モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」を全69駅に設置します!!

2022年度末までに全駅設置!

京王電鉄株式会社(本社:東京都多摩市、取締役社長:都村 智史、以下「京王電鉄」)、株式会社INFORICH(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長:秋山 広宣、以下「INFORICH」)は、外出時のさらなる充電ニーズに応えるため、モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」を2022年度末までに京王線・京王井の頭線の全69駅に設置します。



モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」は、外出時にスマートフォン等の充電が不足した際に、専用アプリから近くのバッテリースタンドを探して手軽にバッテリーを借りられ、別のバッテリースタンドに返却ができるサービスです。

外出先や最寄り駅など様々なタイミングでいつでもどの駅でも充電・返却が可能になります。今後とも、お客さまに鉄道をより便利に快適にご利用いただくとともに、震災時はバッテリーを無料貸出し(震度6以上)、無料開放(震度7以上)する事で防災への取り組みや社会利便性の向上を図ってまいります。

詳細は下記のとおりです。

1.モバイルバッテリーシェアリングサービスChargeSPOT全69駅設置について
(1)設置  京王線・京王井の頭線全69駅に順次設置
        ※現在、37駅に設置済み

(2)設置完了時期  2022年度末

 
.お客様のお問い合わせ先
京王お客さまセンター
TEL.042-357-6161(平日9:00~18:00)
ChargeSPOTサポートセンター
TEL.03-4500-9213(24時間365日対応)

以 上

【参考1】モバイルバッテリーシェアリングサービスChargeSPOTについて
(1)概 要  ChargeSPOTは「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに2018年4月からサービスを開始し、全国の駅、空港、商業施設や飲食店、コンビエンスストア、公共施設などを中心に設置場所を拡大し、現在では全国に約35,000箇所以上(そのうち都内が10,000箇所)にバッテリースタンドが設置されています。専用アプリから近くのバッテリースタンドを探してバッテリーを借り、別のスタンドに返却することができます。
※バッテリーは全国のどの「ChargeSPOT」でも貸出・返却可能です。
※「ChargeSPOT」1台につき、バッテリーは最大20個収容できます。

)利用方法
①専用アプリをインストールし、アカウントの登録をします。
※詳細はINFORICH公式HPhttps://inforich.net/ をご確認ください。
②アプリでバッテリースタンドの場所を検索し、ご利用になるバッテリ―スタンドへ向かいます。
③表示されているQRコードを読み取ります。バッテリースタンドのスロットから出てくるモバイルバッテリーを取り出し、対応するケーブルを接続すれば、移動中に様々なデバイスの充電をすることができます。
④アプリで最寄りのバッテリースタンドを検索し、空いているスロットにモバイルバッテリーを差し込むことで返却は完了です。

 


)利用料金  
30分未満は165円、6時間未満は330円、24時間未満は480円、48時間未満は660円でレンタルできます。その後最大5日間(120時間)まで1日(24時間)330円で利用できます。
※レンタル開始後120時間(5日間)を超えた場合、合計3,300円(利用料、違約金1,650円を含む)の支払い義務が発生します。
 


)決済方法  
①クレジットカード(JCB/Visa/Mastercard/Amex/Diners Club)
②キャリア決済(d払い/ソフトバンクまとめて支払い/auかんたん決済)
③Paidy
④PayPay
⑤Merpay
⑥Apple Pay
⑦LINE Pay(LINE版ChargeSPOTのみ)

)震災時のバッテリー無償提供について
震度6以上の地震が起きた場合、バッテリーを48時間無料貸出しいたします。震度7以上の地震が起きた場合、バッテリーを無料開放いたします。
※ご利用の際は、アプリのインストールが必要となります。





  
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 京王電鉄株式会社 >
  3. モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」を全69駅に設置します!!