プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

Orchard Enterprises NY, Inc
会社概要

THE CHARM PARKが2年ぶりとなる4th フルアルバムをリリース

“実はあの曲もTHE CHARM PARK”CMや映画の主題歌など日常のふとしたシーンで耳にすることができるTHE CHARM PARKのワークが詰まった2年ぶりのフルアルバムがついに完成! 

The Orchard Japan

宅録による繊細な音作りとアグレッシヴなライブとのギャップでリスナーを魅了し続けるポップス職人THE CHARM PARKが11月17日(金)に2年ぶりのフルアルバムを配信リリースすることが決定した。この2年間に手掛けてきたCMや企業のキャンペーンソング、映画の主題歌など多くのメディアで取り扱われてきた楽曲に今回、初収録となる書き下ろし音源4曲を加えたボリューミーな内容となっております。基本的には自宅スタジオでほとんどの演奏をチャーム自身がまかないつつ、ジャンクフジヤマや赤い靴(神谷洵平、東川亜希子)などの客演を迎えて、彩り豊かな作品集に仕上がっている。

 ohashiTrio & THE CHARM PARK LIVE TOUR 2023決定

 

今年も大橋トリオとTHE CHARM PARKによるライブ「ohashiTrio & THE CHARM PARK LIVE TOUR 2023」が12月3日の大阪・Billboard Live OSAKAを皮切りに6箇所全8公演が開催されます。ビルボードライブでは会員を対象としたチケット先行予約を11月4日12:00より受け付け開始。

 

作品概要

アーティスト:THE CHARM PARK

タイトル: THE CHARM PARK II

リリース日:2023年11月17日(金)

レーベル : StyleBook

 

1. Make it Better

2. Fushigi

3. Lovers in Tokyo

(feat. ジャンクフジヤマ)

4. Slow Down

5. Be Okay

6. Nothing #1

(feat. 赤い靴、織田祐介)

7. 忘れられたコイン

8. Make it Last

9. セルフノート

 

All instruments performed and engineered by THE CHARM PARK @ Studio Homer except:

 

JUNK FUJIYAMA (M-3) Vocals

Jumpei Kamiya(M-3, 4, 6,)Drums

Kazuhiro Sunaga (M-3,) Bass

Naomu Soeda (M-3,) Saxophones

Aya Ito (M-4) Violins

Akiko Higashikawa(M-6)Vocals, Piano, Harpsichord, Bass

Yusuke Orita(M-6)Flugel Horns, Trombones

ame (M-2) additional Synthesizers

 

Recorded at everyone’s home studio

Strings Recording Engineer: Satoshi Setsune (M-4)

 

Mastering Engineer: Cheon “big boom” Hoon @ SONIC KOREA

Assistant Mastering Engineer: Shin Sumin

 

Illustration: Mayumi Terada

Design: Kazumi Wakai (tri)

 

 

THE CHARM PARK本人による楽曲解説

 

1. Make it Better

アルバム製作中最後にできた曲で、約6年前の初フルアルバム「THE CHARM PARK」と今回の「THE CHARM

PARK II」を繋いでくれる曲になっております。自分を振り返って変わったことや変わらなかったことを教えてくれ

る曲になった気がします。

 

2. フシギ

2023年公開 短編映画『ストレンジ』エンディングテーマ曲

https://www.strange-sfilm.com/

 

世界に不思議なことが沢山あること、歳を重ね人生を生きることで精一杯で時々それを忘れてしまいます。これから

どんな人生を過ごしてもこの世界のワンダーを大切にしながら生きようと改めて思わせた曲です。

 

3. Lovers in Tokyo (feat. ジャンクフジヤマ)

東京観光財団Promotion Video: NOTHING LIKE TOKYO Culture編

https://www.youtube.com/watch?v=TNomzoYXWMc

 

10年以上東京に暮らして、東京の観光告知の曲を担当する機会が来るなんて思ってもなかったです。ロサンゼルス

から不安と夢を抱えて、上京して感じた最初のワクワクから今のありがたい気持ちが沢山入ってる曲です。

 

4. Slow Down

第一三共ヘルスケア ルル「家族をつなぐ くすり箱プロジェクト」Web CM曲

https://youtu.be/6kISN3ZJ2BA?si=5Tjl2kkTPTeUZrrw

 

幼い頃より一秒が速く感じるのは僕だけじゃないはずで、これからもどんどん速く感じる気がします。大切な人た

ちを想いながら、時の流れが少しだけゆっくり過ぎることを願う曲です。

 

5. Be Okay

明治 R-1 (2021 年受験企画!『悩める受験生の親の会』) CM ソング

https://youtu.be/vBSujUq5Yvw?si=yc31axSvoTKHhGHa

 

パンデミックはだいぶ落ち着いてきましたが、この曲を書いた当時はまだまだ出口が見えてなく、中々会えない家

族や自分に大切な人々を思い浮かべながら書いた覚えがあります。今回のアルバムから初めて世の中に公開された

この曲、とても相応しいと思っております。

 

6. Nothing #1 (feat. 赤い靴、織田祐介)

P&G Bold ラジオ CM ソング

 

急いで進まなくちゃいけないこの社会でも、

一息するのはとても人間らしいし自然だと

思い始めた頃書いた曲です。何もしないことでその後何がしたいか気づくこともあるので。

素晴らしいミュージシャン達と一緒に作り上げたゆったりなナンバーです。、

 

7. 忘れられたコイン

J-WAVE『BITS&BOBS TOKYO』テーマソング

 

初めて他の方の歌詞から書いたこの曲のきっかけで、「詞先」の魅力にハマってしまいました。

まだまだ勉強しなくちゃいけないしやるべきことも多いも改めて思わせてくれた曲です。

 

8. Make it Last

テイジン「父と息子」篇 / 「祖父と孫」篇 CM音楽

https://youtu.be/AkOqK9mOuPE?si=hrrIirhQuiYiFM5O

https://youtu.be/HQ8KZ_u-7Kc?si=CT3KJ1S-ZOm8w8z8

 

昔から感じた音楽の素晴らしいところですが、

歌詞の言語を分からなくても、そもそも歌がない時も何かを感じさせる音楽そのものは、まるで魔法のようです。いわゆる「ポップチューン」から離れたこの楽曲から皆さんが何を感じるか、どんな景色が浮かぶのかがとても楽しみです。

 

9. セルフノート

2023年公開 映画『オレンジ・ランプ』主題歌

 

生きながら守りたいこと、覚えておきたいことを忘れる前に書いてみて曲にした「セルフノート」。歌詞の一つも守られてないですが、これからでも少しずつ参考にできることを願います。36歳に作ったこのアルバムの最後にとても相応しい曲かと思っております。

 

THE CHARM PARK プロフィール

 

シンガーソングライター、Charmによるソロユニット。

8歳から24歳までアメリカで過ごし、歌、ソングライティング、演奏をほぼ 1 人で行い作り上げる叙情的で美しい音世界とオーガニックかつダイナミックな楽曲スケール、緻密なメロディセンスとアレンジ力に全世界の音楽人が注目する新世代ポップス職人。ASIAN KUNG-FU GENERATION、V6、三代目 J SOUL BROTHERS ボーカリスト登坂広臣などに楽曲提供や Monky Majik のコラボアルバム「COLLABORATED」に「Funny Faces」で参加、さらにCMやタイアップなどクリエイターとしても注目を集めている。2020年4月から放送のTVアニメ「フルーツバスケット」2nd season エンディング主題歌「ad meliora」が配信。

 

2015 年、 1st ミニアルバム『A LETTER』から本格的な活動をスタート。 新人にもかかわらずタワレコメンに抜擢され、早耳リスナーの注目を集めた。

『A LETTER』リリース以降、各方面から作曲や歌唱、演奏の依頼が後を絶たず、大橋トリオ、南波志帆など現在参加中のプロジェクト多数。

 

2016年、12月には2nd mini album『A REPLY』リリース。

Apple Music が今最も注目すべき新人アーティストをピックアップする企画「今週の NEW ARTIST」や、収録曲「そら」が TOKYO FM「クロノス」レコメンドソングに抜擢。

 

 2017年 、5月には新曲「Dreamers」が起用された SEIKO の新企業CM「ただの数字じゃない。Dreamers 篇」が公開。

同年7月からスタートした東名阪ワンマンツアーはチケット発売からわずか 2 日で SOLD OUT を達成。

7月リリースの配信シングル「Starry」は日本テレビ系「PON!」8 月エンディングテーマソングに抜擢。8月にオンエアされたテレビ朝日系列「関ジャム 完全燃 SHOW」で「音楽業界のクセ者が選ぶ、次来るアーティスト」として大々的に紹介され一躍注目を集める。 11月には自身初となるfull album『THE CHARM PARK』をリリース。

 

2018年、フジテレビ「ストリートワイズ・イン・ワンダーランド―事件の方が放っておかない探偵―」の主題歌「ワンダーランド」を3月に配信リリース。 6月には、日本郵便 かもめ~る Web動画”ラストセーラー”篇 主題歌をリアレンジした新曲「カルペ・ディエム」や、竹内涼真が出演のメナード 薬用ビューネ2017/ 2018 TVCMソング「フォー・ユー」と話題のタイアップソングを収録したシングル「カルぺ・ディエム / フォー・ユー ep」、そして7月にSEIBU SOGO「2018年全国一斉母の日テスト」WEB動画楽曲で使用された新曲「Mothers」を収録した「Mothers ep」を2カ月連続配信リリース。

12月にはメジャー1st full album『Timeless Imperfections』を二枚組でリリース。リード曲「Imperfection」はラジオオンエア総合チャート2週連続1位・12月度1位を獲得。

 

2019年、1月から初の5大都市全国ツアー「THE CHARM PARK Timeless Imperfections Tour 2019」を開催。

4月にはテレビアニメ「ブラッククローバー」第7クールエンディングテーマとなる「花が咲く道」、5月にはSEIBU SOGO「母の日テスト 2019」WEB動画楽曲「Stars Colliding」を配信リリース。7月には3rd mini album『Standing Tall』をリリース。同月、Billboard Liveにてワンマンライブを東京・大阪にて開催。同年11月には自身の活動を始めた2014年11月に自主制作し現在入手困難となった限定アルバム『Reverse & Rebirth』をリリース。12月には東京、大阪にて『THE CHARM PARK Reverse & Rebirth in OSAKA / TOKYO』を開催しSOLD OUT。

 

2020年、初の7大都市全国ツアー『THE CHARM PARK TOUR 2020』を開催。ファイナルの恵比寿LIQUID ROOMは満員御礼。翌日にはツアーで演奏してきた新曲、「Renaissance is Over」を配信リリース。4月から放送のTVアニメ「フルーツバスケット」2nd season エンディング主題歌「ad meliora」が配信。

 

Official Twitter: https://twitter.com/thecharmpark

Official Instagram: https://instagram.com/thecharmpark/

Official Facebook:https://www.facebook.com/THE-CHARM-PARK-151336072399156/

 ーー

The Orchard Japanは、音楽配信とアーティスト&レーベルサービスにおけるテクノロジーを駆使したディストリビューター。

ニューヨークに本社を置き、世界45以上の市場でアーティストがグローバルに活躍し、最大限のパワーを発揮するための多角的サポートをしている。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
音楽芸能
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

Orchard Enterprises NY, Inc

38フォロワー

RSS
URL
-
業種
商業(卸売業、小売業)
本社所在地
東京都千代田区六番町4-5
電話番号
03-3515-5811
代表者名
鈴木竜馬
上場
未上場
資本金
-
設立
1919年04月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード