レール・ツー・レール入出力を持つ3MHz高精度ゼロドリフト・オペアンプを発表

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、温度安定性に優れた低入力オフセット電圧を特徴とする高精度デュアル・オペアンプ TSZ182を発表しました。同製品は、3MHzの利得帯域幅積とレール・ツー・レールの入出力を持ち、超小型のDFN8(2 x 2mm)パッケージまたはMini-SO8パッケージで提供されます。

チョッパー型オペアンプであるTSZ182は、幅広く利用されているSTのオペアンプ製品群を拡充し、生体信号モニタ、血糖値計、産業用センサ、工場自動化、ローサイド電流検出など、さまざまな装置の高精度化を実現します。

低いオフセット電圧(25℃時 : 25μV)によって、トリミング用の外付け部品を使わずに高分解能かつ高精度の測定を可能にするため、ボード面積の小型化と共に、生産工程での調整作業を削減することができます。さらに、オフセットの温度ドリフトが100nV/℃未満であるため、広い温度範囲で精度が維持され、定期的な自動較正が不要になります。これにより、設計が簡略化され、ユーザの利便性も向上します。

TSZ182は、2.2~5.5Vの電源電圧範囲とレール・ツー・レールの入出力という優位性を有しており、そのダイナミックレンジを最大限に活用しています。3MHzの利得帯域幅積により、広い帯域で安定した周波数応答が得られます。また、最大動作電流がわずか1mA(5V駆動時)であるため、バッテリの長寿命化に貢献します。

TSZ182の動作温度範囲は-40℃~125℃と幅広く、屋外や産業用途などの過酷な環境下でも使用できます。来月には、車載用の認定を取得した製品(TSZ1821IYST)も入手可能になる予定です。同品種は、単純なワイパー・モジュールから自動運転システムまで、さまざまなシステムで高精度なセンサ信号コンディショナとして使用できます。

TSZ182は現在量産中で、Mini-SO8パッケージまたはDFN8(2 x 2mm)パッケージで提供されます。単価は、1000個購入時に約0.97ドルです。

詳細については、 http://www.st.com/tsz182-pr をご覧ください。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2015年の売上は69.0億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st.com )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
アナログ & MEMS製品グループ
TEL : 03-5783-8250 FAX : 03-5783-8216
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. STマイクロエレクトロニクス >
  3. レール・ツー・レール入出力を持つ3MHz高精度ゼロドリフト・オペアンプを発表