年 発色現像方式印画田代一倫《横浜》より、2021年 発色現像方式印画

 田代一倫が写すポートレートは、訪ねた先で出会った人に声をかけて撮影される。本展では、2011年春から2013年春までの間、東日本大震災の被災地を中心に写した《はまゆりの頃に》、韓国領で日本との国境付近にある鬱陵島(うつりょうとう)に生活する人々を撮った《ウルルンド》、そして港湾都市として発展してきた横浜で撮影した新作による、3つのシリーズ、約100点により展示が構成される。
 
  • 百瀬文のこれまでの映像作品と新作を合わせたインスタレーション

百瀬文《山羊を抱く/貧しき文法》2016年 シングルチャンネルビデオ 13 分50 秒百瀬文《山羊を抱く/貧しき文法》2016年 シングルチャンネルビデオ 13 分50 秒

百瀬文《Flos Pavonis》2021年 シングルチャンネルビデオ 約40 分百瀬文《Flos Pavonis》2021年 シングルチャンネルビデオ 約40 分

 百瀬文は近年、映像に映る身体の問題を扱いながら、セクシュアリティやジェンダーへの問いを深めるような制作を展開。本展では、これまでに制作された身体性について思考する作品と、コロナ禍で感じる抑圧や、人間と権力の関係に着目した新作《Flos Pavonis》を含む映像インスタレーションが生成される。
 

  • 出品作家
田代一倫 TASHIRO Kazutomo
1980年福岡県生まれ。九州産業大学卒業。2006年、写真家たちが運営するアジア フォトグラファーズギャラリーの設立、運営に参加。2009年、photographers′ galleryの運営に参加。主な個展に「2011-2020 三陸、福島/東京」(2021年、ふげん社/東京)、「2011-2020 三陸、福島/東京/新潟」(2020年、砂丘館/新潟)、「ウルルンド」(2017年、photographers′ gallery/東京)など。主なグループ展に「近くへの遠回り」(2018年、ウィフレッド・ラム現代芸術センター/キューバ)、「東京・TOKYO 日本の新進作家vol.13」(2017年、東京都写真美術館)、「歴史する! Doing history!」(2016年、福岡市美術館)など。写真集に『はまゆりの頃に 三陸、福島 2011〜2013年』(2013年、里山社)、『ウルルンド』(2017年、KULA)。

百瀬文 MOMOSE Aya
1988年東京都生まれ。2013年、武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了。主な個展に「I.C.A.N.S.E.E.Y.O.U」(2020年、EFAG East Factory Art Gallery/東京)、「サンプルボイス」(2014年、横浜美術館アートギャラリー1)など。主なグループ展に「彼女たちは歌う」(2020年、東京藝術大学 美術館陳列館)、「六本木クロッシング2016展:僕の身体、あなたの声」(2016年、森美術館/東京)、「アーティスト・ファイル2015 隣の部屋——日本と韓国の作家たち」(2015-2016年、国立新美術館/東京、韓国国立現代美術館)など。2016年度アジアン・カルチュラル・カウンシルの助成を受けニューヨークに滞在。
http://ayamomose.com
 
  • 展覧会概要
「新・今日の作家展2021  日常の輪郭」
会期:2021年9月18日(土)~10月10日(日)
休館日:9月20日(月・祝)
開館時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
会場:横浜市民ギャラリー展示室1、B1
入場料:無料
出品作家:田代一倫、百瀬文
主催:横浜市民ギャラリー(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団/西田装美株式会社 共同事業体)
URL:https://ycag.yafjp.org/exhibition/new-artists-today-2021/
 
  • 関連イベント
◆対談「身体の管理/抑圧と欲望の関係について」
百瀬文×清水知子(文化理論家/筑波大学准教授)
日時:9月25日(土)14:00~15:30
会場:横浜市民ギャラリー4階アトリエ

◆対談「肖像写真とスナップショット」
田代一倫×倉石信乃(写真批評家/明治大学教授)
日時:10月2日(土)13:30~15:00
会場:横浜市民ギャラリー4階アトリエ

※事前申込制、参加無料
※開催情報と参加方法の詳細は横浜市民ギャラリーホームページをご覧ください。

※新型コロナウイルス感染拡大状況、その他諸般の事情により、展覧会および関連イベントの内容が変更となる
 場合があります。

 
  • お問合せ先
横浜市民ギャラリー(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団/西田装美株式会社 共同事業体)
住所:〒220-0031 横浜市西区宮崎町26-1 
TEL:045-315-2828
FAX:045-315-3033
URL:https://ycag.yafjp.org/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団 >
  3. 【横浜市民ギャラリー】「新・今日の作家展2021 日常の輪郭」(9/18~10/10)開催!田代一倫と百瀬文の二人展