販売・請求管理SaaS『Scalebase』を提供するアルプ株式会社、SaaS管理プラットフォーム『マネーフォワード IT管理クラウド』を導入

マネーフォワードi株式会社は、販売・請求管理SaaS『Scalebase』を提供するアルプ株式会社が、SaaS管理プラットフォーム『マネーフォワード IT管理クラウド』を導入したことをお知らせします。あわせて、導入事例インタビューを公式WEBサイトに公開しました。

 

マネーフォワードiは、『マネーフォワード IT管理クラウド』の提供を通じて、企業のSaaS活用におけるセキュリティ・ガバナンスの担保とデジタル活用の両立を推進し、ビジネスを支援してまいります。
 

  • 導入の背景

アルプでは契約中のSaaSと利用者をチェックリストで管理していましたが、退職時にチェックリスト通りにアカウントが削除されているか都度確認する必要があり、業務負荷がかかっていました。また、セールスや開発など部署毎に個別に契約したサービスを、リアルタイムに把握することが困難という課題がありました。
これらの課題を解決するにあたって、SaaSを一元で管理できるツールの必要性を感じ、『マネーフォワード IT管理クラウド』の導入を決定しました。
 

  • アルプからのコメント(導入事例インタビューより)

アルプ株式会社 CTO室長 相野谷 直樹 様
『マネーフォワード IT管理クラウド』はアカウントを手動で入力することなく、自動で最新の情報が同期してくれるので、アカウントの棚卸しや、利用SaaSの可視化に対する課題が解消しました。特に、シャドーITの検知※1 も良い機能だと思います。把握できていなかったサービスを自動的に表示してくれるので、利用状況を速やかに把握することができるようになりました。
『マネーフォワード IT管理クラウド』の導入で、今まで以上にコアの業務にリソースを集中することができ、事業の成長にはずみをつけることができていると感じています。

※1 システム管理部門による把握や管理が及んでいないSaaSのこと

<導入事例紹介ページ>
URL:https://i.moneyforward.com/resources/thealp
 

  • SaaS管理プラットフォーム『マネーフォワード IT管理クラウド』について

『マネーフォワード IT管理クラウド』は、マネーフォワードグループのコアテクノロジーであるアカウントアグリゲーション※2基盤を活用し、”SaaSの家計簿”のようにSaaSの一元管理を可能にするSaaS管理プラットフォームです。100以上のSaaSに連携することでSaaS管理を容易にするほか、シャドーITの検出や退職者や不要になったアカウントを検知・通知・削除まで一気通貫で処理することができます。さらに今後は、SaaSのコスト管理やコスト削減提案機能なども提供予定です。
URL:https://i.moneyforward.com/

※2  APIまたはスクレイピングを用いて、データの取得を行うこと。

<SaaSベンダーの方から連携に関するお問い合わせ先>
bizdev@i.moneyforward.com

<ホワイトペーパー「SaaS管理ガイド2022」のダウンロード>
URL:https://i.moneyforward.com/saas_mgmt_guide
 

  • マネーフォワードi株式会社について

名称 :マネーフォワードi株式会社
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長 今井義人
事業開始:2021年2月
事業内容:『マネーフォワード IT管理クラウド』(https://i.moneyforward.com/)の開発・提供
株主 :株式会社マネーフォワード(100%)

※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マネーフォワード >
  3. 販売・請求管理SaaS『Scalebase』を提供するアルプ株式会社、SaaS管理プラットフォーム『マネーフォワード IT管理クラウド』を導入