位置情報ビッグデータを活用し、「テレワーク・デイズ 2018」の効果測定を実施

~東京23区合計で約41万人の通勤者減少を確認~

株式会社コロプラ(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 馬場功淳、以下 コロプラ)は、KDDI株式会社(以下 KDDI)が受託した総務省の「ビッグデータを活用したテレワーク・デイズ2018 の効果測定に関する請負」(注1)に協力し、位置情報ビッグデータを活用した効果測定を実施いたしました。
本効果測定にあたり、KDDIが保有する位置情報ビッグデータ(注2)をもとに、コロプラがお客さまの動態分析を進め、株式会社福山コンサルタントが各種助言を行うという役割をそれぞれ担当しました。

本効果測定は、東京23区内のお客さまの動態データから、テレワーク・デイズ期間外(2018年7月9日~13日)とテレワーク・デイズ期間内(2018年7月23日~27日)の通勤者数を約500m 区画単位で可視化し比較しました。本効果測定の結果、「テレワーク・デイズ2018」期間中(2018年7月23日~27日)で延べ約41 万人の通勤者が減少したことを確認することができました。

(注3)

特に通勤者が減少したTOP3 エリアは、1位が丸の内、2位が豊洲、3位が品川という結果となりました。

本効果測定の結果は本日、総務省にて開催した「テレワーク・デイズ2018 報告会」(注4)のテレワーク・デイズ2018 の実施結果に関する報告で紹介されました。

コロプラは、今後も位置情報ビッグデータを有効に活用し、交通環境整備に加え、観光振興、防災対策などに貢献することで人々の生活の利便性向上に取り組んでまいります。

(注1)   テレワーク・デイズ2018(https://teleworkdays.jp/
(注2)   位置情報ビッグデータとは、KDDIがauスマートフォンユーザー同意の下で取得し、誰の情報であるかわからない形式に加工した位置情報データおよび属性情報 (性別・年齢層) のことです。
(注3)   「Location Trends」は、KDDIが有する位置情報ビッグデータを用いてコロプラへ分析を委託し作成した「位置情報ビッグデータ分析レポート」サービスの総称を指します。性年代属性付きで移動軌跡が追える国内最大規模のビッグデータパネルであることに加えて、分析エリアは100m四方単位から分析可能でかつ数分間隔で移動ログを蓄積しており独自ロジックにより移動目的を識別し、観光客や通勤客の行動を抽出することができる人口動態調査サービスです。施設単位の来訪者特徴、滞在時間、周遊状況などが把握できます。
https://www.location-trends.com/
(注4)   テレワーク・デイズ2018 報告会
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000213.html

【株式会社コロプラ 会社概要】
社名  :株式会社コロプラ http://colopl.co.jp
所在地 :東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー11F
設立  :2008年10月1日
資本金 :6,490百万円(2018年6月末日時点)
代表者 :代表取締役社長 馬場功淳
事業内容:スマートフォンアプリを中心とした
     国内・海外向けモバイルゲームサービスの提供
     VR(仮想現実)デバイス向けサービスの提供
     位置情報分析コンサルティング、スマートフォン特化型リサーチ等、
     その他サービスの提供
公式Facebook:https://www.facebook.com/coloplinc/

【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社コロプラ コーポレート統括本部 経営企画部 広報・IRグループ
http://colopl.co.jp/contact/pr/

※コロプラおよびコロプラロゴは、株式会社コロプラの登録商標です。
※その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。
  1. プレスリリース >
  2. コロプラ >
  3. 位置情報ビッグデータを活用し、「テレワーク・デイズ 2018」の効果測定を実施