学研教育みらいとMoffが園向けICT教育ソリューションの分野で業務提携と提携第1弾を発表

株式会社学研ホールディングス(東京・品川 代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研教育みらい(東京・品川 代表取締役社長:宮原 雄一)と国内IoTスタートアップの株式会社Moff(東京・千代田 代表取締役 高萩 昭範)は、園(保育園・幼稚園)向けICT教育ソリューションの開発および販売について業務提携を発表いたします。

 


提携第1弾として、Moff社のウェアラブル製品Moff Bandを使用し、園児たちの想像力を掻き立てるような豊かな演出を実現する「おとしばい」(販売価格 27,000円税別)の幼稚園、保育園、こども園向けの販売を開始します。

 

 


<提携の詳細>
小学校においては、2020年までに「児童生徒一人 一台の情報端末による教育の本格展開の検討・推進」が計画され、保育の現場でもICT教育の流れが起きつつあります。また、保育の現場にあっては、「健康」「人間関係」「環境」「言語」「表現」の5領域に加え、子供達の活動にとって自然な形でのICT教育が求められています。

学研教育みらいがこれまで培ってきた園向け教材の開発ノウハウ及び販売力と、Moffが持つウェアラブル製品、3Dモーション認識・解析技術、アプリケーション開発力を組み合わせ、保育に合った形でのICT教育ソリューションについて業務提携いたします。

 <「おとしばい」の詳細>
学研教育みらいとMoffの業務提携 第1弾

子供達の興味を惹きつけ、想像力をさらに掻き立て、保育者の読み聞かせをサポートするICT教育時代の「紙芝居」を再発明いたします。

 

 

 


Moff Bandを手首につけて、読み手が紙芝居のストーリーに合わせて登場人物の真似や仕草をすると、その動きに合わせて高品質のBGMや効果音が流れ出し、まるで映画のような臨場感を演出します。Moff Band、専用紙芝居、スマートデバイスのアプリがセットされ、「シンデレラ」「あかずきん」「ブレーメンの音楽隊」の3話セットです。今後、アプリを通じてお話の追加もあります。下記にて商品の詳細がご覧になれます。
「保育CAN」 http://www.hoikucan.jp/otosibai/

 <業務提携の今後の展開>
「おとしばい」のシリーズ化をはじめ、多感覚学習をベースとした知育商品や、運動能力の発達補助を目的としたサービスの研究・開発などの可能性も今後検討してまいります。

<株式会社 学研教育みらい 会社概要>
教育関連を中心とした総合出版事業を行っている学研ホールディングスの100%子会社。
主な事業としては、園、学校向け出版物・教材類の製作及び販売・卸事業、教室事業、模試事業等を行っている。
代表者:代表取締役社長 宮原 雄一
ホームページ http://gakken-kyoikumirai.co.jp/

<株式会社Moff 会社概要>
「人間とコンピューターとの関係をもっと自然なものに」をミッションとするIoT(「Internet of Things」)ベンチャー企業。
自社開発のセンサーデバイス「Moff Band」、動作・姿勢をはじめとする独自の3Dモーション認識技術、データ解析技術を組み合わせて、遊び・教育・フィットネス・リハビリといった人間の現実の活動をゲーム体験に転化するアクティブ・ゲーミフィケーション・プラットフォームを企画・開発している。
代表者:代表取締役 高萩 昭範
ホームページ  http://jp.moff.mobi/corporate.html
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. 学研教育みらいとMoffが園向けICT教育ソリューションの分野で業務提携と提携第1弾を発表