「ウレぴあ総研」「ハピママ*」「うまいめし」等5サイトへ「PR TIMES」プレスリリース掲載を開始、 さらに、ニュース記事の生産性を高めるシステム連携

〜 各メディアジャンルに適した企業リリースを掲載、 さらにリリースデータを編集部CMSへ収蔵して最新ネタを書きやすい編集環境に 〜

[トピックス]
・ぴあ運営の「ウレぴあ総研」「ハピママ*」「うまいめし」「Character Japan」「funDOrful」へプレスリリース掲載を開始 
・「PR TIMES」プレスリリース素材(本文やビジュアル)を、「ウレぴあ総研」編集部は記事投稿システムから使用可能 
・PR TIMESパートナーメディアは総計104メディアに 

 株式会社PR TIMES(所在地:東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証マザーズ:3922)は2017年6月28日(水)より、「PR TIMES」に掲載するプレスリリースを、ぴあ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢内廣、東証一部:4337)が運営するトレンド&ライフスタイル情報サイト「ウレぴあ総研」「ハピママ*」「うまいめし」「Character Japan」「funDOrful」へ提供・掲載を開始したことをお知らせいたします。
 また同時に、「ウレぴあ総研」編集部が利用するCMSへ、ニュース記事の素材となる「PR TIMES」プレスリリースデータを自動ストックするシステム連携を開始することで、最新ネタを書きやすくニュース記事の生産性を高める編集環境を両社で整えました。
(※CMS・・・コンテンツ・マネジメント・システム。Webサイトのコンテンツ作成・管理を行うシステム。)
 

◆上場企業32%が利用するプレスリリース配信サービス「PR TIMES」
  https://prtimes.jp/
 

トレンド&ライフスタイル情報サイト「ウレぴあ総研」
http://ure.pia.co.jp/
トレンドニュース from PR TIMES
http://ure.pia.co.jp/category/prtimes-trend
 

◆ママ向けメディア「ハピママ*」
http://sp.ure.pia.co.jp/a/mama/
ママニュース from PR TIMES
http://ure.pia.co.jp/category/prtimes-mama
 

◆グルメメディア「うまいめし」
http://sp.ure.pia.co.jp/a/umai-meshi
グルメニュース from PR TIMES
http://ure.pia.co.jp/category/prtimes-gourmet
 

◆アニメディア「Character Japan」
http://sp.ure.pia.co.jp/a/character_japan
アニメニュース from PR TIMES
http://ure.pia.co.jp/category/prtimes-anime
 

DOスポーツメディア「funDOrful
http://sp.ure.pia.co.jp/a/fundorful
健康・スポーツニュース from PR TIMES
http://ure.pia.co.jp/category/prtimes-sports

 今回の連携により、各メディアジャンルに適した企業リリースがタイムリーに掲載されるほか、「ウレぴあ総研」編集部は、記事投稿システムのデータベースに「PR TIMES」経由のプレスリリース素材(本文やビジュアル)が既に収蔵された状態から、必要なデータをスムーズに記事に引用することができるため、ネタ探し・素材入手・記事投稿システム入稿のコストが大幅にカットされ、記事生産性が高まります
 同時に「PR TIMES」の素材が記事に採用される確率も自然と高まることが想定され、最新のトレンド&ライフスタイルニュースを取り扱う「ウレぴあ総研」への情報提供を積極的に行いたいと考える企業広報担当者にとって、「PR TIMES」を介するプレスリリース配信は効果的なアプローチとなります。
 
  • ウレぴあ総研」の記事ネタデータベースへ最新プレスリリース素材を自動提供

 「ウレぴあ総研」ではこれまでもトレンド情報を記事掲載していましたが、トレンド分析・情報収集、素材入手、記事執筆、入稿作業など、多くの工数において手動運用が必要となっていました。トレンド情報記事の増産の必要性を感じながらも、生産コストが膨らんでしまうという現実がありました。
 そこで「ウレぴあ総研」では、あらかじめ記事素材を記事投稿システムのデータベースに取り込んでおくことで運用を一部自動化する構想を持ち、良質で豊富なトレンド情報を有する「PR TIMES」とのデータベース連携に取り掛かりました。企業情報がニュースとして生活者に届く機会の最大化を目指していた「PR TIMES」と双方にメリットがあったことから、開発連携を進め、記事素材データを自動ストックするシステム連携の実現に至りました。

 「ウレぴあ総研」記事投稿システムには、タイムリーかつ自動的にプレスリリース素材が収蔵された状態となり、そこから自由に記事編集や画像選択が可能となるため、情報収集、素材手配、記事執筆、入稿作業の大幅なコスト圧縮となり、これまでよりずっと記事生産性を高めることができます。
 
  • PR TIMESパートナーメディア104媒体に

 今回の提携により、「PR TIMES」パートナーメディアは総計104メディアとなりました。
 PR TIMESはこれからも、外部メディアとの連携を図りながら、生活者に伝わるルート開拓を追求することで、より広範なステークホルダーへ企業情報を伝えてまいります。


【「ウレぴあ総研」媒体概要】

URL: http://ure.pia.co.jp/
「ウレぴあ総研」は、エンタメ、ディズニー、ファミリー、グルメ、恋愛、アニメから面白ネタまで満載のニュース&コラム型情報メディアで、月間2,200万PVを突破しました。動的なターゲットメディア、特集生成機能(機能名:Annex)機能により、「ハピママ*」「うまいめし」「Character Japan」「funDOrful」などを多数構築。嗜好性の高いテーマをより深く、濃く、多角的にとらえ、ユーザーにささる記事提供を目指します。
また、同社が構築するデータマーケティングプラットフォーム「PIA DMP」と完全連動。「チケットぴあ」の約1,700万人の会員データ、購買データを統合したデータ基盤に強みを持つメディアです。

【「PR TIMES」について】

URL:https://prtimes.jp/
「PR TIMES」は、2007年4月のサービス開始より、報道機関向けの発表資料(プレスリリース)をメディア記者向けに配信する機能と、「PR TIMES」およびパートナーメディアに掲載する機能をセットで提供してまいりました。利用企業数は2017年6月に18,000社に到達、国内上場企業32.3に利用いただいています。サイトアクセス数も伸張しており、2016年9月には初の700万PVを突破し月間738万PVを記録しました。配信プレスリリース本数も増加しており、2017年3月は過去最高の月間8,262本を記録しています。大企業からスタートアップ、地方自治体まで導入・継続しやすいプランと、報道発表と同時に生活者にも閲覧・シェアしてもらえるコンテンツ表現力を支持いただき、成長を続けています。


【株式会社PR TIMES会社概要】

会社名 : 株式会社PR TIMES  (東証マザーズ 証券コード:3922)
所在地 : 東京都港区南青山2-27-25オリックス南青山ビル3F
設立 : 2005年12月
代表取締役 : 山口 拓己
事業内容 : プレスリリース配信サービス「PR TIMES」(https://prtimes.jp/)の運営
 オンライン上で話題化を図るデジタルPRの戦略立案・実施
 ソーシャルメディアユーザーのためのモニターサービス「conecc」(https://conecc.jp/)の運営
 ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」(https://blogtimes.jp/)の運営
 カスタマーサポートツール「Tayori」(http://tayori.com/)の運営
URL : http://prtimes.co.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社PR TIMES >
  3. 「ウレぴあ総研」「ハピママ*」「うまいめし」等5サイトへ「PR TIMES」プレスリリース掲載を開始、 さらに、ニュース記事の生産性を高めるシステム連携