これまで15万株のサンゴを海に移植!沖縄のサンゴ養殖の第一人者に密着…12/5(日)BACKSTAGE(バックステージ)

12月5日(日)よる11:30放送 『BACKSTAGE』、今回のテーマは「サンゴで沖縄の海を綺麗にする!サンゴ養殖家に密着」

私たちの何気ない日常のバックステージには、いつも懸命に働く人たちが・・・。よく知っている仕事から、初めて目にする仕事まで、さまざまなジャンルのプロフェッショナルが“挑戦”する姿に密着する『BACKSTAGE』。MCの武井壮とともに働く人たちの“こだわり”や“仕事愛”を浮き彫りにしていきます!

沖縄の美しい海に広がるサンゴ。海の生物の25パーセントが住み処にするなど重要な存在として生息するサンゴが、地球温暖化の影響で大量に死んでいるのをご存知ですか?今回は、ここ数年で世界中の50%が死んだと言われるサンゴを救うため、立ち上がった男性に密着!映画『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』で岡村隆史さんが演じたサンゴ養殖の第一人者、金城浩二さんの想像を超えた仕事の舞台裏とは・・・?年収3000万円の生活を捨て、1億円の借金を背負ってまで続けてきた活動。その熱い想いに迫ります!

23年もの間サンゴ養殖の研究をしている金城さんが働くのは、沖縄本島の中部、読谷村(よみたんそん)に位置する『さんご畑』。施設内7箇所の養殖池で120種類以上を育て、毎年100万匹を超えるサンゴが生まれています。これまでおよそ15万株を海に移植しました。

植物だと思われがちなサンゴは、実は触手を使ってプランクトンなどを食べて生きる動物。種類によっては数千年生きるものもあるなど、まだまだ生態がわからないため、養殖は試行錯誤の連続・・・。番組では、切り取ったサンゴの枝をクローンとして育てる方法と、卵を産ませて育てる方法の2種類を詳しく紹介します。

後者の過程では、コロナ禍で研究をする時間がたっぷり出来たことが功を奏し、この夏、幼生が好む穴の形状を見つけて“意図した場所に根付かせる”ことに成功した金城さん。ひとつの岩に幼生が密集してしまうと、成長の途中で争って死んでしまうため、幼生が好む穴の形状を見つけ、ほど良い間隔で根付かせる必要がありました。金城さんが作ったプラスチック板の4つの穴に、幼生がすーっと入っていく様子を記録した貴重な映像は必見です!

さらに、8年前にもある出来事をきっかけに、常識を覆す歴史的な発見をしていました。サンゴが起こした奇跡、「ミラクルコーラル」とは・・・?

 

また、1年前に入社した26歳の男性や、13年間金城さんとサンゴを守る活動を続けている化粧品メーカー『コーセー』のスタッフも登場。サンゴと金城さんについて、それぞれの想いを語ります。

飲食店を経営し、年収3000万円の生活を捨てて1億円の借金を背負いながらサンゴを守る活動をはじめた金城さん。最後に、その転機となった母親のある言葉を聞かせてくれました。
【BACKSTAGE 12/5OA「サンゴで沖縄の海を綺麗にする!サンゴ養殖家に密着」PR動画】

【放送日】2021年12月5日(日)

【時間】よる11:30
【MC】武井壮
【ゲスト】高田秋
【テーマ】サンゴで沖縄の海を綺麗にする!サンゴ養殖家に密着
【番組HP】https://hicbc.com/tv/backstage/?ref=pr
CBCテレビ製作/TBS系全国28局ネット
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CBCテレビ >
  3. これまで15万株のサンゴを海に移植!沖縄のサンゴ養殖の第一人者に密着…12/5(日)BACKSTAGE(バックステージ)