グローバルロボット工学技術市場-タイプ別(産業用ロボット、サービスロボット、移動ロボットなど)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、アプリケーション別ー予測2020-2027年

Kenneth Researchは調査レポート「グローバルロボット工学技術市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2021年01月 20日 に発刊しました。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10346735

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

ロボット工学技術は、人間に取って代わり、人間の労働をシミュレートできる機械を開発するために、さまざまな企業で使用されています。ロボット工学技術の多くの利点には、作業中の安全性、作業速度の向上、企業の効率の向上などがあります。さらに、ロボットはタスクをより迅速に実行できるため、多くの業界が生産性と利益率を向上させるためにロボット技術を実装しています。

世界のロボティクステクノロジー市場は2019年に約630億米ドルと評価され、2020ー2027年の予測期間中に15.8%以上の成長率で成長すると予想されています。

さらに、企業における自動化と安全性の必要性の高まりと、手頃な価格でエネルギー効率の高いロボットの可用性が、業界の成長を後押ししています。さらに、人件費とエネルギーコストの増加、およびさまざまな垂直産業でのロボット技術の使用の増加が、産業の成長を後押ししています。しかし、ロボットの初期費用が高く、中小企業の知識が不足しているため、業界の成長が妨げられています。産業用ロボットの最も重要な応用分野である自動車産業は、世界中で産業用ロボットへの投資を大幅に増やしています。

2020年4月、BMW AGはKUKAと、世界中の新しい生産ラインと工場に約5,000台のロボットを供給する契約を締結しました。KUKAによると、産業用ロボットはBMWグループの海外製造拠点で世界中で使用され、現在および将来の車両モデルを生産すると予測されます。さまざまなロボットモデルは、主にボディインホワイトの生産やその他の技術に使用されることを目的としています。

産業用オートメーションおよび機器セクターの成長は、他の自動化された機械の中でも、コンピューター、ロボット工学、オートメーションなどのさまざまな機器および制御システムの実装によって達成されます。これらの自動化された機械は、困難な労働条件でのセキュリティレベルを上げるだけでなく、最終製品の品質を向上させるとともに、人手では達成できない生産性全体を最適化します。IFR(国際ロボット連盟)によると、世界中のロボット設備(周辺機器とソフトウェアを除く)は、2018年に6%増加して422,271台になりました。自動車および電気・電子機器部門が主要な顧客であり、世界で最もロボットが設置されている国として中国、日本、米国、韓国、ドイツがあり、165億米ドルと評価されました。オートメーションの技術とソリューションに関連する技術の進歩とさまざまな業界からの関心と需要の高まりを背景に、グローバルロボット工学技術市場は今後数年間で大幅な成長が見込まれると推定されています。

 グローバルロボット工学技術市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域によって分割されています。

アジア太平洋地域、さまざまな分野で産業用ロボットの増加している採用により、最大の市場シェアを占めると予測

アジア太平洋地域では産業用ロボットが大幅に採用されているため、予測期間で最も高い成長率を示すと予測されています。中国は、国内の主要な電子機器および自動車製造部門での急速な展開の結果として、ロボット工学の採用の地域的なペースを支配しています。これらのセクターは、インドなど、この地域の他の経済圏で急速成長により、ビジネスの成長には大きな可能性があります。

グローバルロボット工学技術市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
 市場セグメンテーション洞察
グローバルロボット工学技術市場は、タイプ別(産業用ロボット、サービスロボット、移動ロボットなど)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、アプリケーション別(ヘルスケア、防衛およびセキュリティ、航空宇宙、自動車、国内および電子機器) )、および地域別などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

 レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「グローバルロボット工学技術市場」というタイトルのレポートは、グローバルロボット工学技術市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のグローバルロボット工学技術市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。

グローバルロボット工学技術市場における業界のリーダー
ABB Ltd
Yaskawa Electric Corporation
Denso Corporation
Fanuc Corporation
Kuka AG
Kawasaki Heavy Industries Ltd
Toshiba Corporation
Panasonic Corporation
Staubli International AG
Nachi Robotic Systems Inc.
Yamaha Motor Co. Ltd
Seiko Epson Corporation
Comau SpA
Adept Technologies Inc.
Intuitive Surgical Inc.
Stryker Corporation
Maxar Technologies Ltd (Mda Corporation)このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/robotics-technology-market/10346735

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. グローバルロボット工学技術市場-タイプ別(産業用ロボット、サービスロボット、移動ロボットなど)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、アプリケーション別ー予測2020-2027年