Amazon、カー用品ストアに新機能 車種などを登録し適合するパーツを検索できる「Auto Parts Finder」を提供開始

総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)では、この度、車のメーカーや車種、年式を登録することで、タイヤやシート、オイル、バッテリー、ワイパーなど、その車に合ったパーツに絞り込んで検索できる機能「Auto Parts Finder」の提供を開始いたしました。Amazonの「カー用品ストア」は、2009年に開始して以来、タイヤ・ホイールなどを中心とした年式や車種の異なる国内外の車に対応したパーツ、アクセサリ、メンテナンス用品などを取り揃え、現在1000万点以上の商品を扱っております。
本機能により、Amazonの専用ページに車の情報を登録することで、その車に適合するパーツに絞り込んで検索できるほか、商品詳細ページでも適合性の確認ができるようになります。さらに、専用ページでは複数の車の情報を同時に登録でき、登録した車に適合する様々なパーツをまとめて検索することが可能です。また、Auto Parts Finderで検索できるほとんどのパーツは、日本全国14,000店以上の整備工場などでの取付サービスもAmazonでお申し込みいただけます。これにより、お客様は豊富な品揃えの中から、自分の車に適合するパーツをより簡単に確実に見つけ、お買い求めいただけることに加え、お近くの店舗での取付サービスも併せてAmazonでお申し込みいただけます。

また、Amazonの「カー用品ストア」においては、今回開始したAuto Parts Finderやパーツ・カーナビ・カーエレクトロニクスなど対象となる商品の取付サービスに加え、2014年には中古車の出品、2015年にはカーリースの出品の取り扱いを開始し、2017年には車検サービスのチケットの出品を開始するなど、お客様がより便利にご利用いただくためのサービスを提供しています。

Amazonでは、引き続き、カー用品の品揃えのさらなる拡充とお客様の利便性の向上に努め、『車にまつわるすべて』をご提供できるよう努めてまいります。

 

【「Auto Parts Finder」の特徴】
  • 車の情報を専用ページに登録することで、適合パーツの絞り込み検索や商品詳細ページ上での適合性確認が可能。
  • 複数の車の情報を同時に登録できるうえ、登録した車に適合する様々なカーパーツがまとめて検索可能。

 

【「Auto Parts Finder」のご利用手順】
1. 専用の登録ページ(http://www.amazon.co.jp/adp-auto/garage)にアクセスする
    ※初回登録時のみ
2. 車のメーカーや車種、年式を登録する ※初回登録時のみ
3. 検索画面左のカテゴリー選択にて「カー・バイク用品」 が選択されていることを確認する
4. 検索画面から探したい商品を検索する
5. 検索結果ページで「この車で絞り込む」をクリックする

 


<Amazonについて>
Amazonは4つの理念を指針としています。競合他社ではなくお客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アマゾンジャパン合同会社 >
  3. Amazon、カー用品ストアに新機能 車種などを登録し適合するパーツを検索できる「Auto Parts Finder」を提供開始