兵庫展限定2作品追加、21日から 兵庫県立美術館「ゴッホ展」3月29日まで開催中

産経新聞社などが主催する「ゴッホ展」( https://go-go-gogh.jp/ )が、兵庫県立美術館(神戸市中央区)で3月29日(日)まで開催中です。2月21日(金)からは、兵庫展のみ公開のファン・ゴッホ作品2点が追加展示されます。

 

フィンセント・ファン・ゴッホ≪ブリュット=ファンの風車≫ 1886年 油彩・カンヴァス デ・フンダーツィー美術館、ズウォレ (c)Museum de Fundatie, Zwolle and HeinoWijhe, The Netherlandsフィンセント・ファン・ゴッホ≪ブリュット=ファンの風車≫ 1886年 油彩・カンヴァス デ・フンダーツィー美術館、ズウォレ (c)Museum de Fundatie, Zwolle and HeinoWijhe, The Netherlands

追加される作品は、2010年にファン・ゴッホの真作と判明した「ブリュット=ファンの風車」=写真上=と「ポピー畑」=同下=の2点で、いずれも兵庫展のみの公開となります。

「ブリュット=ファンの風車」は33歳で弟・テオを頼ってパリに出た1886年の作品です。「ポピー畑」は最期の地・オーヴェール=シュル=オワーズで1890年6月に描いた作品で、ファン・ゴッホはこの1カ月後にピストル自殺を図ります。この2作品を比べるだけでも、ファン・ゴッホがわずかな期間に作風を変化させたことが分かります。
 

フィンセント・ファン・ゴッホ ≪ポピー畑≫ 1890年6月 油彩・カンヴァス 73×91.5cm ハーグ美術館 (c)Kunstmuseum Den Haagフィンセント・ファン・ゴッホ ≪ポピー畑≫ 1890年6月 油彩・カンヴァス 73×91.5cm ハーグ美術館 (c)Kunstmuseum Den Haag

本展覧会は27歳で画家を目指したファン・ゴッホが、初期に基本を学んだオランダのハーグ派と、パリで出会った印象派の2つの出会いを中心に、いかにして独自の表現を獲得していったのかをたどります。初期から晩年までファン・ゴッホ作品約50点と彼に影響を与えたマウフェ、モネ、ルノワールなどの約30点を展示。弟・テオらとの手紙のやり取りを通じてファン・ゴッホが何に影響を受け、何を目指して創作を続けてきたかを探ります。

「ゴッホ展」概要
【会場】兵庫県立美術館(神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 HAT神戸内)
【会期】2020年3月29日(日)まで ※月曜休館(但し2月24日(月・休)は開館、翌25日休館)
【開館時間】10時~18時(金・土曜日は20時まで) ※入館は閉館の30分前まで

【入場料(税込)】一般1700円(1500円) 大学生1300円(1100円) ※高校生以下無料。カッコ内は20名以上の団体料金
※70歳以上は850円(750円)、障がいのある方は一般400円(350円)、大学生300円(250円)。カッコ内はそれぞれ20名以上の団体券。会期中、館内券売所でのみ販売。
※一般以外の料金は要証明

【主催】兵庫県立美術館、産経新聞社、読売テレビ
【お問い合わせ】兵庫県立美術館(電話078-262-0901)
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 産経新聞社 >
  3. 兵庫展限定2作品追加、21日から 兵庫県立美術館「ゴッホ展」3月29日まで開催中