「第18回京都現代写真作家展 受賞者記念展」を12月14日から京都文化博物館で開催

府内最大の公募写真展の受賞作家による力作が勢揃い!

京都府と京都現代写真作家展実行委員会では、昨年開催した京都現代写真作家展の受賞者8名による記念展を12月14日から京都文化博物館で開催いたします。入場は無料です。ぜひお越しください。

 

「mother capture」キリコ「mother capture」キリコ

■会期       
令和4年12月14日(水)~18日(日)  
10時~18時(最終日は17時閉場)
※18日(日)15時~16時に受賞者等によるギャラリートークを予定(当日受付・無料)

■会場   
京都府京都文化博物館  5階第1展示室 (京都市中京区三条高倉東片町623-1)

■入場料
無料

■出品者  

200名・497作品の応募の中から、第18回京都現代写真作家展(令和3年12月開催)で各賞を受賞した8名による展覧会です。
〈大賞〉キリコ
〈準大賞〉やまもとひさよ
〈優秀賞〉大内 康司(おおうち やすし)、小林 達也(こばやし たつや)、鈴木 直史(すずき ただし)

〈新鋭賞〉荒木 翔(あらき しょう)、池坊 専宗(いけのぼう せんしゅう)、飛岡 諒(とびおか りょう)

※第18回京都現代写真作家展 京都写真ビエンナーレ2021
・府内最大の公募写真展として令和3年12月15日(水)~19日(日)に京都文化博物館で開催(隔年開催)
・京都府内に居住、勤務、在学されている方、または府内で作品発表等の活動実績のある方を対象に、令和3年8月30日(月)~9月13日(月)に作品を募集。
・200名・497作品の応募の中から、大賞1点、準大賞1点、優秀賞3点、35歳以下対象の新鋭賞3点の計8点を選定・表彰
 

  • 主催
京都府・京都現代写真作家展実行委員会

  
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 京都府 >
  3. 「第18回京都現代写真作家展 受賞者記念展」を12月14日から京都文化博物館で開催