スキャナーと「AI OCR」で紙文書の入力業務効率化を支援する ドキュメントスキャナー「AI OCRクラウドサービスキャンペーン」を実施

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:足立正親、以下キヤノンMJ)は、ドキュメントスキャナー「imageFORMULA」におけるキャンペーンとして、キヤノンMJグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤 明、以下 キヤノンITS)が提供するクラウド型AI OCRソリューション「CaptureBrain」により紙文書の入力業務効率化を支援する、ドキュメントスキャナー「AI OCRクラウドサービスキャンペーン」を2021年10月28日から実施します。

https://cweb.canon.jp/imageformula/campaign/aiocr/

■ドキュメントスキャナー「AI OCRクラウドサービスキャンペーン」
テレワークをはじめとした働き方改革の加速に伴い、企業では業務プロセスの見直しによる生産性向上が課題となっており、その中で紙文書の電子化の重要性がますます高まっています。
また人工知能(AI)の進化により、その技術が帳票業務の効率化や自動化にも応用され、昨今では帳票に書かれた手書き文字を自動認識する「AI OCR」が注目を浴びています。
そこでキヤノンMJは、キヤノンMJグループのキヤノンITSが提供するクラウド型AI OCRソリューション「CaptureBrain(キャプチャーブレイン)」のリリース1周年を記念し、紙文書の電子化を検討しているお客さまに向けた、ドキュメントスキャナー「AI OCRクラウドサービスキャンペーン」を実施します。
本キャンペーンでは、「CaptureBrain」の30日間無料トライアル期間中にご利用いただける、利用権利(エントリー)を倍増して提供します。
キヤノンMJは、スキャナーとAI OCRにより、お客さまの紙文書の入力業務効率化を支援します。

■キャンペーン内容
・特典内容:対象商品をご購入のお客さまに、「CaptureBrain」の30日間無料トライアル期間中に利用できるエントリー数を倍増して提供。
・対象商品:DR-G2140、DR-G2110、DR-M260
・対象台数:先着500台
・対象期間:2021年10月28日(木)~2022年1月31日(月)
※期間内でも、対象台数に達し次第予告なくキャンペーンを終了する場合があります。

■お申し込み方法
1.製品同梱チラシに記載されている「無料トライアル申込フォーム」からお申し込みください。
2.お申し込み後、ユーザーID およびパスワードが送付されますので、その翌日よりご利用開始となります。

■「CaptureBrain」とは
「CaptureBrain(キャプチャーブレイン)」は、キヤノンMJグループのキヤノンITSが開発・提供しているクラウド型AI OCRソリューションです。
手書き帳票などお客さまのOCR対象帳票を「CaptureBrain」へアップロードすることで、予め登録しておいた帳票情報から自動的に帳票種別を判別し、OCR処理を実行します。

・「CaptureBrain」製品説明ホームページ
https://www.canon-its.co.jp/products/capturebrain/

<imageFORMULA DR-G2140 /G2110の主な特長>
 “DR-G2140”は毎分140枚、“DR-G2110”は毎分110枚の高速スキャンを実現(A4ヨコ、200dpi時)しています。自治体、金融、医療、運輸、教育機関など、大量の書類を管理、処理する企業や団体において紙文書の電子化業務を効率化することが可能です。

 

製品名 価格(税別)
imageFORMULA DR-G2140 112万円
imageFORMULA DR-G2110 84万円

 

<imageFORMULA DR-M260 の主な特長>
デスクサイドやカウンターでの業務を考慮した小型ボディーでありながら毎分片面60枚、両面120面(A4タテ、200dpi時)の高速スキャンと80枚(80g / m2紙)の大容量給紙による高い生産性を実現しています。

 

製品名 価格(税別)
imageFORMULA DR-M260 12万円

 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノンMJ >
  3. スキャナーと「AI OCR」で紙文書の入力業務効率化を支援する ドキュメントスキャナー「AI OCRクラウドサービスキャンペーン」を実施