「忍者ベアー」が2.5次元パフォーマンスにチャレンジ!

インバウンド&地方創生事業のために開発された新たな忍者キャラクターに新展開

 株式会社テレビ東京コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:押田 裕一、以下:TXCOM)、株式会社クオン (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:水野 和寛、以下:クオン)、空気株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:木綿 達史、通称:KOO-KI)の3社は、インバウンド及び地方創生事業のために開発したキャラクター「忍者ベアー」の新展開として、2018年5月13日に山形県長井市で開催される「けん玉の日2018 in 長井」にて2.5次元パフォーマンス(*)を初披露します。

「忍者ベアー」概要及び2.5次元パフォーマンスについて
 「忍者ベアー」は、TXCOM、クオン、KOO-KIの3社がインバウンド、地方創生事業のために開発した忍者のキャラクターです。Facebookメッセンジャースタンプにて全世界8,000万ダウンロードを記録しており、海外で認知が高い逆輸入型のキャラクターとなっています。2017年は千葉県のインバウンド映像(アニメ)、北九州市の地方創生施策のPRキャラクターに起用されました。

 「忍者ベアー」は、ストーリーの中で、インターナショナル忍者幼稚園に通い、立派な忍者になるために日本、世界の仲間たちと日々修行をしています。登場キャラクターは日本の伝統的な玩具をアイテムで持っており、主人公である「忍者ベアー」が「けん玉」を使っていることから、今回の「けん玉の日2018 in 長井」とのコラボレーションに至りました。

 当日は、2.5次元化した「忍者ベアー」が「けん玉」と「アニメ」「音楽」を融合させたパフォーマンスにて、幅広い世代の方に楽しんで頂けるステージを行います。また、ご当地キャラクター「バーニック・ナガイ」とのコラボレーションも予定しております。

 公式サイト : http://ninja-bear.com/
 公式Facebookページ : https://www.facebook.com/bear.ninjabear/
「けん玉の日2018 in 長井」について : https://www.gloken.net/jp/blog/201804161603/


今後の展開
 パフォーマンスの改良に加え、関連商品開発を並行して行い、インバウンド、地方創生の文脈で活用できるイベントへとブラッシュアップさせてまいります。

(*)2.5次元パフォーマンス
イラストやアニメの2次元の世界と実際の人間・実写による3次元の世界の狭間を指すパフォーマンスを言います。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. テレビ東京グループ >
  3. 「忍者ベアー」が2.5次元パフォーマンスにチャレンジ!