「Tokyo Metro ACCELERATOR 2020」を実施いたします!

11月19日(木)エントリー開始、2021年3月1日(月)に最終審査を実施

 東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)では、パーソルイノベーション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 広敏)が運営するオープンイノベーションプラットフォームAUBA(代表:中村 亜由子)の協力のもと、オープンイノベーションプログラム「Tokyo Metro ACCELERATOR 2020」を今年度も実施いたします。
 今年度のプログラムは、「ポストコロナも『選ばれる鉄道会社へ』」というコンセプトのもと、「東京の魅力・活力を引き出す新規事業創出」、「鉄道事業の進化」をテーマとしています。2020年11月19日(木)に専用WEBサイト上(https://eiicon.net/about/tokyometro2020/)でのエントリーを開始し、2021年3月まで3度にわたる審査を行い、審査を通過した企業と事業検証等を通して事業展開を検討していきます。

 なお、「Tokyo Metro ACCELERATOR」は2016年度から毎年度実施し、これまで最終審査を通過した13社と事業提携や事業検証を実施してまいりました。昨年度までの「Tokyo Metro ACCELERATOR」に関する概要は東京メトロニュースレター「Tokyo Metro ACCELERATOR」編(https://www.tokyometro.jp/corporate/newsletter/metroNews20201119_l80.pdf)をご確認ください。

 東京メトロは「東京を走らせる力」をグループ理念として、東京に集う人々の生活や経済活動を支える存在として、鉄道事業を中心に、様々な事業に取り組んでいます。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、生活・社会が大きく変化し、予測できない状況下であるからこそ、選ばれる鉄道会社になるために「安心な空間」、「パーソナライズド」、「デジタル」の3つのキーワードを軸にさらなる価値を創造していきます。未来の東京を共に走らせる、共創アイデアをお待ちしております。



「Tokyo Metro ACCELERATOR 2020」詳細

1 概要
東京メトログループの保有する経営資源と社外のアイデア・技術を組み合わせ、共創を通じた新規事業創出や鉄道事業の進化を目的とします。本プログラムでは以下のコンセプト及びコンセプトに基づいた7つの募集テーマを設定いたします。

【コンセプト】
 ポストコロナも「選ばれる鉄道会社へ」

【募集テーマ】


2 東京メトロが提供する経営資源
・豊富な顧客接点
・事業検証フィールド・データ提供
・首都圏でのPR機会
・パートナー・資金提供

3 プログラムの特徴
東京メトロ選抜メンバーが社内コーディネーターとして参画します。スタートアップ、プログラム事務局、業界や会社の特性に精通した社内コーディネーターの3者で実現可能性の高い事業アイデアを構想し、新たな価値を創造します。

4 スケジュール
 エントリー開始  2020年11月19日(木)
 最終応募締切   2020年12月14日(月)
 一次選考(書類) 2020年12月中旬
 二次選考(面談) 2020年12月下旬~2021年1月上旬
 最終審査会    2021年3月1日(月)

5 応募要項
・法人登記がなされていること。企業規模は問わない。
・プロダクトや技術をお持ちであること。
・単発的な施策ではなく、継続的に取り組んでいくテーマをお持ちであること。

6 エントリーサイト
「Tokyo Metro ACCELERATOR 2020」専用WEBサイト(https://eiicon.net/about/tokyometro2020/

7 最終審査会通過特典
提案内容について速やかな事業検証を目指し、その後は具体的な事業化等の検討を進めます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京メトロ >
  3. 「Tokyo Metro ACCELERATOR 2020」を実施いたします!