イベント管理ソフトウェア市場ーソフトウェア別(会場管理、イベント登録、発券、イベント計画など)、サービス別、展開の種類別、組織の規模別、エンドユーザー別、および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.が「イベント管理ソフトウェア市場ー世界的な予測2030年」の新調査レポートを2021年08月02日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-109061

イベント管理ソフトウェア市場は、2022年に110.6億米ドルの市場価値から、2030年までに238.5億米ドルに達すると推定され、予測期間中に11.6%のCAGRで成長すると予想されています。

この市場の成長は、イベントの開催に関連する全体的な活動を計画および管理するためのソフトウェアのニーズの高まりによって推進されています。イベントのより良い広告に役立つソーシャルメディアプラットフォームなどのデジタルプラットフォームのアプリケーションの増加も、市場の成長に貢献しています。イベントから実用的なビジネス洞察を得るための需要の増大も、市場の成長を後押ししています。グローバル市場での競争の激化につれ、マーケターは実用的な洞察を得るためにデータを活用しようと絶えず努力しています。イベント管理ソフトウェアを使用すると、マーケターはリアルタイムデータの利益を活用して、組織の成長を管理するために必要なイベントから実用的なビジネス洞察を抽出できます。さらに、スマートフォンの使用の増加、およびソーシャルメディアの概念により、イベント管理ソフトウェア市場の成長が促進されています。

しかし、既存のシステムまたはERPやSalesforceなどのソフトウェアパッケージへのソフトウェアの統合の問題は、イベント管理ソフトウェア市場の成長の主要な制約の1つです。

市場セグメント

イベント管理ソフトウェア市場は、ソフトウェア別(会場管理、イベント登録、発券、イベント計画、イベントマーケティング、分析、およびレポート)、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)、展開の種類別(クラウド、オンプレミス)、組織の規模別(中小企業(SME)、大企業)、エンドユーザー別(イベント主催者・企画者、企業、政府、教育、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

ソフトウェアに基づいて、イベント登録セグメントは、予測期間中に主要な市場規模を保持すると予想されます。

イベント登録ソフトウェアは、現在の市場環境で非常に急速に勢いを増しています。この成長は、企業がソフトウェアを介して参加者を登録することの利点を認識し、参加者にオンライン登録を提供しているという事実によるものです。これには、組織がビジネスでの支払い回収プロセスを自動化および簡素化するのに役立つ支払い処理が含まれています。また、これは、登録者の種類、クーポン、登録日、一括登録に基づいて価格をカスタマイズします。

展開の種類に基づいて、オンプレミスセグメントは、予測期間中に主要な市場規模を保持すると予想されます。

オンプレミス展開とは、リモート施設ではなく、組織のオンプレミスにアプリケーションをインストールすることを指します。オンプレミスソフトウェアは、1回限りのライセンス料とサービス契約で提供されます。この展開には巨大なインフラストラクチャと独自のデータセンターが必要であるため、このコストを負担できる組織は通常、オンプレミスソフトウェアを展開します。したがって、中小企業(SME)は、ホスト型ソリューションとオンプレミスソリューションのどちらを選択するかというジレンマに直面することがよくあります。

地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米は、予測期間中に主要な市場規模を保持すると予想されます。北米には、スマートフォンやクラウドプラットフォームなどの新しいテクノロジーの採用に利点があります。北米の企業は、技術の進歩に積極的に投資しています。安定した経済、技術の強化、およびより良いインフラストラクチャは、北米のイベント管理ソフトウェア市場の成長を推進する要因です。イベントの開催とイベントを開催するための効果的な計画への支出は、この地域のさまざまな組織にとって大きな問題となっています。イベント管理の運用効率を改善する必要性から、組織はイベント管理ソフトウェアを採用するようになりました。これらの要因は、この地域の市場の成長に貢献すると予想されます。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
市場の主要なキープレーヤー

イベント管理ソフトウェア市場の主要なキープレーヤーには、Eventbrite(米国)、Cvent(米国)、XING Events(ドイツ)、ACTIVE Network(米国)、etouches(米国)、EMS Software(米国)、Ungerboeck Software International(米国)、SignUpGenius(米国)、Certain(米国)、 Social Tables(米国)、Eventmobi(カナダ)、Hubb(米国)、Babylon Software Solution(マケドニア)、Regpack(米国)などがあります。この調査には、イベント管理ソフトウェア市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/event-management-software-market/109061

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. イベント管理ソフトウェア市場ーソフトウェア別(会場管理、イベント登録、発券、イベント計画など)、サービス別、展開の種類別、組織の規模別、エンドユーザー別、および地域別ー世界的な予測2030年