岡田健史が表紙を飾る『GQ JAPAN』5月号、「東京ストリート・ビート2021」ファッション大特集。アジアを席巻する「ボーイズラブ」の特集も

『GQ JAPAN』2021年5月号(3月25日発売)

『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン発行)の最新号(3月25日(木)発売)では、「東京ストリート・ビート2021」と題して春夏の最新ファッションを大特集。Z世代のカリスマ、眞栄田郷敦、佐野玲於、窪塚愛流、高橋文哉、一ノ瀬颯、吉井添、Hiyadamの7人が、東京ストリートで最新ファッションを着こなす。表紙には、俳優・岡田健史が登場。第44回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞し、今年は、大河ドラマ『青天を衝け』にも出演するなど、スターへの階段を全速力かつ一段飛ばしで駆け上がってきた彼が、『GQ JAPAN』だけに語ったインタビューとフォトシュートは必読・必見だ! また、第2特集は、「アジアを席巻する『ボーイズラブ』入門」と題し、男性同士の親密な関係や恋愛をファンタジックに描く「ボーイズラブ(BL)」ジャンルを取り上げる。『チェリまほ』や『2gether』など、熱狂の渦中にある俳優や作品を中心にBLの魅力を掘り下げる!

『GQ JAPAN』2021年5月号 Photographed by TAKAKI_KUMADA © 2021 CONDÉ NAST JAPAN. All rights reserved.『GQ JAPAN』2021年5月号 Photographed by TAKAKI_KUMADA © 2021 CONDÉ NAST JAPAN. All rights reserved.

■【COVER STORY】俳優・岡田健史「茶色いブーツを履いて行くんだ」
2018年のデビュー以来、俳優として最前線を走り続けている岡田健史が、俳優を志すきっかけやファッションへのこだわりなど、いまの心の内をたっぷり語ったロングインタビューに、渋谷から青山、表参道をめぐるオープンデッキのバスの上で行われたフォトシュートが競演する。

■Z世代のカリスマたちと最新ファッションとが奏でる「東京ストリート・ビート2021」
乱立する様式、土俗と洗礼、和と洋、新と旧……。あらゆる要素が折衷し、せめぎ合い、東京ファッションの変わらぬビートを打つ。Z世代のカリスマ、眞栄田郷敦、佐野玲於、窪塚愛流、高橋文哉、一ノ瀬颯、吉井添、Hiyadamの7人が、旧くて新しいトーキョーのビートに乗って、最新のファッションを着こなす。ラストを飾るのは、NIGO®×高橋盾の対談だ!

■アジアを席巻する「ボーイズラブ」入門
日本発の「ボーイズラブ(BL)」カルチュアがアジアで花開き、ドラマを中心に一大ブームを巻き起こしている。男性同士の親密な関係や恋愛、そして性愛を描く女性向けジャンルであった「BL」が、なぜここまでメジャーになったのか? 『チェリまほ』の町田啓太や『2gether』のブライト&ウィンのインタビューをはじめ、必見BLドラマガイド、最新BL漫画&小説紹介まで、BLの魅力を語る、感じる、掘り下げる!

■今こそ“孤独のグルメ”
「少人数で」&「静かに」という食事スタイルが推奨される今、孤食、黙食、独酌といったスタイルを切り開いた先駆者たちに、コロナ禍を経ていっそう光る『孤独のグルメ』の作法を訊いた。飲食店のみなさんへの、孤独のグルマンからの、密かなエールである。

■女優・水原希子の新境地
女優として10年目を迎えた水原希子が最新作に選んだのが、4月15日にNetflixで世界配信される映画『彼女』だ。愛する人のために殺人を犯すという難役を、水原はどう演じたのか。

■ その他『GQ JAPAN』2021年5月号の主な内容は以下の通り
・【ENTERTAINMENT】音楽とテクノロジーを使って会話する、マット・キャブを知っている?
・20代デザイナーズを選りすぐって紹介:「若き才能の服」
・三宅健が語る美の秘策「丁寧に自分と向き合う」
・Z世代の車好きが熱弁!次に乗り替えるなら、この1台かな

【GQ JAPAN】
1957年に米国で創刊し、現在21の国と地域で発行する、クオリティ・ライフスタイル誌『GQ』の日本版。Globalな視点で物事を考えるIndependentな男性の24時間365日の情報源として、2003年に創刊。知性・品性・感性を備え、本質にこだわる男性のためのライフスタイル誌として、幅広い層から支持を得ている。時代に影響を与える各界の男性たちを毎年年末に表彰する「GQ MEN OF THE YEAR」も好評。
編集長:鈴木正文(すずき まさふみ) / 発売:25日 / 価格:880円 / 発行:コンデナスト・ジャパン

■ GQ JAPANウェブサイト https://gqjapan.jp
■ Instagram https://www.instagram.com/gqjapan/
■ Twitter https://twitter.com/GQJAPAN
■ Facebook https://www.facebook.com/GQJAPAN
■ YouTube https://www.youtube.com/user/GQJAPAN
■ TikTok https://www.tiktok.com/@gqjapan

【コンデナストについて】
コンデナストは、Vogue、The New Yorker、GQ、Glamour、AD、Vanity Fair、Wiredなどの象徴的なブランドを擁したグローバルメディア企業です。同社の受賞歴を誇るコンテンツは、印刷物で7,200万人、デジタルで3億4,400万人、ソーシャルプラットフォームで4億5,100万人の消費者に届けられ、毎月10億回以上の動画視聴を得ています。同社はニューヨークとロンドンに本社を置き、世界中の現地ライセンスパートナーとの提携のもとに、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、ラテンアメリカ、ロシア、スペイン、台湾、英国、米国を含む世界32の市場で事業を展開しています。2011年に発足したCondé Nast Entertainment(CNÉ)は、映画、テレビ、ソーシャルビデオ、デジタルビデオ、バーチャルリアリティにわたるプログラミングを作成する、数々の賞を受賞した制作および配信スタジオです。コンデナスト・ジャパンは、1997年の設立以来、20年以上にわたりハイクオリティーでプレミアムなコンテンツを発信してきました。1999年に創刊した『VOGUE JAPAN』をはじめ、『GQ JAPAN』『WIRED』日本版、『VOGUE Girl』『VOGUE Wedding』を日本で展開しています。雑誌、デジタルマガジン、ウェブサイトでのコンテンツ発信に加え、「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT(FNO)」「VOGUE JAPAN Women of the Year」、そして「GQ Men of the Year」では、強力なエクスペリエンス(体験)をオーディエンスの皆様に提供しています。また、日本市場の複雑なニーズと絶え間なく変化するメディア環境に対応するため、2014年にホワイトレーベル・クリエイティブ事業「Condé Nast Creative Studio」をローンチし、2020年1月にはこれをフルサービス・クリエイティブ・エージェンシー「CNX」としてリブランディングしました。2016年にはビデオコンテンツを扱う「Condé Nast Video」事業を立ち上げ、映像事業領域でもプレミアムプレーヤーとしていち早く活動を開始しました。さらに、Gen Zに向けた新たなプロジェクト「Rumor Me」やCondé Nast Social Talent Agencyを2019年に立ち上げ、ソーシャルメディア、次世代のクリエイティブ・インフルエンサーとの事業を開始しています。

■ コンデナスト・ジャパン 公式サイト:www.condenast.jp
■ 公式LinkedIn:www.linkedin.com/company/condenastjapan
■ コンデナスト・グローバル 公式サイト:condenast.com
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. コンデナスト・ジャパン >
  3. 岡田健史が表紙を飾る『GQ JAPAN』5月号、「東京ストリート・ビート2021」ファッション大特集。アジアを席巻する「ボーイズラブ」の特集も