勤め先に外国人社員・スタッフがいる、約4割外国人と働く機会が5年前より増えた、6割以上 [外国人社員・スタッフと働く実態調査]

 株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)は、外国人社員・スタッフと働く現状についてアンケート調査を実施しました。詳細は以下の通り。
■調査ポイント■
①勤め先に外国人社員・スタッフがいるのは約4割、取引先は約3割
②外国人と働く機会が5年前より増えた人は6割以上、今後増える約7割※
③お店選びで困るのは、宗教上、趣向上食べられない食材への配慮
④外国語版の飲食店情報サイトで必要なのは、英語・中国語・韓国語

※外国人と仕事で関わる機会のある人対象

厚生労働省が発表した「外国人雇用状況」届け状況のまとめによると、2017年10月時点で、日本で働く外国人労働者は約128万人と、届出義務化以来、過去最高を更新しました。また、前年同期比194,901人、18.0%の増加と伸び率も著しく外国人社員・スタッフと共に働く機会が増えています。

こうした背景をうけ、ぐるなびでは、外国人社員・スタッフと働く現状および、外国人社員・スタッフとの外食機会についてパート・アルバイトを含む就業者を対象にアンケート調査を実施。勤め先に外国人社員・スタッフがいる人は全体の37.2%と4割近くに上り、取引している会社の担当者に外国人社員・スタッフがいる人は34.4%と3割を超えました。また、勤め先または取引先にいる外国人社員・スタッフと仕事で関わる機会がある人は全体の66.5%と多くの人が外国人と仕事で関わる機会があるという現状が明らかになりました。

「勤め先または取引先にいる外国人社員・スタッフと仕事で関わる機会がある人」を対象に、外国人社員・スタッフと社内会食(歓迎会や忘年会など)や接待を飲食店で開催したことがあるか尋ねたところ、約6割が「ある」と回答、そのうち約3割がお店選びで困った経験があることがわかりました。

ぐるなびでは、英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国語(ハングル)の4言語で料理名、調理方法、食材、調味料など詳細情報を提供する「ぐるなび外国語版」を展開しており、外国人の方々だけでなく、外国人社員・スタッフと働く人達のお役にたてるよう普及に努めてまいります。

①勤め先に外国人社員・スタッフがいるのは約4割、取引先は約3割

勤め先に外国人社員・スタッフがいる人は全体の37.2%と4割近く。取引している会社の担当者に外国人社員・スタッフがいる人は34.4%と3割を超えました。また、勤め先または取引先にいる外国人社員・スタッフと仕事で関わる機会がある人は66.5%と多くの人が外国人と仕事で関わる機会があるという現状が明らかになりました。

②外国人と働く機会が5年前より増えた人は6割以上、今後増えるは約7割※
※外国人と仕事で関わる機会のある人対象


「勤め先または取引先にいる外国人社員・スタッフと仕事で関わる機会がある人」を対象に、5年前と比べて仕事で外国人と関わる機会が増えたかどうか尋ねたところ、「増えた」「やや増えた」と回答した人の合計が63.3%と6割を上回りました。また、同様に今後関わる機会が増えるかどうかを尋ねると68.2%が「増えると思う」と回答し、「変わらないと思う」30.8%、「減ると思う」が0.9%でした。

③お店選びで困るのは、宗教上、趣向上食べられない食材への配慮

 

【自由回答】
・イスラム教の人とヒンズー教の人が同時に参加する会食で、豚も牛もNGなので、お店選びに苦労した。(30代女性・栃木・会社員)
・海外から赴任してきた同僚を交えた職場の飲み会で、ベジタリアンだったためにコース料理で食べられないものがあり、お店にお願いして違うメニューにしてもらった。(50代男性・広島・会社員)
・ビジネスで来日したお客様を接待した際、ご希望もあって和食会席にご案内。料理の名前や調理法の説明に苦労した。(50代女性・神奈川・会社員)

「勤め先または取引先にいる外国人社員・スタッフとお仕事で関わる機会がある人」を対象に、外国人社員・スタッフと社内会食(歓迎会や忘年会など)や接待を飲食店で開催したことがあるかを尋ねたところ、56%が「ある」と回答、そのうち32.5%がお店選びで困ったことがあるとわかりました。困った理由で最も多かったのが「宗教上または趣向によって食べられない食材があり、お店探しが大変」、次いで「お店に外国語メニューがあるかわからない」が続きました。一方、外食が良い結果につながったエピソードとしては「初めて日本に出張に来た米国人の歓迎会で、日本食を提供することで、日本文化の一端を知ってもらえた。」(60代男性・愛知・会社員)「片言の英語と片言の日本語とを使いながら、互いに、慣れない言葉でありながら、国籍を超えても、食の好みに、通じるものがあることを認識した」(60代男性・東京・自由業)などの回答がありました。

④外国語版の飲食店情報サイトで必要なのは、英語・中国語・韓国語

 

対象者の英語レベルでは、日常会話以上の英語力がある人の割合が37.7%と約4割に対し、外国人に対して外国語で料理内容を説明できる人の割合は19.9%と約2割であることがわかりました。「外国語」には英語以外の言語も含まれますが、料理内容の説明は日常会話以上に難しいということが考えられます。外国語版の飲食店情報サイトで求められている言語は、英語が圧倒的に多く、次いで中国語(繁体字・簡体字)、韓国語(ハングル)が続きました。

ぐるなびでは、英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国語(ハングル)に対応しているだけでなく、外国人に人気の全国23のスポットと20の料理ジャンルの中から、ぐるなびがおすすめする飲食店の情報をシンプルに探し出すことが可能なレコメンド機能も備え、初訪日の外国人でも、リピーターや長期滞在の外国人でも、迷わず飲食店を探し出せる利便性の高い「ぐるなび外国語版」サイトを運営しています。
 

 

【調査概要】
■調査日:2018年3月6日(火)~3月8日(木)
■調査対象者:ぐるなび会員の20~69歳の就業者(パート・アルバイト含む)
■サンプル数:3149件
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ぐるなび >
  3. 勤め先に外国人社員・スタッフがいる、約4割外国人と働く機会が5年前より増えた、6割以上 [外国人社員・スタッフと働く実態調査]