横浜美術館は休館中も活動中!

大規模改修工事中は、美術館を飛び出し活動します!

 

1989年の開館から30余年を経た横浜美術館は、このたび、初めての大規模改修工事を行うこととなりました。休館中は美術館から舞台を移し、この秋より、さまざまな活動を行います。

ひとつめは、横浜美術館より徒歩7分の仮拠点「PLOT 48」に宿を借り、施設内のスタジオなどで、創作講座やレクチャーを展開する「やどかりプログラム」。
ふたつめは、横浜美術館のスタッフが、横浜市内18区の文化施設や公共施設などを訪問し、レクチャーや体験講座をお届けする「横浜[出前]美術館」。
これらに加え、将来活躍が期待される若手作家をご紹介する「New Artist Picks」や、ご自宅などでも楽しんでいただける、オンラインを活用したプログラムやコンテンツも、引き続き充実させてまいります。
2023年度の再開館に向け準備を進めると共に、休館中だからこそ!の特別なプログラムに取り組んでまいります。
※すべての活動は、横浜市のガイドラインに基づき、新型コロナウイルス感染症対策を行った上で実施いたします。
※新型コロナウイルス感染症拡大などの状況により、中止・延期・変更となる場合がございます。
 
  • 仮拠点で横浜美術館オリジナルの豊かな体験を!「やどかりプログラム」

横浜美術館より徒歩7分の仮拠点「PLOT 48」。この、横浜美術館改修工事中の仮拠点内に構えるスタジオを中心に、創作講座やレクチャー、ボランティアによる活動を展開します。

気軽に創作活動に参加できる1日講座からしっかり取り組める連続講座まで、横浜美術館のエデュケーターがオリジナルプログラムをご用意。クリエイティブな思考を養い、創作に親しむ機会をお届けします。
また、休館中の市民協働活動も開始します。約1年半の間、3つのチームに分かれ、美術館の柱でもあるコレクションや美術館の建物の魅力をボランティアの視点で探求し、発信していく活動を行います。

※プログラムは決定次第、順次、横浜美術館ウェブサイトにてお知らせいたします。
https://yokohama.art.museum/education/temporary/index.html

※「やどかりプログラム」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、当面は「PLOT 48」からのオンライン配信を主軸とした活動となりますが、状況を見極めつつ「PLOT 48」での開催を検討してまいります。

 

【PLOT 48(横浜美術館仮拠点)】
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい4-3-1
みなとみらい線(東急東横線直通)新高島駅〈2番出口〉から徒歩7分
横浜市営地下鉄(ブルーライン)高島町駅〈2番出口〉から徒歩7分

 

  • レクチャーや体験講座を横浜18区津々浦々へお届け!「横浜[出前]美術館」

みなとみらいに位置する横浜美術館。横浜市内や首都圏をはじめ、多くの方に親しまれていますが、まだまだ市内のすべての方に、アートの魅力をお伝えすることができていない!そんな想いから生まれたプログラム、その名も「横浜[出前]美術館」。

学芸員やエデュケーターが美術館から飛び出し、市内の文化施設や公共施設にお邪魔し、レクチャーや体験講座をお届けします。そのほか、学校や若者支援施設でのプログラムも予定しています。

 みなとみらいエリアまでは、なかなかお出かけできない方も、美術館はちょっと敷居が高いと感じている方も、お近くの施設で開催される「アート入門講座」で一歩を踏み出してみませんか。
「横浜[出前]美術館」は、2021年9月から2023年の横浜美術館休館期間に、横浜市内18区すべてに訪問予定です。

※プログラムは決定次第、順次、横浜美術館ウェブサイトにてお知らせいたします。
https://yokohama.art.museum/education/outreach/index.html
2021年度[出前]予定
9月 [青葉区] 横浜市民ギャラリーあざみ野[実施終了]           
10月 [栄区]    栄区民文化センターリリス[参加受付終了] 
12月 [西区]      横浜市民ギャラリー
12月 [磯子区]   磯子区民文化センター杉田劇場  
1月 [鶴見区] 鶴見区民文化センターサルビアホール   
2月 [戸塚区] 戸塚区民文化センターさくらプラザ        
3月 [金沢区] 長浜ホール 
※その他数ヵ所程度を予定。
 
  • 若手作家支援プログラム「New Artist Picks」


横浜美術館では、将来活躍が期待される若手アーティストを紹介する小企画展「New Artist Picks(NAP)」を、2007年からアートギャラリーなどの館内の展示スペースで開催してきました。

 横浜美術館の休館中は、展覧会活動はしばらくお休みとなりますが、「New Artist Picks(NAP)」は特別版として、若手アーティストの創作活動を継続的に紹介します。
これまで以上に多くの人が美術に出会える場を創出すべく、今年度は2022年春に展開予定です。
 
  • もっと楽しむ!横浜美術館
コレクション作品に関わる映像の配信や、オンラインを活用したワークショップを開催!
ステイホーム中もおうちでアートに親しんでいただけるようにと、昨年度さまざまな形で取り組んだオンラインプログラム。今年度は、コレクション作品の技法をご紹介する「どんな技法?」、作品の細部をご紹介する「じっくり見る この一点」などの映像に加え、大規模改修工事に向けた「作品の移動」を記録した映像なども制作しました。オンラインを通じて、みなさんと「つながる」ワークショップも登場。お楽しみに。

 


休館中の活動を、さまざまなメディアでお伝えします!
横浜美術館の休館中の活動は、ウェブサイト、メールニュース、ブログなどの美術館の媒体や、Twitter、Facebook、YouTubeなどの公式アカウントでもお伝えしていきます。
じっくり読んでいただく連載企画や、公式noteも、この秋開始。休館中も、引き続き横浜美術館をフォローしてください。
横浜美術館公式note:https://yokohama-art-museum.note.jp/
 
●横浜美術館[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]
〒220-0012
横浜市西区みなとみらい3-4-1
Tel.045-221-0300  | Fax.045-221-0317
※大規模改修工事のため休館中
横浜美術館ウェブサイト    https://yokohama.art.museum/
「休館中も活動中」特設サイト https://yokohama.art.museum/special/temporary/

●横浜美術館 仮事務所(PLOT 48)
〒220-0012
横浜市西区みなとみらい4-3-1
Tel.045-221-0319  | Fax.045-221-0317 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団 >
  3. 横浜美術館は休館中も活動中!