サムヤンオプティクス新製品|わずかな光源でもあらゆるディテールが表現できる大口径レンズ「XP35mm F1.2」発売。

3月22日発売、CP+で先行展示

株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都中野区 代表取締役社長 山中 徹)は、韓国・サムヤンオプティクス社の新しい交換レンズ「XP 35mm F1.2」の販売を2019年3月22日より開始いたします。価格はオープンですが、参考税別価格は118,000円前後です。


XP 35mm F1.2は、5,000万画素以上の最新デジタル一眼レフカメラでの写真や8K以上の動画撮影に対応する、
SAMYANGのプレミアムマニュアルフォーカスレンズです。焦点距離35mmのスタンダードな画角と開放F1.2の明るい絞りで設計し、最高の解像力と豊富な表現力を実現しました。


仕様
焦点距離: 35mm
明るさ: F1.2-F16
レンズ構成: 10群12枚
画角: 64.5°(対角・35mm判フルサイズ)
大きさ: 117.4×φ93mm
重さ: 1,106g
フィルター径: 86mm
最短撮影距離: 0.34m
最大撮影倍率: 0.17倍
絞り羽根:9枚
JANコード: キヤノンEF:8809298885786

先行展示のご案内
本商品は、2月28日から3月3日まで開催されるCP+ケンコー・トキナーブースにて先行展示します。
展示につきましてはCP+2019ケンコー・トキナー特設ページをご覧ください。
 

https://www.kenko-tokina.co.jp/cp+2019/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ケンコー・トキナー >
  3. サムヤンオプティクス新製品|わずかな光源でもあらゆるディテールが表現できる大口径レンズ「XP35mm F1.2」発売。