ブルガリを纏い、エディス・ボウマンとプリヤンカー・チョープラーが第74回英国アカデミー賞に登場

英国のDJでありテレビのプレゼンターでもあるエディス・ボウマンが英国アカデミー賞(BAFTA)の授賞式に纏ったのは、古代ギリシャ・ローマ時代より「英知」や「永遠」のシンボルとして人々を魅了した蛇を模したブルガリのアイコン「セルペンティ(イタリア語で蛇)」のイヤリング、ブレスレット、リングでした。


インドの女優であり、モデルのプリヤンカー・チョープラーはターコイズ、タンザナイト、ダイヤモンドをあしらった ソートワール、満ち溢れるディーヴァの輝きをイメージした「ディーヴァ ドリーム」のイヤリング、「セルペンティ」のリングをレイヤードに重ね、着用しました。



お問い合わせ先:ブルガリ ジャパン 03-6362-0100  https://www.bulgari.com/ja-jp/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ブルガリ ジャパン株式会社 >
  3. ブルガリを纏い、エディス・ボウマンとプリヤンカー・チョープラーが第74回英国アカデミー賞に登場