赤ちゃん絵本の名手・とよたかずひこが描く「たいそう絵本シリーズ」最新作がついに発売!

2020年2月21日(金)発売『はじまるよ はじまるよ』

株式会社世界文化社(東京都千代田区九段北/代表取締役社長:鈴木美奈子)は、たいそう絵本シリーズ最新作『はじまるよ はじまるよ』を2月21日(金)に発売いたします。

絵本『はじまるよ はじまるよ』は「ももんちゃんシリーズ」をはじめ、赤ちゃん絵本で数々の名作シリーズを生み出している、とよたかずひこ氏が「わらべうた」や「手遊び」をテーマに描いた「たいそう絵本シリーズ」の3作目です。 ♪はじまるよ はじまるよ はじまるよったら はじまるよ・・・・・・。このリズミカルなメロディを耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか? 人気の手遊び歌が楽しいおはなしになった本作。忍者、ねこさん、たこさんなど、子どもたちの大好きなキャラクターがたくさん登場します。お話を読んで、歌って、親子で一緒に「たいそう」をして、幾通りにも楽しみが広がることが魅力の作品です。

◆手あそび歌「はじまるよ はじまるよ」振り付け動画◆


講演会やおはなし会で全国を飛び回る、著者のとよたかずひこ氏自身は、子どもたちの前で歌ったり踊ったりすることは意外にも、気恥ずかしさから苦手意識があるそう。そんな著者が「手遊び・たいそう」の力を感じた場面とは・・・・・・?

◆とよた かずひこ氏コメント
親の意向で私の講演会に連れてこられている、めんこいお子たち。1時間半も耐えられるわけありません。途中で主催者の方にお願いして手遊びをしてもらいます。これがウケるんだな(苦笑)。お子たち、喜々として手遊びたいそうに興じます。とよたのジイ様、再登場のタイミングに窮しています。

子どもたちとふれあう中で、「手遊び・たいそう」の威力を感じていた著者。このシリーズには「“親子いっしょに”お話も手遊びもくり返し楽しんでほしい」という、思いが込められています。


 


<著者プロフィール> 
とよたかずひこ

宮城県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。作品に「うららちゃんののりものえほん」シリーズ・「はなしかけえほん」シリーズ(アリス館)、「ぽかぽかおふろ」シリーズ(ひさかたチャイルド)、「ももんちゃんあそぼう」シリーズ・「おいしいともだち」シリーズ(童心社)など多数。

 

<刊行概要>
『はじまるよ はじまるよ』
■発売 :2020年2月21日(金)
■定価 :850円+税
■発行 :株式会社 世界文化社
※一部書店により発売日が異なります。



◆「たいそう絵本シリーズ」の紹介

『あがりめさがりめ』『あがりめさがりめ』

 

 

『きんぎょさんとめだかさん』『きんぎょさんとめだかさん』

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社世界文化社 >
  3. 赤ちゃん絵本の名手・とよたかずひこが描く「たいそう絵本シリーズ」最新作がついに発売!