マイクロセグメンテーション市場ーコンポーネント別(ソフトウェアとサービス)、セキュリティの種類別、サービス別、組織の規模別、展開の種類別、業種別および地域別ーグローバル予測2030年

SDKI Inc.は、マイクロセグメンテーション市場の新レポートを2021年08月02日に発刊しました。この調査には、マイクロセグメンテーション市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-109040

マイクロセグメンテーション市場は、2022年に2,038.7百万米ドルの市場価値から、2030年までに9,666.9百万米ドルに達すると推定され、予測期間中に24.9%のCAGRで成長すると予想されています。

技術の進歩、接続されたデバイスへのランサムウェア攻撃の増加、およびセキュリティ仮想化とクラウドコンピューティングの使用の増加は、世界のマイクロセグメンテーション市場の成長に貢献する主な要因です。また、ネットワーク接続とデータ盗難の増加、および安全なサードパーティアクセスを維持する必要性は、マイクロセグメンテーション市場の成長をさらに促進すると予想されます。COVID-19パンデミックは、予測期間中に市場の成長を促進すると予想されます。Covid-19のパンデミックにより、いくつかの業界では、ビジネスのセキュリティに関して大きな変化が見られました。これは、マイクロセグメンテーション市場の成長に大きな影響がありました。さらに、サイバー犯罪のいくつかのケースが観察されています。人口統計のあらゆる部分がCOVID-19やコロナウイルスなどの名前で登録された悪意のあるドメイン名を使用してCOVID-19に関連する情報を検索しているため、サイバー脅威が増加しています。

しかし、高度なセキュリティソリューションの高コスト、および限られたセキュリティ予算は、マイクロセグメンテーション市場の成長を制限する主な要因です。

市場セグメント

マイクロセグメンテーション市場は、コンポーネント別(ソフトウェアとサービス)、セキュリティの種類別(ネットワークセキュリティ、データベースセキュリティ、アプリケーションセキュリティ)、サービス別(マネージドサービス、プロフェッショナルサービス)、組織の規模別(中小企業(SME)、大企業)、展開の種類別、業種別(政府と防衛、BFSI、ITと電気通信、ヘルスケア、小売、製造、エネルギーとユーティリティ、その他)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

業種に基づいて、銀行、金融サービス、および保険(BFSI)セグメントは、予測期間中にマイクロセグメンテーション市場で最大なCAGRで成長すると予想されます。

ラテンアメリカおよびAPAC地域では、BFSI業種が最大なCAGRを目撃すると予想されます。このセクターは、処理およびトランザクションテクノロジーを継続的にアップグレードしており、内部および外部の両方の脅威に対して運用を最適化するためのエンドツーエンドのセキュリティソリューションを必要としています。スマートバンキング、インターネットバンキング、モバイルバンキングなどの機能を備えたBFSIの業種では、サイバーセキュリティを優先する必要があります。業界の技術的進歩はサイバー犯罪者を魅了しています。業界は、アプリケーション、データ、およびネットワークのセキュリティを維持する上で深刻な課題に直面しています。攻撃者は、ウイルス、スピアフィッシング、マルウェア、およびその他のサイバー攻撃でBFSIITインフラストラクチャを標的にしています。したがって、業界はセキュリティインフラストラクチャを継続的にアップグレードしています。

地域概要

アジア太平洋地域は大幅な成長を目撃することが期待されており、マイクロセグメンテーション市場で最も急成長している地域であると予測されています。APACは、新しいテクノロジーの高度でダイナミックな採用を目撃しています。APAC諸国の政府はマイクロセグメンテーションサービスの研究開発(R&D)に継続的に投資しているため、APAC地域の市場は最も急成長している市場の1つになると予想されます。また、ITランドスケープの増加は、この地域の市場の成長を後押ししています。さらに、セキュリティのアップグレードに対する需要の高まり、とセキュリティポリシーを標準化するための政府の取り組みは、この地域のマイクロセグメンテーション市場の成長ドライバーです。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

市場の主要なキープレーヤー

マイクロセグメンテーション市場の主要なキープレーヤーには、VMware(米国)、Cisco(米国)、Unisys(米国)、vArmour(米国)、Juniper Networks(米国)、OPAQ Networks(米国)、Nutanix(米国)、Cloudvisory(米国)、GuardiCore(イスラエル)、ExtraHop(米国) )、ShieldX Networks(US)、Bracket Computing(US)などがあります。この調査には、マイクロセグメンテーション市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/microsegmentation-market/109040

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. マイクロセグメンテーション市場ーコンポーネント別(ソフトウェアとサービス)、セキュリティの種類別、サービス別、組織の規模別、展開の種類別、業種別および地域別ーグローバル予測2030年