3Dスキャナー市場ーオファリング別(ハードウェアとソフトウェア、アフターマーケットサービス)、タイプ別、範囲別、製品別、アプリケーション別、業界別、および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.は、3Dスキャナー市場の新レポートを2021年08月03日に発刊しました。この調査には、3Dスキャナー市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-108560
3Dスキャナー市場は、2022年に50.8億米ドルの市場価値から、2030年までに85.9億米ドルに達すると推定され、予測期間中に7.8%のCAGRで成長すると予想されています。
 

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/3d-scanner-market/108560

高度な医療に対する意識の高まり、モデリングと分析のために大量の3Dデータをキャプチャする必要性の高まり、品質管理と検査アプリケーションに対する需要の高まりは、3Dスキャナー市場の成長を推進する主な要因です。さらに、複合現実(MR)、モノのインターネット(IoT)などの初期のトレンド、および自動車製造と航空宇宙設計におけるウェアラブルデバイス間の関連性の高まりが、市場の成長を促進すると予想されます。これらのテクノロジーの統合により、インタラクティブで没入型のエクスペリエンスが強化される可能性があります。ポータブルで洗練された3Dスキャナーによって補完される高度なウェアラブルデバイスの数が増えると、人間とテクノの相互作用がより没入型で現実的になり、製造プロセスに付随する可能性があります。しかし、3Dスキャンの低コストの代替品の可用性は3Dスキャナー市場の成長を抑制する可能性があります。

市場セグメント

3Dスキャナー市場は、オファリング別(ハードウェアとソフトウェア、アフターマーケットサービス)、タイプ別(レーザー、構造化照明)、範囲別、製品別(三脚取り付け、固定CMMベース、ポータブルCMMベース、デスクトップ)、アプリケーション別(品質管理と検査、リバースエンジニアリング、ラピッドプロトタイピング、顔/体のスキャン)、業界別(自動車、ヘルスケア、航空宇宙と防衛、建築と建設、エネルギーと電力など)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

アプリケーションに基づいて、品質管理と検査セグメントが2016年の3Dスキャナー市場で最大のシェアを占めました。自動車および航空宇宙・防衛は、3D計測が品質管理と検査アプリケーションに使用される主要な産業です。3Dスキャナーは、車両工場のすべての領域で精度と精度を確保し、自動車部品、パワートレイン部品、および車両の全身を検査することにより、自動車業界でますます使用されています。

業界に基づいて、自動車セグメントが2016年に3Dスキャナー市場で最大のシェアを占めました。光学3Dスキャン技術は、自動車業界で品質管理と検査アプリケーションに広く使用されており、製造されたコンポーネントが指定された許容レベル内にあることを確認します。光学3Dスキャナーは高速で柔軟性があり、自動車の厳しい生産要件を満たすことが証明されています。これにより、このセグメントの成長が牽引すると予想されます。

地域概要

アジア太平洋地域(APAC)の3Dスキャナー市場は、2022ー2030年の間に高率で成長すると予想されています。APACは、3Dスキャナー市場に大きな成長の機会を生み出しています。この地域は、3Dスキャンアプリケーションの大きな可能性を秘めている中国やインドなどの発展途上国で構成されています。この地域の市場の成長を推進する主な要因には、エンジニアリングおよびインフラストラクチャプロジェクトの数の増加、より良い、より迅速な回復を確実にするためのカスタムインプラントの優先度の増加、およびこの地域での歯科修復手術の数の増加が含まれます。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

市場の主要なキープレーヤー

3Dスキャナー市場の主要なキープレーヤーには、Hexagon AB(スウェーデン)、FARO Technologies、Inc.(米国)、Nikon Metrology NV(ベルギー)、Trimble Inc.(米国)、Topcon Corporation(日本)、3D Systems Corporation(米国)、3D Digital Corporation(米国)、 Perceptron Inc.(米国)、Kreon Technology(フランス)、Carl Zeiss OptotechnikGmBH(ドイツ)、Shapegrabber(カナダ)、Fuel 3D(英国)、Arctec 3D(ルクセンブルグ)、Capture 3D(カリフォルニア)、Creaform、Inc.(カナダ)などがあります。この調査には、3Dスキャナー市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-108560

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 3Dスキャナー市場ーオファリング別(ハードウェアとソフトウェア、アフターマーケットサービス)、タイプ別、範囲別、製品別、アプリケーション別、業界別、および地域別ー世界的な予測2030年