ソニーミュージック“Order Made Vinyl”サイト連載『私が欲しいレコード』第13回に鈴木慶一が登場!

ソニー・ミュージックダイレクトのアナログ専門レーベルGREAT TRACKSが提供する、ファンリクエストによるアナログ・リリース・プロジェクト“GREAT TRACKS Order Made Vinyl”公式サイトにて展開中の、アナログ盤の魅力をレコード・ラヴァーで知られる各界著名人たちが綴るリレー連載コラム『私が欲しいレコード』の第13回が本日公開された。

今回はムーンライダーズを始め多彩かつ幅広い活動で知られるミュージシャン、鈴木慶一が執筆。1月27日に「MOTHER MUSIC REVISITED」を日本コロムビアより、2月10日に「MOTHER 2 ギーグの逆襲」オリジナル・イメージ・アルバム(アナログLP)をソニー・ミュージックダイレクトよりそれぞれ発売する鈴木慶一さんご自身が選ぶ「私が欲しいレコード」は・・・?ぜひ本文にてお楽しみ頂きたい。

連載コラム『私が欲しいレコード』掲載
“GREAT TRACKS Order Made Vinyl”公式サイト
http://www.GREAT-TRACKS.com/

“GREAT TRACKS Order Made Vinyl”では現在全19タイトルをリリース、2タイトルが発売決定、3タイトルがエントリー中。皆さんの予約数で発売が決定するシステムとなっているので、ぜひチェックの上でご予約を検討して頂きたい。

●鈴木慶一

1951年 東京生まれ
1970年頃より音楽活動を開始し、あがた森魚、はっぴいえんど等のサポート、また数多くの録音セッションを経験する。
1972年に、"はちみつぱい"を結成。日本語によるロックの先駆的な活動を展開しアルバム『センチメンタル通り』をリリース。はちみつぱい解散後に、ムーンライダーズを結成し1976年アルバム『火の玉ボーイ』でデビュー。
バンド活動の傍ら膨大なCM音楽、アイドル、演歌など幅広い楽曲提供とプロデュース、『Mother/Mother2』などのゲーム音楽に関わり、人々に大きな影響を与えている。
映画音楽では北野武監督の『座頭市』、『アウトレイジビヨンド〜最終章〜』で日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。今敏監督の『東京ゴッドファーザーズ』でシッチェス国際映画祭最優秀音楽賞を受賞した。
2015年に音楽家生活45周年を迎え、東京メルパルクホールで記念ライヴ(チケットはソールドアウト)を行なった。
俳優としての顔も持ち映画やドラマへの出演も多数。

1月27日発売「MOTHER MUSIC REVISITED」
日本コロムビアウェブサイト
https://columbia.jp/artist-info/suzukikeiichi/

2月10日発売「MOTHER 2 ギーグの逆襲」オリジナル・イメージ・アルバム
otonanoウェブサイト
https://www.110107.com/MOTHER
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ソニー・ミュージックダイレクト >
  3. ソニーミュージック“Order Made Vinyl”サイト連載『私が欲しいレコード』第13回に鈴木慶一が登場!