メダリストを多数輩出している<東海大学男子柔道部>強さの秘訣とは?上水監督が提唱する「勝利のメソッド」と「練習方法」を大公開!

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2019年8月2日(金)に、『東海大流 柔道勝利のメソッド』を刊行いたします。

東海大学男子柔道部は、現在、現役学生を含め多数の強化指定選手を輩出しています。

中でもA強化、B強化に指定されている選手数は圧倒的で、もちろん人数だけでなく、元・現役を含めた多くの世界チャンピオンをも輩出する、日本を代表するトップチームとなりました。

その中心にいるのが東海大学男子柔道部監督の上水健一朗氏
輝かしい指導実績に加え、自らが提唱する6区画理論では複数の著書もあり、その手腕には定評があります。

本書では、上水氏の考える柔道とその指導法、試合に勝つための具体的な練習方法などを紹介しながら、強い選手を作り上げるために必要な考え方や技術の磨き方などを解説していきます。

ただし、よくある『投げ方・技』の解説はありません。
優位に進めるための組手争いと、試合でのさまざまな状況に応じた技をかけるまでの試合運びや、負けない柔道の作り方に言及しています。

また、巻頭では上水氏が指導し、リオデジャネイロオリンピックの女子70kg級で金メダリストに輝いた田知本遥氏が、上水氏の指導と他との相違点優れた点実体験を交えながら語る、上水氏との対談を掲載。


【目次】
1章/6区画理論の基礎知識と自己分析
2章/シチュエーションへの準備
3章/シチュエーションメソッド ~組手争いの場面を切り取る~
4章/シチュエーションメソッド ~立技からもつれた場面を切り取る~
5章/シチュエーションメソッド ~試合場所・展開別の場面を切り取る~

【著者プロフィール】
上水 研一朗(あげみず・けんいちろう)
東海大学男子柔道部監督、東海大学体育学部武道学科教授。1974年6月生まれ、熊本県出身。八代第三中学、東海大相模高校を経て東海大学に進学し、卒業後は同大大学院に進み、綜合警備保障株式会社に所属。現役時代は重量級選手として活躍した。現役引退後は、米国アイダホ州立大学へ留学、帰国後の2008年1月より、母校の男子柔道部監督に就任。就任1年目から2014年にかけて、同柔道部を全日本学生柔道優勝大会7連覇に導く。その他、中矢力、ベイカー茉秋、高藤直寿、羽賀龍之介、王子谷剛志、ウルフ・アロン、橋本壮市など、男女のオリンピアン、メダリストや世界王者、全日本選手権覇者を多数育て、卓越した指導力を発揮している。

【書籍概要】
書 名:東海大流 柔道勝利のメソッド
著 者:上水 研一朗
仕 様:A5判、192ページ
定 価:本体1,800円+税
配本日:2019年8月2日(金)
ISBN:978-4-416-51941-7

【書籍のご購入はこちら】
紀伊國屋書店:https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784416519417
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/15947527/?l-id=search-c-item-text-01
ヨドバシ.com:https://www.yodobashi.com/product/100000009003154307/
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4416519419
honto:https://honto.jp/netstore/pd-book_29719520.html
オムニ7:https://7net.omni7.jp/detail/1107007492

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社誠文堂新光社 >
  3. メダリストを多数輩出している<東海大学男子柔道部>強さの秘訣とは?上水監督が提唱する「勝利のメソッド」と「練習方法」を大公開!